フリーメイソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フリーメイソンリーから転送)
移動: 案内検索
会員呼称: フリーメイソン
(団体呼称: フリーメイソンリー)
種類 友愛団体秘密結社非公開団体
目的 会員相互の特性と人格の向上をはかり、よき人々をさらに良くする
本部 各地域の各ロッジ
事実上の総本部イングランドグランドロッジ英語版
イギリスの旗 イギリスイングランドの旗 イングランドロンドン
ウェブサイト 事実上の総本部(イングランドのグランド・ロッジ)
United Grand Lodge of England UGLE (英語)
会員同士の親睦を目的とした友愛団体であり秘密結社
テンプレートを表示
フリーメイソンリーのシンボルマークの一つ。定規コンパスは石工職人のギルドだったことの名残。 上向き三角形(コンパス)と下向き三角形(直角定規)の結合はダビデの星を形成し、男と女、陽と陰、天と地、精神と物質など世界の二元性の融和を表現している。中央の「G」は至高存在を意味し、(GOD)と幾何学(geometry)、栄光(Glory)、寛容(Grandeur)等を意味する。また「G」にはグノーシス(Gnosis)の意味も込められている。フリーメイソンにおいて個々の建築道具は人間の美徳と対応し、直角定規は道徳、コンパスは真理、こては結束と友愛、槌は知識や知恵を象徴している。
フリーメイソンリーが用いるシンボルの一つ、プロビデンスの目
18世紀の備品。壁にプロビデンスの目。
エプロン、コルドン(たすき掛けの装飾品)、外衣など。
米国エドモンズのロッジ。
オーストラリアメルボルンアボッツフォードのロッジ内部。
宴会場、コンサート会場、フリーメイソンのロッジ、これらの用途として1836年に建設されたノルウェーのオスロにある「ガムレ・ローシェン」(den Gamle Logen[1]
1920年制定オリンピック旗古代ギリシア時代の古代オリンピックにならい近代オリンピックを提唱したピエール・ド・クーベルタン男爵は、フリーメイソンである[2]。1894年国際オリンピック委員会(IOC)設立時のメンバーであったアンプティル男爵は1890年にフリーメイソンリーに入会した[3]。初期IOCメンバー[2]で初代イギリスオリンピック委員会会長[4]デスボロー男爵は、1875年にフリーメイソンリーに入会した[2]
第1回大会(アテネ、1896年4月)は男性のみ参加資格がありまた1名の女性マラソン選手が非正規で参加し、4年1か月経た第2回大会(パリ、1900年5月-10月)から女性の参加が整備された。クーベルタン男爵は、女性の参加は男性にとって良からぬことであると考えていた[5]

フリーメイソン: Freemasonry)は、16世紀後半から17世紀初頭に、判然としない起源から起きた友愛結社

現在多様な形で全世界に存在し、その会員数は600万人に上り、うち15万人はスコットランド・グランドロッジならびにアイルランド・グランドロッジの管区下に、25万人は英連邦グランドロッジに[6]、200万人は米国のグランドロッジに所属している[7]

「フリーメイソン」とは厳密には各個人会員の事を指しており、団体名としては: Freemasonry(フリーメイソンリー)、: Franc-maçonnerie(フランマソヌリ)、: Massoneria(マッソネリア)、: Freimaurerei(フライマウレライ)、: Масонство(マソンストヴォ)である。以下、英語的な発音である「フリーメイソンリー」と記載する。なお本項目は「フリーメイソン」と表記しているが、日本グランド・ロッジは「フリーメイスン」と表記している[8]

この友愛結社(組合)は、管轄上、独立したグランドロッジもしくは一部が東方社(オリエント、大東社系)の形で組織され、それぞれが下部組織(下位のロッジ)から成る自身の管区を管轄している。これらの多様なグランドロッジは、それぞれが認め合い、あるいは拒否したりして、境界を形成する[9]。また、フリーメイソンリーの主要な支部には、関連した付属団体が存在するが、それらはそれぞれが独立した組織である。フリーメイソンリーは秘密結社[10]または「semi-secret」(半分秘密の)[11][12]団体と表現する場合があるが、いかなる団体であれ団体内部の秘密というものがあり、そうした視点においてフリーメイソンリーは広く知られた公開結社なのであるというフリーメイソンリー側の意見もある[13]

フリーメイソンリーは「自由」、「平等」、「友愛」、「寛容」、「人道」の5つの基本理念がある[14]

目次

沿革[編集]

総説[編集]

起源とフリーメイソンリーについては対外的な資料が少ないため、諸説存在する。レギウス・マニュスクリプトとして知られるある詩人は、およそ1390年頃と疑われる、としており、これは諸説あるメイソン起源説の中では、もっとも早くに上るものである。[15] 16世紀には、スコットランドにメイソンのロッジMasonic Lodge)が存在していた、とする証拠もある。[16] 例えば、スコットランドのキルウィーニングのロッジには、16世紀後半の記録があり、それは1599年にあった第二シュワー法に言及している。[17] イングランドにおいては、17世紀中盤にはロッジが存在していたことを示す明白な書証がある。[18] 最初のグランドロッジである英国グランドロッジ(GLE、グランドロッジ・オブ・イングランド)は1717年6月24日に設立され、この日に、4つの既存のロンドンのロッジが合同で晩餐をしている。 こうして統括機関は素早く拡張され、殆どの英国のロッジが結合した。 しかし、少数のロッジは、GLEが企図した例えば第三位階の創設のような幾つかの近代化に憤然として、1751年7月17日にこれに対抗したグランドロッジを形成し、彼らはそれを古代英国グランドロッジと称した。[19] この「近代」(GLE)と「古代」の二つのグランドロッジは、1813年9月25日に英連邦グランドロッジ(UGLE)に統合されるまで、互いに覇を競った。 アイルランド・グランドロッジとスコットランド・グランドロッジは、それぞれ1725年1736年に形成された。 フリーメイソンリーは、1730年代までには古代、近代共に北米の英植民地に進出し[20]、多様な州グランドロッジを組織した。 独立戦争後、米国のグランドロッジは独立し、それぞれの州に根を下ろした。 何人かは、ジョージ・ワシントンを初代グランドマスター英語版として、これらを股にかけた合衆国グランドロッジの組織を構想したが、多くのグランドロッジが統合によって、自分達の権威が低下するのを望まなかったため、このアイディアは短命に終わった。[21]

古代であれ近代であれ、ロッジを運営するにあたって行なっているメイソンリーとしての活動内容に差はなかったのだが、こうした部門はF.& A.M.(Free and Accepted Masons)だったり、A.F.& A.M.(Antient Free and Accepted Masons)だったりと、そのネーミングに名残を見出し得た。

ヨーロッパの最も古い管区であるフランス大東社(GOdF)は、1733年に設立された。 しかしながら、大東社は至高の存在(メイソンでは、複数の宗教の会員がいることから各員が神と信じるものを最大公約数をとってこう表現する)への尊崇義務を会員規定から撤廃し、英語圏メイソンとの確執を引き起こし、両社は1877年頃、公式の関係を断絶した[22]。 こうした中で、グランドロッジ・ナショナーレ・フランセーズ(GLNF)が、一般に英連邦メイソンとの友好関係を保ち、世界と調和した唯一のグランドロッジとなった。 こうした経緯故に、しばしばフリーメイソンリーは相互に親善関係にない二つの系統から構成されるといわれている。

