フルカン・シュテッティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フルカン[1]・シュテッティンAG Vulcan Stettin )は、ドイツ造船会社。シュテッティン(現在のポーランドシュチェチン)に所在した。ドイツ海軍向けのUボートと軍艦を建造し、両大戦において重要な役割を果たした。会社および造船所は戦後ポーランド政府によって廃止された。

歴史[編集]

フルカン・シュテッティンは1851年フルカン造船所Vulcan Werft、フルカン・ヴェルフト )としてシュテッティンで設立された。1945年に廃止されるまでドイツの主要な造船所として客船戦艦駆逐艦など大型船の開発に大きな役割を果たした。

同社が最初に建造したのは鉄製の蒸気船、ディーフェナウ(Dievenow )であった。1857年に造船所はシュテッティナー・マシーネンバウ AG フルカンStettiner Maschinenbau AG Vulcan )と改名し、ますます大型の船が建造されるようになった。また1859年に同社初の蒸気機関車を製造した。シュテッティンの設備は手狭となり、新たな設備が必要となった。

新工廠は1907年から1909年にかけてハンブルクブレーメンに建設された。1928年に同社は破産し、ハンブルクの工廠は1930年に売却されたがフルカン・シュテッティンとして再建された。

第二次世界大戦後造船所は占領され、ポーランド政府によって廃止された。

建造された主な艦船[編集]

関連項目[編集]

  • 流体継手 - 流体クラッチ。フルカン造船所で開発された方式が普及したことからフルカン継手とも呼ばれる。

注釈[編集]

  1. ^ 「フルカン」は日本において古くから定着している表記であるが、ドイツ語でのVulcanの実際の発音は語頭が濁音の「ヴルカン」である。

外部リンク[編集]