フルスタリョフ、車を!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フルスタリョフ、車を!
Хрусталёв, машину!
監督 アレクセイ・ゲルマン
脚本 アレクセイ・ゲルマン
スヴェトラーナ・カルマリータ
音楽 アンドレイ・ペトロフ
撮影 ウラジーミル・イリネ
編集 イリーナ・ゴロホフスカヤ
配給 パンドラ
公開 ロシアの旗 1999年8月27日
日本の旗 2000年6月17日
上映時間 142分
製作国 フランスの旗 フランス
ロシアの旗 ロシア
言語 ロシア語
テンプレートを表示

フルスタリョフ、車を!』(ロシア語: Хрусталёв, машину!)は、1998年に製作されたロシアフランス合作映画である。ロシアの監督アレクセイ・ゲルマンの長編4作目。

ストーリー[編集]

1935年、赤軍の将軍にして脳外科医であるユーリー・クレンスキーは、医師団陰謀事件英語版に巻き込まれ、強制収容所で拷問を受けるも、なぜか解放され、スターリンの側近であるラヴレンチー・ベリヤからある人物の診察を頼まれた。

10年後、クレンスキーは、家族と離れ、マフィアのボスとなり、列車の中にいた。

キャスト[編集]

  • ユーリー・アレクセーヴィチ・ツリロ:ユーリー・クレンスキー将軍(外科医)
  • ニーナ・ルスラノヴァ:ナターリャ、将軍の妻
  • ミハイル・デメンティエフ:リョーシカ、将軍の息子
  • ユーリ・ヤルヴェット:フィンランド人のレポーター

外部リンク[編集]