  • 英連邦メーソンとそれに連なる管区(グランドロッジと呼ばれる)の伝統、そして
  • 欧州大陸系の大東社とそれに連なる管区の伝統(グランドオリエントと呼ばれる)である。

ラテン系の地域においては、一説によると大東社系スタイルの大陸型メイソンが優勢を占めていたとされるが、英連邦メイソンと友好関係にあるグランドロッジも存在し、それは英メイソンと友愛関係を仲良く分かち合っている。 世界の他の地域においては、マイナーなバリエーションも存在するが、フリーメイソンリーの大部分は、英連邦メイソンのスタイルに近似の傾向にある。

通説[編集]

石工組合としての実務的メーソンリーが前身として中世に存在した、とする説もある。こうした職人団体としてのフリーメイソンリーは近代になって衰えたが、イギリスでは建築に関係のない貴族紳士知識人がフリーメイソンリーに加入し始めた(思索的メイソンリー。「思弁的-」とも)。それと共に、フリーメイソンリーは職人団体から、友愛団体に変貌したとするのである。

または、実務的メイソンリーとの直接の関係はなく、その組織を参考に、貴族たちが別個に作ったのが、思索的メイソンリーであるともいう。中世ヨーロッパでは、建築はあらゆる分野の技術に精通する必要がある「王者の技術」とされ、建築学や職人の社会的地位は高かった。また、技術の伝承についても厳しい掟が設けられた。その神秘性から、実務的メイソンリーが貴族などに注目され、薔薇十字団の正体ではないかと期待する者もあった。もっとも、これについては実務的メイソンリーはあくまでも石工団体であり、期待は裏切られた結果に終わったようである。

石工団体を元にした名残りとして、石工の道具であった直角定規コンパスSquare and Compasses)がシンボルマークとして描かれ、内部の階位制度には「徒弟(Entered Apprentice)、職人(Fellow Craft)、親方棟梁とも訳す。Master Mason)」の呼称が残っており、集会においては、元は石工の作業着であるエプロンを着用する。なお、ピラミッドに目の「プロビデンスの目」をシンボルとするのはフリーメイソンだけではなく、かつて啓蒙思想の者が好んで使用し、ヨーロッパで流行したシンボルであった。

友愛団体に変貌したフリーメイソンリーは、イギリスから、商業や文化のネットワークを介して、ヨーロッパ諸国、ロシアアメリカ大陸、さらには西欧諸国従属下にあるアフリカやアジアの植民地にまで広まった[23]。民間人を対象とする国際的な互助組織がない時代だったので、会員であれば相互に助け合うというフリーメイソンリーは、困難を抱えた人間にとって非常にありがたかった。ウィーンのロッジに加入していたモーツァルトは、同じロッジのフリーメイソンに借金の無心をした記録が残っている。 フリーメイソンリーが広まった時期は、絶対王政から啓蒙君主、市民革命へと政治的な激動が続く時代でもあり、特定の宗教を持たずに理性や自由博愛の思想を掲げるヨーロッパ系フリーメイソンリーは、特定の宗教を否定することから、自由思想としてカトリック教会などの宗教権力からは敵視された。とりわけフランス革命の当事者たちの多くがフリーメイソンであったため、しばしば旧体制側から体制を転覆するための陰謀組織とみなされた。ナチス・ドイツの時代にはマルクス主義自由主義とともに民族の統一を阻む抹殺されるべき教説[24]として扱われ、弾圧を受けた。独立戦争にかかわった多くの会員がいたアメリカにおいても白眼視される傾向があった。ちなみにニューヨークの自由の女神像はフランス系フリーメイソンリーとアメリカ系フリーメイソンリーの間に交わされた贈り物という側面もあり、台座の銘板にはその経緯とメイソンリーの定規・コンパス・Gの紋章がきざまれている[25]

フリーメイソンリーの入会儀式は秘密とされたが、そのために、かえってさまざまな好奇心をかきたてた。トルストイの『戦争と平和』では1810年代のロシアのフリーメイソンの会合が描写されている。またモーツァルトの『魔笛』にフリーメイソンリーの入会儀式の影響を指摘する意見もある。

宗教団体とフリーメイソンリーの関係[編集]

カトリックとの対立関係は長く、1738年に時のローマ教皇クレメンス12世がフリーメイソンの破門を教書で宣告した(ただし、直接対立したのは前述のフランス大東社系が中心)。もっとも、カトリックの影響力低下もあり、もとよりイギリスなどプロテスタント(あるいはイギリス国教会)諸国では破門の影響はほとんどなかった。一方カトリックの少なくないフランスでは、両者の対立はカトリックによる一方的な圧力に留まらず、逆に政教分離を主張したフリーメイソンリーなどの影響で、公立学校から聖職者が追放される事態も起こった。1983年に破門は一応解除されたが、カトリックは公的にフリーメイソンを危険視する姿勢を崩していない。しかし、カトリック信徒でフリーメイソンリーに入会する者は少なくないという。

フリーメイソンに関する歴史やテンプル騎士団との関係については、M.ベイジェント、R.リー『テンプル騎士団とフリーメーソン』(林和彦訳、三交社刊)に詳説されている。

元フリーメイソンであった創始者による新宗教も多く、モルモン教の創始者ジョセフ・スミスならびに二代目大管長ブリガム・ヤング(加入はブリガム・ヤングが先)、エホバの証人ものみの塔聖書冊子協会)の創始者チャールズ・テイズ・ラッセルクリスチャンサイエンスの創始者メリー・ベーカー・エディらがいる。

社会奉仕団体とフリーメイソンリーの関係[編集]

概要[編集]

ロータリークラブ創設者P・P・ハリス。フリーメイソンである。
ライオンズクラブ創設者メルビン・ジョーンズの彫像。メルビン・ジョーンズはフリーメイソンである。

日本グランドロッジのグランドセクレタリー[28]であり2002年にグランドマスターを務めた[29][30]フィリップ・A・アンブローズによるとボーイスカウトロータリークラブライオンズクラブなどはフリーメイソンリーからの派生であるという[31]。フリーメイソンに関する書籍を著している皆神龍太郎(『トンデモフリーメイソン伝説の真相』『検証 陰謀論はどこまで真実か』等)によると、「フリーメイソンは何をしているのか」という問いはロータリークラブやライオンズクラブが何をしているのかという問いと同様であり、ボーイスカウトを思い浮かべてもよく、ボランティア活動も一生懸命で、フリーメイソンはロッジ内で商売や政治の話はできないので陰謀を巡らせるような組織でもないそうである[32]

フリーメイソンリーとは「全人類の兄弟愛という理想の実現」「文明というものがもつ真正で最高の理想実現」等を目的にする友愛団体であり、ボーイスカウト、ロータリークラブ、ライオンズクラブ等の社会奉仕団体のような慈善活動も行うが、慈善活動が全てというわけではない[13][33]

