フレデリック・ウデア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレデリック・ウデア

フレデリック・ウデア (Frédéric Oudéa、1963年7月3日 - )はフランスの民間銀行ソシエテ・ジェネラルの最高経営責任者(CEO)である。

ウデアはエコール・ポリテクニークの優等生であった。ウデアはダニエル・ブトン元会長からCEOの座を引き継いだ。その時期、ソシエテ・ジェネラルは巨額詐欺事件の只中であった。さらに、ウデアの就任すぐのちに世界経済で不況が襲った。

ウデアはこの困難な時期に経営の腕を発揮し、業績は評価されている。またその経営手腕はグループ企業全体の業績で成果を上げている。

ウデアはダニエル・ブトン元会長が巨額損失事件の責任をとって辞任したのち、ソシエテ・ジェネラルの会長を兼任している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]