フリーランサー NY捜査線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリーランサー NY捜査線
Freelancers
監督 ジェシー・テレロ
脚本 L・フィリップ・カシアス
製作 ランドール・エメット
カーティス・ジャクソン
ジョージ・ファーラ
出演者 カーティス・“50 Cent”・ジャクソン
フォレスト・ウィッテカー
ロバート・デ・ニーロ
音楽 スタンリー・クラーク
撮影 イゴール・マルティノヴィッチ
編集 カーク・モッリ
製作会社 Cheetah Vision
Emmett/Furla Films
Envision Entertainment Corporation
Grindstone Entertainment Group
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 日活
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年8月10日
日本の旗 2013年1月12日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $11,000,000[1]
テンプレートを表示

フリーランサー NY捜査線』( - ニューヨークそうさせん、原題: Freelancers)は、2012年アメリカ合衆国で製作された犯罪映画[2]。アメリカで本作は拡大公開されず、ニューヨークとロサンゼルスの一部の映画館で限定公開された。

ストーリー[編集]

ストリートギャングのジョナスは、亡き父の跡を継ぎニューヨーク市警察警官となった。だが、そこで彼は警察内部の腐敗しきった実態を目の当たりにする。父の元相棒だったサルコーネ警部の誘いで、彼が裏で牛耳っているドラッグビジネスを手伝うことになったジョナスは、次第に自身も犯罪の道へと足を進めてしまう。しかし、ある日父の死の真相を知ったジョナスは、サルコーネを逮捕するために再び正義の道へと戻るのだった。

キャスト[編集]

評価[編集]

本作には否定的な評価が多かった。

ニューヨーク・ポストのロウ・ルメニックは「名優ロバート・デ・ニーロの2012年に出演した映画の中で『レッド・ライト』の次にひどい作品だった。彼は昔の刑事ドラマのパロディのような演技をしている。」と述べた。[3]

参考文献[編集]

  1. ^ Freelancers (2012) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年11月20日閲覧。
  2. ^ Freelancers Blu-Ray Movie Review” (英語). LatinRapper.com. 2013年11月20日閲覧。
  3. ^ “Freelancers” (英語). New York Post. (2012年8月10日). http://nypost.com/2012/08/10/freelancers/ 2013年9月28日閲覧。 

外部リンク[編集]