ロータリークラブの創始者であるポール・P・ハリスはフリーメイソンであったが、社会奉仕と慈善活動に専念する公開結社として、ロータリークラブを設立したといわれている。愛知県江南市のロータリークラブの話では、フリーメイソンリーからロータリークラブになった経緯としては、ポール・ハリスはフリーメイソンリーのように閉鎖的な秘密結社より開かれた組織を求めたのであろうということであり、ロータリークラブ側(RIA)は組織としてのフリーメイソンリーとの関わりは否定しているということである[34]。フリーメイソンの高須克弥(高須クリニック院長)の話ではフリーメイソンリーがロータリークラブと同様の組織であるかというと、全く違うようである[35]

ライオンズクラブでは、ライオンズクラブ国際協会の創設者メルビン・ジョーンズ[36]はフリーメイソンである[37]

ボーイスカウト[編集]

初期ボーイスカウトの指導者たち。
中央: ロバート・ベーデン=パウエル(メイソンではない)。
左: アーネスト・トンプソン・シートンコネチカットグランドロッジではメイソン特有の「ブラザー」ではなく「Mr.」になっている[38])。
右: ダニエル・カーター・ビアード(メイソンである)。
ボーイスカウトの創設者ロバート・ベーデン=パウエル[編集]

ボーイスカウトとフリーメイソンリーの関係において、ボーイスカウト創設者の英国陸軍少将ロバート・ベーデン=パウエルは妻オレブによるとフリーメイソンではなく[39]、娘のベティも父ロバートはメイソンのメンバーではないという[40]

ロバート・ベーデン=パウエルの弟デビッドはフリーメイソンであった[39]。ロバートの孫マイケルもフリーメイソンであり[39]、マイケルはオーストラリアのロッジ「ベーデン=パウエル・ロッジNo.488」の元・マスター(Past Master)である[41]

フリーメイソンリーのロッジ

「ベーデン=パウエル・ロッジNo.488」のように、ボーイスカウトたちによって作られたロバート・ベーデン=パウエルにちなんだフリーメイソンリーのロッジもあり[39]、「ベーデン=パウエル・ロッジNo.488」は、1929年、豪ビクトリア州知事でビクトリアグランドロッジのグランドマスターを務める[42]フリーメイソンのサマーズ男爵らの会議によりボーイスカウトのフリーメイソンロッジが計画され、設立された[43]。サマーズ男爵はボーイスカウトの理事長、副チーフ・スカウトを経て、1941年のロバート・ベーデン=パウエルの死後、ロバートを引き継いでチーフ・スカウトになった。「ベーデン=パウエル・ロッジNo.488」はロバート・ベーデン=パウエルの名が付けられた最初のロッジであり[39]、また存命人物の名がロッジに付けられることは異例であった[43]。ロバートはこのロッジのために「With best wishes for the success of the Lodge in its good work. Baden-Powell of Gilwell, 12th May 1931」と銘記した[39][43]

スカウトの名を冠するフリーメイソンリーのロッジ「スカウトロッジ」もある[44][45]

ジャングル・ブック

ロバート・ベーデン=パウエルはノーベル文学賞作家ラドヤード・キップリングと友人であった[39][46]。1916年、ロバートは低年齢のスカウトへの教えに適した物語が必要と思い、キップリングの著書『ジャングル・ブック』(1894年)をカブ・スカウト(ウルフ・カブ)のハンドブックのメインテーマに使いたいとキップリングに頼んだ[46]。キップリングは承諾した[46]。キップリングは1886年にメイソンリーに入会し1889年にメイソンリーを辞め、1909年に再びメイソンリーに参加し、1910年に名誉会員を務め、1922年に「Builders of the Silent Cities Lodge No. 12」の設立に関与し、その後生涯にわたりその設立したロッジの会員であった[47][48]

米国ボーイスカウト設立発起人ウィリアム・ディクソン・ボイス(メイソンである)。英国ボーイスカウト少年がウィリアム・ディクソン・ボイスに実践した善行により米国ボーイスカウトは設立された。その物語は文献による幾分の相違があるが、いずれにせよ米国ボーイスカウトの発案者はボイスである。
アメリカ合衆国のボーイスカウト[編集]
設立の由来

1907年に英国で発足したボーイスカウトが米国に設立されたのは1910年である。アメリカのボーイスカウトBSA)設立は英国のあるボーイスカウト少年の善行に由来する[49]。BSA設立発起人(incorporator)となる米国人実業家ウィリアム・ディクソン・ボイス1909年に英国ロンドンに滞在中、濃霧で道に迷ってしまい、ある少年がボイスを助けた[50][51]。その少年はボーイスカウトであり、ボイスがお礼のチップを用意しても、少年は人に親切にすることはスカウトの義務であると説明しチップを受け取らなかった[50][51]。少年に感激したボイスは、ロバート・ベーデン=パウエルに会い米国にボーイスカウトを設立することを提案し、アーネスト・トンプソン・シートンダニエル・カーター・ビアード(ダンおじさん)、ジェームス・E・ウェストの3人の協力のもと、1910年2月8日にBSAを設立した[51][52]。ロバート・ベーデン=パウエルと彼ら4人の設立者のうち(BSA設立前または設立後に)フリーメイソンであったことが確認されているのはウィリアム・ディクソン・ボイス[38][53]、ダニエル・カーター・ビアード[38][54][55]、ジェームス・E・ウェスト[38]の3人である。BSAの設立発起人となったボイスの他3人は設立時の役員に就任した。またダニエル・カーター・ビアードが組織していたSons of Daniel Boone(後にBoy Pioneers of America)は、BSAが設立されるとBSAに合併した[50][55]。ボイスが1915年に設立したLone Scouts of America1924年にBSAに合併した[50]

ダニエル・カーター・ビアード

ボーイスカウトにより「ダンおじさん」(Uncle Dan)として親しまれるダニエル・カーター・ビアードはフリーメイソンリーとボーイスカウトとの関係を最初に築いたフリーメイソンであるという[56][57][58][59]。またBSAへの貢献によりメソニック・ロッジの会員すなわちフリーメイソンにメダルが贈られる「ダニエル・カーター・ビアード・メソニック・スカウター・アワード」があり、これはフリーメイソンリーによる栄誉としてBSAの承認を得て創設された賞である[56]

ホワイトハウスオーバルオフィスにてボーイスカウトから敬礼を受けるフリーメイソンのハリー・S・トルーマン大統領。BSA設立時における大統領の役割としてはウィリアム・タフト(メイソン)が現職大統領、セオドア・ルーズベルト(メイソン)が前大統領としてBSA役員に就任した。
BSA初期役員等

BSA設立発起人ウィリアム・ディクソン・ボイスの他、BSA設立時の14人の役員[50]のうち(BSA設立前または設立後に)フリーメイソンであったことが確認されているのは、名誉会長のウィリアム・タフト[60][61]、名誉副会長兼チーフスカウト市民のセオドア・ルーズベルト[61][62][63]、副会長のミルトン・A・マクレー[64]、同じく副会長のベンジャミン・L・デュラニー(Benjamin L. Dulaney、1857年生)[65]、ナショナルスカウトコミッショナーのダニエル・カーター・ビアード(ダンおじさん)、チーフスカウトエグゼクティブのジェームス・E・ウェストなど。その他、チャールズ・イーストマングリフィス・オグデン・エリスらフリーメイソンと確認されている人物[55][66]が設立に関与した。

