フルートとハープのための協奏曲 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第1楽章冒頭部

フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 Kv.299は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト1778年に作曲した協奏曲である。

概要[編集]

本作は快活な両端楽章と可憐な中間楽章との対照の妙によって名高く、フルートハープを独奏楽器に起用した異例の二重協奏曲としても知られている。フルートとハープという、音色のかけ離れた楽器の組み合わせは前例がなく、ハープ協奏曲の名作が数少ないこともあり、しばしばハープ奏者の力量を証明するために演奏されることが多い。本作は、モーツァルトのこの上ない魅力だけでなく、その典雅な美しさをも証明しており、とりわけ第2楽章「アンダンティーノ」は、単独でも演奏されるほど非常に有名である。

カデンツァは本来演奏者の即興に委ねられるべきものだが、こちらの曲はアマチュア音楽家の依頼で作曲されたため、3つの楽章すべてに置かれているカデンツァにはモーツァルト自身によるものがあったとされる。しかしこれらは消失してしまっているため、しばしばカール・ライネッケの手によるものが利用されてきたが、古楽器演奏家が演奏・録音する際は古典派音楽の作曲様式を意識して新たにカデンツァを書き下ろす例が見られる。

背景と経緯[編集]

1778年4月5日、3度目のパリ到着後、母アンナ・マリア・モーツァルトがレオポルトに充てた手紙の中に

「ヴォルフガングは仕事をたくさん抱えています…ある公爵の為に協奏曲を2つ書かなければなりません。フルートの為と、ハープの為にです。」

とある。これは結局母の勘違いで、モーツァルトが受けていたのは2つの楽器の為の協奏曲であった。依頼主の公爵というのは、ベルリンロンドン駐在フランス大使も務めた外交官のギーヌ公アドリアン=ルイ・ド・ボニエール(Adrien-Louis de Bonnières)のことで、モーツァルトがこの貴族の知己を得たのは、前2回パリ滞在中のような積極的な支援はしてくれなかったものの、3回目の滞在中もパトロンとして動いてくれたグリム男爵の引きあわせによるものである。モーツァルトは彼の娘の家庭教師を務めており、アマチュアのフルート奏者であったギーヌ公がハープを嗜む娘と共演できるような作品を所望したことがきっかけとなり、同年の春に本作が作曲された。モーツァルトは父レオポルトに宛てて、1778年5月4日

「ド・ギーヌ公爵はなかなか大したフルートの名手です。その令嬢に僕は作曲を教えていますが、彼女もハープをとても上手に弾きます。」

と認めている。バロック期に端を発する複数の楽器を持つ協奏曲は、古典派の時代になると協奏交響曲という携帯に姿を変え、モーツァルト滞在時のパリにおいてたいへんもてはやされていた曲の形式であった。モーツァルトもオーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットと管弦楽のための協奏交響曲(K.Anh.9=K.297b 自筆譜消失。初演が何者かに邪魔され、ジュゼッペ・カンビーニによる妨害かとモーツァルトは考えたが、本人は彼を高く評価しており、また強く否定している。)を書きあげており、それに引き続き作曲されたのがこの曲であった。交響曲風な要素はほとんどなく、純粋に2つの楽器が主役として競い合う協奏曲の部類に属している。賛否が学者によっても分かれるところであるが、アルフレート・アインシュタインによれば、モーツァルトはフルートが嫌いだったというし、ハープも現在とは違って、上下の半音階移動が自由にこなせるダブル・アクションを備えていない不完全な楽器であった。熱心に、意気揚々と作曲に取り掛かってみたものの、やがてその期待は裏切られてしまう。ギーヌ公はモーツァルトに、レッスン料の半分しか支払わず、協奏曲に対しては一銭も出さないという始末であったからだ[1][2]。令嬢の作曲レッスンにおいては、あまりの出来の悪さにずいぶんと手を焼かされたようで、レオポルト宛てに、ギーヌ公女が

「どこまでも莫迦(ばか)で、しかも根っからの怠け者です。」

といった愚痴を書き送っている。にもかかわらず、流行の2つの楽器をオーケストラの響きの中に融け込ませ、浅薄になってしまうことなく、典雅なフランス風サロン音楽に仕立て上げているのは、彼の力量を表す証左であり、さすがというほかはない。


楽器編成と詳細[編集]

第1楽章 アレグロ ハ長調 4分の4拍子

独奏楽器を加えたオーケストラのトゥッティがハ長調の分散和音による華やかな第1主題を奏して始まり、pとfを交替させつつ次第に盛り上がって行くという、当時の協奏曲によく用いられた手法で続けられる。

第2楽章 アンダンティーノ ヘ長調 4分の3拍子

展開部を書いたソナタ彩式。オーボエとホルンを省き、弦だけに抑えた伴奏となって、独奏楽器のあでやかな音色がひときわ輝き、目立っている。10小節に引き伸ばされた優美な第1主題と2つの第2主題が順番に提示されると、ハープの流れる走句を挟んですぐに、すでに提示された3つの旋律が原調に戻って再現され、カデンツァから徐々に力を弱め、最後はppとなって消えてゆく。

第3楽章 ロンド-アレグロ ハ長調 2分の2拍子

前の2つの楽章にましてフランス的な感性が浸透している。それがよく現れているのがガヴォット風にアウフタクトのリズムを持つロンド主題の形姿によくあらわれている。

終楽章はロンド形式、それ以外はソナタ形式で構成されている。

メディア[編集]

 脚注[編集]

  1. ^ Symphony No. 31 in D major, K.297 (Paris). John F. Kennedy Center for the Performing Arts.
  2. ^ Horsley, Paul. Program notes. The Philadelphia Orchestra.

外部リンク[編集]