フレデリック・エングル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレデリック・K・エングル
Frederick K. Engle
生誕 1799年
ペンシルベニア州デラウェア郡
死没 1868年2月12日
フィラデルフィア
所属組織 United States Department of the Navy Seal.svgアメリカ海軍
軍歴 1814 - 1866
最終階級 海軍大佐代将)、退役時に少将
テンプレートを表示

フレデリック・エングル英語:Frederick K. Engle、1799年 – 1868年2月12日)は、ペンシルベニア州デラウェア郡出身のアメリカ海軍の士官。東インド艦隊の司令官を務めた。退役時に少将に昇進。

青年期[編集]

エングルは1814年11月30日に士官候補生として海軍に入り、1825年1月13日には大尉となった。米墨戦争中は、米海軍最初のスクリュー軍艦であるプリンストン(USS Princeton)を率いた。1855年には大佐に昇進し、蒸気フリゲート・ウォバッシュ(USS Wabash)の初代艦長を務めた。

南北戦争[編集]

エングルは代将)として東インド艦隊の司令官を務めていたが、南北戦争が勃発したとき、直ちに旗艦ハートフォード(USS Hartford)と共に米国に戻った。米国に戻った後は、フィラデルフィア海軍造船所長となった。その後、フィラデルフィア海軍病院長となった。1866年7月25日、退役名簿に名前が載せられたが、その際少将に昇進した。


軍職
先代:
コーネリアス・ストリブリング
アメリカ合衆国の旗 東インド艦隊司令官
第15代:1861 - 1862
次代:
シセロ・プライス