日本のボーイスカウト[編集]

第二次世界大戦後の日本においてボーイスカウトは日本のフリーメイソンリー復興に大きな役割を果たし、またフリーメイソンリー側では米国のメイソンたちが日本のボーイスカウトを支援する約束をした[67]1947年連合国軍占領下の日本におけるボーイスカウト活動再開を許可した連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーはフリーメイソンであった[67]。マッカーサーは1949年9月から1951年4月の帰国までボーイスカウト日本連盟の名誉総長を務めた[68]。戦後のボーイスカウト復興に取り組んだボーイスカウトの幹部村山有三島通陽は後にフリーメイソンリーに入会した[67]

日本のフリーメイソンリーはボーイスカウト団体を支援している[69]

日本のフリーメイソンリーの恒例行事「メソニック子ども祭り」にはボーイスカウトが参加する[70][71]

日本のフリーメイソンリー[編集]

江戸時代のロッジ設立[編集]

日本に黒船で来航したフリーメイソンのマシュー・ペリー[65]

フリーメイソンが最初に日本に訪れたのは江戸幕府による鎖国政策の時代であり、1779年長崎港出島オランダ商館商館長として駐在したオランダ東インド会社イサーク・ティチングが初訪日のフリーメイソンであると考えられている[72]。ティチングがフリーメイソンリーに入会したのは1772年オランダ領東インドバタヴィアインドネシアジャカルタ)でのことである[72]。日本国内にメイソンリーのロッジ設立が始まったのはそれよりさらに後になってからである。

江戸末期の1853年開国開港)を日本に迫ったマシュー・ペリーはメイソンであった[73]。ペリーは1819年ニューヨークのホーランド・ロッジでメイソンリーに加入した[65]。ペリーを日本に遣わせたミラード・フィルモア米大統領は、フリーメイソンの集まりに参加した記録はあるが[65]、フリーメイソンではない[74][75]

1860年2月26日安政7年2月5日)、横浜攘夷派によってオランダ人船長W・デ・フォスと、商人N・デッケルが暗殺された(オランダ人船長殺害事件)。外国人達は攘夷派への示威行動の意味もあり、できるだけ盛大に二人の葬儀を行おうとした。この時、殺された二人はフリーメイソンであると言われており、外国人のメイソン達は、儀式用の正装であるエプロン着用で葬儀に臨んだ。これが日本におけるフリーメイソンの最初の記録という(ただし、二人が会員であった証拠は見つかっていない)。二人は横浜の外国人墓地に埋葬され、その墓は現存している[76]

1864年元治元年)、イギリスは居留民保護のため英国第20(イースト・デヴォンシャー)歩兵連隊(後のランカシャー・フュージリアーズ)を香港から横浜に移動させた。同隊の軍隊ロッジ「スフィンクス」は、隊員のためのロッジであるが、在日イギリス人のためのロッジとしても機能し、また恒久的な民間ロッジ設立のための手助けをした。1865年1月、スフィンクス・ロッジは横浜在住のフリーメイソンから家を借り、これをロッジとして日本初の集会を行った。スフィンクス・ロッジは1866年慶応2年)3月に離日したが、改めて民間ロッジとしてイングランド・グランド・ロッジの承認を受け、6月26日、「横浜ロッジ」が恒久的な民間ロッジとして設けられた。このロッジは度々移転しているものの現存しており、日本国内最古の現役ロッジといえる。続いて登場したのが1870年明治3年)発足のロッジ・兵庫・大阪(神戸)である。

英国商人グラバーとフリーメイソンリー[編集]

英国商人グラバー。
アバディーン・ロッジ。

土佐藩坂本龍馬海援隊へ武器を仲介したり薩摩藩士や長州五傑の世話をしたイギリス人武器商人トーマス・ブレーク・グラバーがフリーメイソンだったとする主張もあるが、彼がフリーメイソンだった証拠はない。しかし父のトーマス・ベリー・グラバーが沿岸警備隊の1等航海士だったこと(当時、海軍では出世するためにメイソンに入会することが必須だったと言われている)がグラバー=メイソン説が言われる一因になっている。また彼が12歳の時に移り住んだスコットランドアバディーンはメイソン最古のロッジである「アバディーン・ロッジ」がある場所でもある。また1869年に横浜にオテントウサマ・ロッジNo.1263が設立される[77]が、名前の「オテントウサマ」はグラバーが所有していたオテントウサマ号という船から取ったものである。また長崎にロッジが設立されたのは1885年である。

日本政府による活動制限[編集]

オランダのライデンで入会した西周。
西と同時期にメイソンに入会した津田真道。

日本人のフリーメイソンは、1864年、留学先のオランダで入会した西周津田真道が最初という[78]。しかし、第二次世界大戦以前の日本では、日本人の会員はほとんどいなかった。明治政府は結社の自由集会の自由を厳しく制限しており、1887年(明治20年)、事前届け出がなく、あるいは警察官の立ち会いのない集会を禁じる保安条例を発令した。直接的には自由民権運動弾圧するものであったが、同法は秘密結社を禁止しており、フリーメイソンリーにとっても保安条例が適用されれば、最低でも集会に警察官の立ち入りを要求されるのは明らかであった。この時期、不平等条約によって外国人は治外法権に置かれていたが、不平等条約が是正されれば、フリーメイソンリーに官憲の手が及ぶのは時間の問題と思われた。

そこで、フリーメイソンで、お雇い外国人として日本政府の通信技術顧問であったW・H・ストーンを代表として、日本政府と協議した。フリーメイソンリーは日本政府と対立する意志はなかったので、ストーンはフリーメイソンリーの非政治・非宗教性を説き、欧米各国で政府に承認・支持されていると強調した。その結果、フリーメイソンリーは保安条例の対象外とする代わり、日本人を入会させないこと、日本社会への接触・宣伝をしないという「紳士協定」を交わしたという。この協定は口頭によるもので、日本側の書類としては発見されていない。ただ、フリーメイソンリー側には、協定遵守を申し合わせた記録が残っているという[79]

保安条例の廃止後も、治安警察法によって結社は届出制内務大臣権限によりいつでも禁止可能)とされ、秘密結社の禁止は続いた。フリーメイソンリーは日本人への働きかけを自粛し、日本人から隔絶した存在であり続けた。戦前にフリーメイソンリーに入会した日本人は、海外のロッジでの入会者に限られていた。しかし、そのために「外国人だけが入会するスパイ団体、「日本人はのけものにされ、入会はおろか見学さえもさせぬ反日・反国体的人種差別団体」という、その意に反した非難にさらされることになった。

日本人の母親を持つ「欧州統合の父」R・クーデンホーフ=カレルギー伯爵(フリーメイソン[80])。彼の国際汎ヨーロッパ連合はナチス政権下のドイツでは禁止され、ナチス党政権下のドイツを逃れる彼を助けた日本人が彼から渡された本[81]鳩山一郎が「友愛」を提唱する契機となった[82]

