フレデリック・トゥルビー・デイヴィソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレデリック・トゥルビー・デイヴィソン

フレデリック・トゥルビー・デイヴィソン(Frederick Trubee Davison, 1896年2月7日 - 1974年11月14日)は、アメリカ合衆国政治家アメリカ中央情報局で人事部長を務めた。

生涯[編集]

1896年2月7日、デイヴィソンはニューヨーク州ニューヨークにおいて[1]、銀行家ヘンリー・ポメロイ・デイヴィソンの息子として誕生した。デイヴィソンはマサチューセッツ州グロトン・スクールで教育を受けた。デイヴィソンはイェール大学に進学し、1918年に学士号を、1921年に修士号を取得した[2]。デイヴィソンは秘密結社スカル・アンド・ボーンズに所属した[3][4][5]。デイヴィソンは海軍の航空活動に魅了され、イェール大学の学生仲間と航空部隊ファースト・イェール・ユニットを組織した。部隊は合衆国海軍の航空部隊に組み入れられ、海外派兵活動に参加した。この部隊は、歴史上最初の海軍航空予備隊であると考えられている[5]

デイヴィソンは訓練中の事故により、重傷を負った。そのため、デイヴィソンが実戦に参加することはなかった。だがデイヴィソンは部隊において積極的に活動に参加した。デイヴィソンは週刊誌タイムにおいて1925年8月24日号の表紙となった[6]

陸軍次官補への就任宣誓を行うデイヴィソン(右から3人目)

デイヴィソンは1922年に弁護士として認可を受けた。デイヴィソンは共和党に所属した[1]。デイヴィソンはニューヨーク州においてナッソー郡第2選挙区から州下院議員に選出された。デイヴィソンは1922年から1926年まで州下院議員を務めた[1]1932年、デイヴィソンはニューヨーク副知事に立候補したが、落選した[1]。デイヴィソンは1926年から1933年まで航空担当の陸軍次官補を務めた[2]。デイヴィソンは1933年から1951年まで国立アメリカ歴史博物館で館長を務めた[2]1940年、デイヴィソンは共和党全国大会にニューヨーク州の代表代理として出席した[1]。デイヴィソンは1951年から1952年までアメリカ中央情報局で人事部長を務めた[2]

デイヴィソンは1974年11月14日夜に、ニューヨーク州ロングアイランドローカストヴァレーにある自宅で死去した[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e The Political Graveyard
  2. ^ a b c d Mamuscript Group 601, compiled by William E. Brown, Jr., Guide to the F. Trubee Davison Papers, Manuscripts and Archives, Yale University Library, New Haven, Connecticut, May 1982.
  3. ^ Alexandra Robbins, Secrets of the Tomb: Skull and Bones, the Ivy League, and the Hidden Paths of Power, Little, Brown and Company, 2002, page 108, 187.
  4. ^ Kathrin Day Lassila and Mark Alden Branch, "Whose Skull and Bones?", Yale Alumni Magazine, May/June 2006
  5. ^ a b Marc Wortman, The Millionaires' Unit: The Aristocratic Flyboys who Fought the Great War and Invented America's Airpower. New York : Public Affairs, 2006. ISBN 1586483285
  6. ^ TIME Magazine Cover: F, Trubee Davison - Aug. 24, 1925
  7. ^ F. Trubee Davison Dies at 78; Led Natural History Museum; Aviation Pioneer Served as Assistant War Secretary, C.I.A. Personnel Director, The New York Times, November 16, 1974.