フレゼリゲ・アメーリエ・ア・ダンマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴットルプ公爵夫人フレゼリゲ・アメーリエ
ディアナ女神に扮した、少女時代のフレゼリゲ・アメーリエ王女

フレゼリゲ・アメーリエ・ア・ダンマークFrederikke Amalie af Danmark, 1649年4月11日 ドゥボー城ドイツ語版フレンスボー - 1704年10月30日 キール城英語版)は、ドイツデンマーク系のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプクリスチャン・アルブレクトの妻。

生涯[編集]

デンマーク王フレゼリク3世とその妻でカレンベルク侯ゲオルクの娘であるゾフィー・アマーリエの間の第3子、次女として生まれた。1667年10月24日にグリュックスブルク城英語版において、又従兄にあたるゴットルプ公クリスチャン・アルブレクトと結婚した。

この結婚の4カ月前にあたる1667年6月19日に、同族のオルデンブルク伯アントン・ギュンターが継嗣の無いまま死去していた。彼の遺したオルデンブルク伯領英語版およびデルメンホルスト伯領ドイツ語版の相続権をめぐり、フレゼリゲ・アメーリエの父フレゼリク3世と、ゴットルプ公アルブレクトの間で係争が起きつつあったが、この結婚によって、両者は一時的に和解に至った[1]。2つの伯爵領は、デンマーク王家に帰属することが決まった。彼女とアルブレクトの結婚は、同じオルデンブルク家の一門でありながら、長く対立関係を続けていた本家・デンマーク王室と分家・ゴットルプ公爵家の間に平和をもたらすための政略結婚だった。

しかし、両家の間の対立関係はすぐに再燃した。フレゼリゲ・アメーリエは兄王クリスチャン5世と夫アルブレクトの間の板挟みとなり、苦しんだ。ゴットルプ公爵夫妻の夫婦仲も険悪になり、公爵夫人は夫君から暴力を受けるようになった。一方、フレゼリゲ・アマーリエは実家のデンマーク王家では大事にされ、愛情深い関係を保った。

ゴットルプ公爵家がデンマーク王家に対抗するためスウェーデンと提携していたこともあり[2]、フレゼリゲ・アメーリエは夫とともに妹のスウェーデン王妃ウルリカ・エレオノーラの許をしばしば訪れた。フレゼリゲ・アメーリエは厳格なストックホルム宮廷に陽気な祝宴やお祭り騒ぎを広め、これはスウェーデン人たちに好意的に受け止められた。

1694年に夫と死別した後は、2人の息子が強硬な反デンマーク政策を採ったために、フレゼリゲ・アメーリエの立場は再び困難なものとなった。1704年に彼女が世を去ると同時に、デンマーク王家とゴットルプ公爵家の絆は断たれ、両者の戦争は再開された。

子女[編集]

夫との間に2男2女をもうけた。

参考文献[編集]

  • (デンマーク語) Article in the Dansk biografisk Lexicon
  • Lindqvist, Herman. Storhet och fall. Sweden: Bokförlaget Pan, 2000 (1997). Vol 4 of Historien om Sverige. 10 vols. 1992-2002. ISBN 91-7263-092-2. (Swedish)
  • 佐保吉一「デンマーク絶対王制の確立過程 フレデリック3世の治世(1660-70)を中心に」『北海道東海大学紀要 人文社会科学系』第9号、P81-103

引用[編集]

  1. ^ 佐保、P89.
  2. ^ 佐保、P88.