昭和期、日独伊三国同盟が成立すると、ナチス党政権下のドイツの影響で日本にも「フリーメイソン陰謀論」、「ユダヤ陰謀論」が広まった。既に大正時代、今井時郎樋口艶之助は、フリーメイソンリーの自由主義・民主主義的理念を共産主義の発生源と非難していた。昭和に入ると、陸軍中将四王天延孝は、ナチス党の影響を否定しつつ、ユダヤ・フリーメイソン陰謀論を流布した。四王天は、『シオン賢者の議定書』という偽の文書を陰謀の物証とした。1943年毎日新聞社主催、情報局が後援をし、銀座の松屋で「米英を操る黒幕の正体をえぐり出し、国際謀略の思想に構えんとす」というキャッチコピーの下、「国際秘密力とフリーメーソンリー展」という催しが行われた。

1941年(昭和16年)、日本がイギリスやアメリカ、オランダオーストラリア宣戦布告すると(太平洋戦争)、ロッジはことごとく憲兵・特別高等警察によって閉鎖に追い込まれ、書類・備品は全て押収された。

原子爆弾投下とフリーメイソンリー[編集]

Atombombe Little Boy 2.jpg
1945年8月6日・9日の広島・長崎に投下された原子爆弾、「リトルボーイ」(上)と「ファットマン」(下)。
1945年8月6日・9日の広島・長崎に投下された原子爆弾、「リトルボーイ」(上)と「ファットマン」(下)。

第二次世界大戦中の米国においても米軍最高司令官たる米大統領以下、フリーメイソンの政治家が多かった。連合国側の原子爆弾開発「マンハッタン計画」を推進したフランクリン・ルーズベルト第32代大統領と、日本への原爆投下時の第33代大統領ハリー・S・トルーマンはフリーメイソンであった。日本への原爆投下を計画・実施したカーチス・ルメイ少将(東京大空襲指揮官)はフリーメイソンであり、1944年7月7日にオハイオ「レイクウッド・ロッジNo.601」(Lakewood Lodge)にてフリーメイソンの階級を第3階級マスターメイソンに昇級した[65]フィリピンの戦いに従軍の指揮官であったダグラス・マッカーサー元帥(戦後日本の連合国軍最高司令官)もまたフリーメイソンであったが[83]、彼は原爆投下の必要性に同意しなかった朝鮮戦争では原爆投下を立案した)。政治的イデオロギーでは、F・ルーズベルトとトルーマンは民主党出身の大統領、マッカーサーは共和党等が擁立した大統領候補者であった。大多数の米国民は原爆投下の倫理上の葛藤を抱えながら日本国民への心配を目に見える態度で表すことはほとんどなく、その問題からは目を背け、原子力エネルギーの将来というものに注目していたようであったが、原爆投下後に米国で称賛の声もあまり聞かれず、米国民の大多数はまた原子力エネルギーがもたらす放射線被曝の問題を分かっていなかった[84]

1945年日本への投下実行までの歳月においてフリーメイソンリーと原子爆弾の間に特に相関があるわけではなかった。フリーメイソンリーのあらゆる時代において多くの平和主義者もまたフリーメイソンであった。例えば反軍的な『出兵の祈り(戦争の祈り)』を著したマーク・トウェイン[85]。啓蒙時代のヨーロッパ思想家の中で、フリーメイソン且つ平和主義者は顕著に多かった(例えばヴォルテール)。

国際連合旗。
国際連合旗。
「国際連合の父」コーデル・ハル米国務長官(前列中央)。1941年12月7日日米交渉にて。
「国際連合の父」コーデル・ハル米国務長官(前列中央)。1941年12月7日日米交渉にて。

平和主義からなる欧州統合構想「パン・ヨーロッパ」を1920年代から提唱していたフリーメイソンのリヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギー伯爵は、平和のために利用される前人未踏のエネルギー源が人類の生活を豊かにすることを思い描き(クーデンホーフ=カレルギーの技術論)、ナチス・ドイツ指導者アドルフ・ヒトラーに対して言論で戦った(クーデンホーフ=カレルギーとヒトラー)。トルーマン大統領は戦中に米国に亡命したクーデンホーフ=カレルギー伯爵による欧州統合構想を支持した[86][87]。トルーマン大統領はとりわけ亡命中のクーデンホーフ=カレルギー伯爵による1945年12月発表の欧州統合構想の記事に感銘を受け、この記事は米国の「公式政策」として採用された[86]。また第二次大戦下の平和主義者は、「国際連合の父」コーデル・ハルである。ハルは、第二次大戦中に国際連合(国連; UN)設立のために重要な役割を果たし、その功績により1945年にノーベル平和賞を受賞した[88]。ハルはフリーメイソンであった[89]

当時の反フリーメイソンリーと原子爆弾開発

ナチ党政権期のドイツと同様に激しく反フリーメイソンリーで、フリーメイソンを絶やそうとしたソ連(ヤルタ会談で対日参戦決定)は積極的に原子爆弾を開発していた。メイソンリーを制限していた戦中の日本もまた原爆開発に着手していた(日本の原子爆弾開発)。

第二次世界大戦後のロッジ再建[編集]

フリーメイソンのダグラス・マッカーサーと、旧友の吉田茂。吉田はフリーメイソンであると言われている[90]。それだけで吉田がメイソンではないとは言えないが、吉田について記述している(グラバーについても記述している)山石太郎の『楽園を創るフリーメーソン物語』は一部またはそれ以上が虚構である[91]
R・クーデンホーフ=カレルギー伯爵の影響を受け「友愛」を提唱したマスターメイソン鳩山一郎。鳩山はRCK伯爵の反全体主義の人道主義的著書『自由と人生』の翻訳者であり、本書の友愛精神の継承者である。
R・クーデンホーフ=カレルギー伯爵の影響を受け「友愛」を提唱したマスターメイソン鳩山一郎。鳩山はRCK伯爵の反全体主義の人道主義的著書『自由と人生』の翻訳者であり、本書の友愛精神の継承者である。

1945年、日本の敗戦で第二次世界大戦が終わると、1946年よりロッジの再建が始まった。そして、1950年1月5日佐藤尚武(外交官・政治家)、植原悦二郎(政治家)、三島通陽(作家・政治家)、高橋龍太郎(実業家・政治家)、芝均平(ジャーナリスト、元ジャパンタイムズ編集局長)らが、初めての日本における日本人会員となった[92]。この時点で日本のロッジはフィリピン・グランド・ロッジの傘下にあり、フィリピンの対日感情は最悪だった。4月8日フィリピン代表のマウロ・バラディが来日し、「世界平和のために、日本人を兄弟として握手しようと決心し、過去の罪を許してメイソンとして迎えるべく決意した」と演説した。星島二郎はこれに応え、国会にフィリピンに対する謝罪決議を提出し、全会一致で可決させたという[93]。1950年は国会議員5人他、合計7人の日本人が入会した[31]

