フレディ・ヘッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フレディ・ヘッドFreddie Head1947年6月19日 - )は、フランスシャンティー調教場を拠点とする調教師で、元騎手。父はオーナーブリーダーアレック・ヘッド、母のジスライン・ヘッド馬主、妹のクリスティアーヌ・ヘッドも調教師、祖父のウィリアム・ヘッドは元騎手である。姪(妹の娘)の夫のカルロス・ラフォン=パリアスも調教師である。フレディー・ヘッドフレッディ・ヘッドと表記されることもある。

来歴[編集]

1964年4月19日に騎手として初勝利を挙げる。以後フランスのリーディングジョッキーに6度も輝くなどフランスを代表する騎手となる。

1988年、12月に行われた第2回ワールドスーパージョッキーズシリーズに参加するために初来日を果たし、中央競馬初騎乗となった12月3日のゴールデンスパートロフィーでは3番人気のホワイトターキンに騎乗して8着だった。なおワールドスーパージョッキーズシリーズの順位は7位だった。

1989年、11月に行われたジャパンカップに出走するトップサンライズと共に2度目の来日を果たし、中央GI初騎乗となった同レースは10着という結果に終わっている。

1997年8月12日に騎手として最後の騎乗を迎え、ドーヴィル競馬場で行われたトゥルジェヴィル賞(準重賞)を、父の所有馬で、妹の管理馬であるマラトンに騎乗して優勝した。騎手成績は通算34年で2937勝(うちG1競走120勝)、中央競馬通算15戦0勝(2着1回)。

騎手引退後は調教師に転身した。

主な記録等[編集]

騎手として

主な騎乗馬[編集]

主な管理馬[編集]

エピソード[編集]

  • 1997年凱旋門賞に挑戦を表明したサクラローレル陣営から同馬への騎乗依頼を受けたが、当初回答を保留していた。しかし返事をする前に突然の騎手を引退することを発表し、陣営を困惑させた。その為同馬には武豊が騎乗した。

関連項目[編集]