フルオランテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Fluoranthene
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 206-44-0 チェック
ChemSpider 8800 チェック
UNII 360UOL779Z チェック
KEGG C19425
ChEBI CHEBI:33083 チェック
ChEMBL CHEMBL355014 チェック
特性
化学式 C16H10
モル質量 202.26 g/mol
外観 無色の針状または板状結晶[1]
密度 1.252 g/cm3(0℃)、固体
融点

110.19℃[1]

沸点

384℃[1]

への溶解度 0.26mg/l(25℃)[1]
粘度 0.652 cP at 20 °C
構造
分子の形 平面
双極子モーメント 0.34 D
危険性
引火点 210 °C (483 K)
発火点  ? °C (? K)
半数致死量 LD50 2000 mg/kg(ラット、経口)[2]
関連する物質
関連する炭化水素 ピレン
ベンゾ[a]フルオランテン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フルオランテン: Fluoranthene)は非交互多環芳香族炭化水素の一種。ベンゼン環とナフタレンが五員環を介して結合した構造をとる。構造異性体に、交互多環芳香族炭化水素であるピレンがあるが、フルオランテンはピレンと異なり、電子が構造全体に共鳴しないため、熱力学的な安定性は低い。

生成[編集]

有機物の不完全燃焼により発生する。主な発生源は化石燃料の燃焼、調理、廃棄物の焼却、自動車の排気ガスタバコの煙などである[1]。ほかに、化石燃料中にも含まれる[2]

安全性[編集]

国際がん研究機関はフルオランテンの発癌性についてGroup3(ヒトに対する発癌性が分類できない化合物)としているが、本物質の誘導体であるベンゾ(b)フルオランテンや3,7-ジニトロフルオランテンについてはGroup2(ヒトに対する発癌性が疑われる化合物)に分類している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e フルオランテン(環境省)
  2. ^ a b フルオランテン(岡山県環境保健センター)