自身も会員であったダグラス・マッカーサーは、対日政策の一環として、皇族を皮切りに日本の指導者層を入会させ、最後は昭和天皇を入会させる腹づもりであったという(フリーメイソンリーは直接的な勧誘はしないことになっているので、それとなく興味を持たせるようにした)。フリーメイソンリーは、米国にとっては冷戦下の反共の砦としても期待されていた[94]。昭和天皇の入会は実現しなかったが、はるか後年の1995年にも、リチャード・クライプ元グランド・マスターが取材に「日本でも天皇陛下がメンバーだったら、偏見がなくなり、もっともっと簡単にメンバーを集めることができるでしょう。もし、天皇陛下に入っていただければ、私は名誉グランド・マスターにしてさしあげたい(笑)。」[95]と答えており、現在でも天皇の入会を期待しているものと思われる。

1951年に入会した鳩山一郎[96]、入会時の第1階級(エンタード・アプレンティス)を経て[67]1955年に第2階級(フェロークラフト)へ進級[67][97]、さらに第3階級(マスターメイソン)に昇級した[67][98]。彼のマスターメイソン昇級は1955年当時に報道されている[99]。一郎がメイソンリーに入会した理由は、一郎に思想的影響を与えたクーデンホーフ=カレルギー伯爵がメイソンであったからである[100]

スコティッシュ・ライト第32階級のメイソン高崎廣によれば日本でもフリーメイソンの影響がみられるようである[101]日本国憲法第21条集会の自由結社の自由言論の自由とフリーメイソンの理想が並んでいる[34]とする考えもある。フランス革命自由、平等、友愛(自由、平等、博愛)の3つの用語もフリーメイソンの基本的理念である[14]

1957年には会員数が2500人を超え、独立したグランド・ロッジを構えるべきという気運が高まり、3月に東京グランド・ロッジを設立した。初代グランド・マスターは、ベネズエラ外交官カルロス・ロドリゲス=ヒメネスであった[102]。また、主に米軍基地内にフィリピン系ロッジ、黒人系ロッジが別途存在する。これらは日本Grand Lodgeとの直接的な関わりはなく、各ロッジは個別のGrand Lodgeに属している。

組織[編集]

ロンドンのグレート・クイーン・ロードにある「フリーメイソンズ・ホール」。1933年に竣工し、イングランドのグランド・ロッジが入っている。また一般向けの博物館も併設している。

活動内容[編集]

フリーメイソン日本グランド・ロッジの公式ホームページによれば、「会員相互の特性と人格の向上をはかり、よき人々をさらに良くしようとする団体」であるとされているが、具体的な活動内容は非公開である。対外的には学校設営や、慈善団体への資金援助などのチャリティ活動を行っており、日本では5月に子ども祭り、8月にバーベキューが催され、これには会員以外の一般人も参加可能であるという。その他行事として「昼食会」「野外活動」「遠足」「チャリティ・コンサート」などがある[103]。社会福祉として孤児院、ホームレス、レイプ被害者、眼球バンク、火傷した子供、盲導犬等に関わる活動を支援している[69]

会員同士の親睦を深め合うことも活動の一環であり、集会後の食事会も正式な活動である。初期のロッジは、レストランパブ居酒屋宿泊施設が多かった。

特徴[編集]

フリーメイソン特有の握手。フリーメイソンは口外してはいけない秘密の握手がある[104]。秘密の握手は種類がいくつかある[105]

フリーメイソンリーは、原則として国や州を単位とする、グランド・ロッジGrand Lodge(英語版))と呼ばれる本部があるものの、全体を統制する総本部はない。ただし、最初にグランド・ロッジの成立した、イングランドのグランド・ロッジによる認証が本流であるとする認識から、これを「正規派」「正統派」と称し、同グランド・ロッジが認証しないロッジは非正規な存在と見なされることが多い。以下の「#会員数」「#入会条件」も、正規派とされるフリーメイソンリーの例である。

グランド・ロッジはプロビンシャル・グランド・ロッジ(Provincial Grand Lodge)やディストリクトグランドロッジ(District Grand Lodge)と呼ばれる県・地域支部、および直轄に管理されるロッジで構成され、県・地域支部はロッジと呼ばれる支部から構成される。ただし、活動規模の小さい国や地域では、グランドロッジは県・地域支部を置かず、ロッジを直接管理している場合もある。日本においては一般財団法人日本メイスン財団(公益法人制度改革に伴い、厚生労働省所管の公益法人であった財団法人「東京メソニック協会」から2012年4月1日改組)と任意団体「日本グランド・ロッジ」傘下のロッジ群の2形態で構成され、日本メイスン財団所有の建物に日本グランド・ロッジが入居し、各ロッジの福祉関連事業は財団の事業予算で支援されている。また、イングランド系、スコットランド系、フィリピン系、アメリカマサチューセッツ州の系統、アメリカ・ワシントン州のプリンス・ホール系(黒人系)ロッジが日本グランド・ロッジとは別系統で存在する。それらの殆どは在日米軍基地内にある軍事ロッジ(軍人により設営されるロッジ)である。

ロッジは他のロッジから認証されることで、フリーメイソンのネットワークに加入できる。あるロッジの振る舞いがフリーメイソンリーとして不適切であった場合、他のロッジはそのロッジへの認証を取り消すことで排除する。正式名称が Free and Accepted(承認された) Masons であるのはそのためである。

会員は"Brother"(兄弟)と互いに呼びあう。会員は秘密の符牒(ふちょう)や握手法で「兄弟」かどうかを見分け、「兄弟」はいざという時は助け合うことになっている。欧米には有力者の会員も多いため、さまざまな場面で有利に働くことがあるという(人脈が出来る)。ただし、ロッジには外の問題を持ち込まない決まりになっているとされる。また、符牒や握手法は秘密の建前ながら、現実には暴露本などで有名になりすぎたため、欧米ではむやみに使いたがる非会員も少なからず存在する。そのため、実際に会員を見分ける必要がある時は会員証を提示させるか、それができない状況ならば、さらに込み入った質問(test question、検分質問)を行っているという[106]

また、ヨーロッパのフリーメイソンには準会員に相当する存在として、"serving brother"(奉仕する兄弟)が設けられている。これは、初期にレストランなどを利用してロッジの会合を開いていたことに端を発する。店主や給仕などにも守秘義務を課す必要があったため、必要最小限の参入儀礼を執り行い、準会員相当の資格を与えた上で、実務的な内容の誓約を取り交わすことにしたのである。専用のロッジが一般的になると、今度は門外門衛(門番)に有給で「奉仕する兄弟」を雇用する事例が増えた。門外門衛は職務上儀式に参加できないため不人気であり、会員のみでは人手不足になりがちだからである。また、貴族を会員に迎え入れた場合、その従者を徒弟か、あるいは「奉仕する兄弟」にしたり、軍事ロッジで雑務を行う下級兵士を「奉仕する兄弟」にした例もある。アメリカでは準会員の制度は無いが、施設の維持管理などは、信頼の置ける非会員を有給で雇う例が少なくない[107]

会員数[編集]

