フレディ・リトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレディ・リトル
基本情報
本名 フレディ・リトル(Freddie Little)
階級 ジュニアミドル級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1936年4月25日(77歳)
出身地 ルイジアナ州ニューオーリンズ
スタイル 右ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 58
勝ち 51
KO勝ち 32
敗け 6
無効試合 1
テンプレートを表示

フレディ・リトルFreddie Little1936年4月25日 - )は、アメリカ合衆国出身の元プロボクサー。元WBAWBC世界ジュニアミドル級(スーパーウェルター級)チャンピオン。大卒で、ラスベガスの高校教師との二足の草鞋を履いていた異色ボクサー。

来歴[編集]

ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。ディラード大学を卒業した学士ボクサーで、大学時代は陸上、フットボール、野球と万能のスポーツマンだった。

1957年、プロデビュー。1967年金基洙の持つWBAWBC世界ジュニアミドル級王座に挑むが判定負け。1968年、金基洙からタイトルを奪ったサンドロ・マジンギに挑戦したが、無効試合となり再度のチャンスを逃した。翌1969年3月17日、マジンギの王座剥奪で空位となったWBA・WBCタイトルをスタンリー・ヘイワードと争い、判定勝ちで遂に王座に就いたが、過去に4年間のブランクがあり、チャンピオンになった時には既に32歳になっていた。

1969年9月9日に行われた初防衛戦で来日、大阪府立体育会館にて日本のエース南久雄中外ボクシングジム)を2回1分26秒、右ショート一発で沈めて豪快なKO勝ちで王座初防衛。翌1970年3月20日にゲルハルト・ピアスコウを退け2度目の防衛、そして同年7月9日、3度目の防衛戦で、一度はKO勝利しているカルメロ・ボッシに判定で敗れ、王座を去った。

戦績[編集]

58戦51勝(32KO)6敗1NC

関連項目[編集]

外部リンク[編集]