会員数については上述したが、非公開的な結社である為、異説もあり、日本グランド・ロッジによれば、世界に上述の半数の約300万人とされている。また、2011年に『ウォール・ストリート・ジャーナル』が報じたところによると、2000年代半ばに200万人を切り、現在は140万人になっている[104]。『朝日新聞』に明らかにしたところによれば、日本での会員数は約2000人で、多くは在日米軍関係者。日本人は300人程度という[10]。その為海外からの日本グランド・ロッジに対する認識はいわゆる「軍事ロッジ(または「ミリタリー・ロッジ」)」であるという。日本人における会員第一号は、西周(にし あまね)。米軍関係者は国外への異動も多くその実数は変動する。また、日本国内には、フィリピン系ライジングサン、黒人系プリンスホール等のロッジ、及び会員も別途存在する為、正確な会員数は不明。日本のロッジでは英語と日本語、またはそのいずれか一方が使用されている[108]

入会条件[編集]

1800年頃の入会儀式の一部。

入会資格として何らかの真摯(しんし)な信仰を要求しており、ユダヤ教キリスト教イスラム教(以上アブラハムの宗教)の信徒はもちろん、仏教[109]などであっても入会できる。無神論者は入会できない(例えば日本のあるロッジではそのようである[33]。しかしながらメキシコの大統領プルタルコ・エリアス・カリェスのように無神論者で共産主義者のフリーメイソン[65]もいるようである。#フランス大東社とフランスでの動向も参照。)。たとえ信仰する宗教があったとしても、社会的地位の確立していない宗教(例として新宗教各派)である場合は入会できない。ただし、特定の宗教を信仰していなくても、神(あるいはそれに類する創造者)の存在を信じるものであれば、入会資格はある[33]。これらの信仰を総称して、「至高の存在への尊崇と信仰」と呼ぶ。

マスターメイソンの子息のための"Loweton"の儀式。

そのほかの入会資格として、成年男子[33]、世間での評判が良く、高い道徳的品性の持ち主であり、健全な心に恵まれ、定職と一定の収入があり[33]、家族がいるならばきちんと養っていること[33](独身者も入会できる[110])、身体障害者でないことが求められる。ただし、二度の世界大戦で傷痍軍人が激増し、社会活動する身体障害者は珍しくなくなった。そのため、現在は身体障害者排除の規定は廃止されていないが、ロッジの裁量で入会を認めることができるようになっている[111]国立ロッジNo. 3の入会条件からも、各国・各ロッジごとに差異があることが伺われる[33]

ロッジ会員の投票で全会一致の承認を得た上で、さらに身辺調査を行い最終的に決定する。また、入会時には4万円から6万円程度の一時金が必要である。この他、年会費として6千円前後。アメリカでは、入会金450ドル、年会費300ドル[104]。そしていざ入会する際には儀式の暗記と宣誓の暗唱が求められる。そのため事前にコーチが付いてレクチャーも行われる(なお、階級昇進においても儀式の暗記と宣誓の暗唱が求められる)。入会を拒否された場合でも、一定期間を置いて再申請は可能。 儀式の中にはソロモン神殿の築家棟梁ヒラム・アビフの伝承等をメイソンの理念に絡めた演劇を行うものが存在する。

日本グランド・ロッジでは、月に1度無料説明会を行っている[112]。1970年代には会員数が5000人規模[31]に達したが、その後減り続け、2000人規模まで落ち込んだ。2006年、『ダ・ヴィンチ・コード』が映画化され、これを観た入会志望者が増加。無料説明会を開くようになった。しかし、2008年に広報担当の渡辺一弘北村安忠が朝日新聞の取材に応じた際の渡辺の説明によると、「人脈作りを期待したり、秘密結社という想像を膨らませたりして入って、期待と違うとやめていく人が多い」ということであった[10]

アメリカでは、会員数減少に歯止めを掛けるため、説明会の広告を出し、集団儀式を主催して数百人単位での新規入会を行うようになった。しかし、クリストファー・ホダップによると、「高齢団員による絶望的なグループ」、「請求書の支払いやまずい食事、誰がユニフォームにアイロンをかけるか、といったことに関する長時間の会議」などを目の当たりにして、新人の多くは2度と姿を見せなかった。ただし、こうした努力の結果、会員数減少に歯止めは掛かっているという[104]

また、メイソンの食事会・集会・ロッジにおける政治活動も禁じられており、宗教や政治問題を持ち込んではならないとしている(中立性を保つこと、差別の排除、全人類の兄弟愛の実現等のため)[33]

自分が会員であることを隠す必要はなく、会員であることを公言している人もいる。ただし、自分以外の会員について、その者が存命中に会員であることを公表することは禁じられている。入会勧誘は内規で禁じており、公募はしていない(実際には、前出のように無料説明会も開いているのだが、直接の勧誘はしない建前)。入会には2人の推薦者(保証人)が必要とされる。推薦者となる2人のフリーメイソンの友人・知人がいない者は、ロッジを訪問し、多くの会員たちと交流する中で推薦人を見つけることもできるようである[33]。入会の前に多数のメイソンリー会員と知り合うことは重要なことのようである[113]

外部の取材については、かつては厳しく制限していたが、近年は「フリーメイソンズ・ホール」に「The Library and Museum of Freemasonry」を併設して、蔵書を閲覧できるようにしたり所蔵品を紹介するツアーを実施している。また定期的にグランドマスターの就任式を公開したり、テレビカメラの前で会員が儀式劇を再現するなど少しずつ情報公開に方向転換している[95][104]。ちなみに、日本グランド・ロッジの儀式見学を許された初めての取材者は赤間剛である[114]。これはあくまで外部取材についての話で、ジャーナリストの会員はこれ以前から少なからず存在する。

女性は入会することができないが、外郭団体として第3階級マスター・メイソン(親方。#階級参照)の妻、母、姉妹だけが入会できるイースタン・スター(東方の星の結社)(The International Order of Easten Star)が存在する。こうした外郭団体は、女性を対象とするものでも会員(もちろん男性)がお目付役兼サポーターとして付けられている[115]。また、一部のロッジでは、女性のフリーメイソンリー会員を認めているところもあるが(例えばGrande Loge féminine de FranceGrande Loge mixte de France)、多くのロッジでは伝統などを理由にこれを認めておらず、排除している。ちなみに女性会員の場合でも呼び方は「シスター」ではなく「ブラザー」である。

子供から入会できる外郭団体としては、男子はディモレー結社(デモレー)、女子は国際ヨブの娘たち少女のための虹の国際結社(虹の少女たち)などがあり、ボーイスカウトガールスカウトに類似する活動を行っている。ディモレー結社や虹の少女たちは、親が非会員でも入会できる[116]

日本のロッジ[編集]

日本グランドロッジ管轄のロッジ一覧[編集]

東京タワー手前左下にある屋上が緑色の地上12階建ての建物はメソニック38MTビル、その手前にある同じく地上12階建ての建物がメソニック39MTビル。日本グランドロッジ、他4つのロッジ、またさらに日本メイスン財団(旧・東京メソニック協会)の住所となっている[117][118][119]低層の東京メソニックビルディング(東京メソニックセンター)はメソニック38MTビルとメソニック39MTビル左の街路樹の所にある。

現在、日本グランド・ロッジがある「東京メソニックビル」(masonic=メイソンの)は、戦前は日本海軍士官の親睦団体である水交社海軍省外郭団体)の本部ビルであった。しかし終戦後のGHQの解散命令により水交社は解散し、本部は空きビルとなり、その空きビルを米軍関係者がサロンとして使用し始めた。そこからフリーメイソンのロッジとして使用されるようになり、会員であるマッカーサーの尽力などにより、このビルに日本グランド・ロッジが創設された。後に復活した水交社から返還を要求する訴訟が起こされたが和解が成立し現在に至っている。現在は建て替えられたが、一室には水交社の応接室が再現されている。ちなみにこのビルは東京タワーの側にあることでも有名であり、それにまつわる陰謀論も存在する。また、東京メソニック協会はこの周辺にいくつかのビルを所有している。日本グランドロッジは世間において時として「フリーメイソン日本支部」「フリーメイソン日本本部」等の表現が用いられている。

メソニック38MTビル(1981年7月竣工)とメソニック39MTビル(1983年4月竣工)は森トラストのオフィス物件であり[120][121]、日本メイスン財団のウェブサイトにメソニックMTビルが沿革として紹介されている[122]。メソニック38MTビルにはかつてイトーヨーカ堂グループ本社や富士通エフサスが入っていた。メソニック39MTビルにはウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナル・ジャパンが入り、ビル下層階の窓に「Disney channel」のロゴやミッキーマウスが描かれている(ウォルト・ディズニーデモレーインターナショナル DeMolay International のメンバーであったもののメイソンではなかったようである[123])。

東京都国立市のスクエア・アンド・コンパス・ロッジ(国立ロッジ)No.3の所在地はJR国立駅の南にある「国立メソニックセンター」(Kunitachi Masonic Center)である。当該ロッジ内部では「フリーメイスン国立支部」とも呼称されているようである[124]

京都では2012年に[125]新たなロッジ「京都御門ロッジNo.23」(Kyoto Mikado Lodge No.23)が開設される以前には、京都市東山区夷町(えびすちょう)三条通沿道に日本グランドロッジ管轄の「京都メソニック・ロッジNo. 5」(Kyoto Masonic Lodge No.5)がある[126][127][128]。京都メソニック・ロッジNo.5は2011年の日本グランドロッジ管轄ロッジのリストから除外されている[129]

マスターメイソンになると日本国内でも外郭団体スコティッシュ・ライトに参加できる[33]


下表は2013年現在の現行のロッジの一覧。

日本グランドロッジ管轄のロッジ一覧[130][129]
場所 名称 ロッジNo. (#) ウェブサイト
青森県三沢市 青森ロッジ
Aomori Lodge
10 http://aomori10-freemasons.org (旧サイトのアーカイブ)
東京都港区 日本グランド・ロッジ
Grand Lodge of Japan
http://www.grandlodgeofjapan.org
東京都港区 東京メソニック・ロッジ
Tokyo Masonic Lodge
2
東京都港区 東京友愛ロッジ
Tokyo Yuai Lodge
11
東京都港区 デモレーランド・ロッジ
DeMolay-Land Lodge
22
東京都港区 日本リサーチ・ロッジ
Research Lodge of Japan
東京都国立市 スクエア・アンド・コンパス・ロッジ (国立ロッジ)
Square and Compass Lodge (Kunitachi Lodge)
3 http://number-3.net/jp/index.html
東京都福生市 国際ロッジ
Kokusai Lodge
15 http://www.kokusailodge.yolasite.com
神奈川県横浜市 ファーイースト・ロッジ
Far East Lodge
1 http://www2.gol.com/users/lodge1/index-j.html
神奈川県横須賀市 横須賀ロッジ
Yokosuka Lodge
20 http://www.yokosukalodge20.com
神奈川県相模原市 相模原メソニック・ロッジ
Sagamihara Masonic Lodge
13
愛知県名古屋市 鳥居メソニック・ロッジ
Torii Masonic Lodge
6
京都府 京都御門ロッジ
Kyoto Mikado Lodge
23 http://kyotomikado.minibird.jp/index.html
山口県岩国市 錦帯ロッジ
Kintai Lodge
16 http://iwakunimastermason.com
福岡県 卑弥呼ロッジ
Himiko Lodge
24 http://himikolodge24.webs.com
長崎県佐世保市 日本ロッジ
Nippon Lodge
9 http://nipponlodge9.synthasite.com
沖縄県中頭郡 帝国ロッジ
Teikoku Lodge
19 http://www.teikoku19.com

その他の管轄ロッジ一覧[編集]

日本グランドロッジ以外のグランドロッジの管轄で2013年現在の現行のロッジの一覧。


日本で女性・男性の混成ロッジは、2008年にフランス系の国際的な女性・男性混成のフリーメイソンリー団体「人権」(Le Droit Humain International; ル・ドロワ・ユマン・アンターナショナル)の支援により東京に設立されたロッジ「日の出」(Soleil Levant; ソレイユ・ルヴァン)である。

その他の管轄ロッジ一覧[131]
管轄グランドロッジ 場所 名称 ロッジNo. (#) ウェブサイト
フィリピン
Grand Lodge of the Philippines
神奈川県キャンプ座間 ライジングサン・ロッジ
Rising Sun Lodge
151 http://www.risingsunlodge151.com/1.html
沖縄県中頭郡 沖縄ロッジ
Okinawa Lodge
118
イングランド
United Grand Lodge of England (UGLE)
兵庫県神戸市 ライジングサン・ロッジ
Rising Sun Lodge
1401
スコットランド
Grand Lodge of Scotland
神奈川県横浜市 ロッジ・スター・イン・ザ・イースト
Lodge Star in the East
640 http://www2.gol.com/users/lodge640
兵庫県神戸市 ロッジ兵庫アンド大阪
Lodge Hiogo and Osaka
498 http://www.skirret.com/kobe/hiogo
マサチューセッツ
Grand Lodge of Massachusetts
東京都港区 シニム・ロッジ
Sinim Lodge
プリンスホール・ワシントン・ アンド・ジュリスディクション ディストリクトNo. 6[132]
Prince Hall Washington and Jurisdiction District No. 6
青森県三沢飛行場 オミサワ・ロッジ
O'Misawa Lodge
54 http://omisawa54.org
東京都横田飛行場 チェリーブラッサム・ロッジ
Cherry Blossom Lodge
42
神奈川県キャンプ座間 プライド・オブ・ジ・オリエント・ロッジ
Pride of the Orient Lodge
55 http://prideoftheorientlodge55.webs.com
神奈川県横須賀海軍施設 リベレーション・ロッジ
Revelation Lodge
97
神奈川県厚木海軍飛行場 トーション・ロッジ
Touchon Lodge
106
山口県岩国飛行場 ジェネシス・ロッジ
Genesis Lodge
89 http://genesislodge89.org
長崎県佐世保[133] 友達ロッジ(準備中)
Tomodachi Lodge
人権インターナショナル
Droit Humain International (DHI)
東京都 ソレイユ・ルヴァン
Soleil Levant
http://fm-fr.jp
グラン・オリアン・アラベ・エキュメニック[134]
Grand Orient Arabe Œcuménique (GOAO)
岐阜県岐阜市[135][136] ロゲ・ラ・ルミエール・ドゥ・ソレイユ・ルヴァン
Loge La Lumière du Soleil Levant (Respectable Loge de Recherche)

日本グランドロッジの歴代グランドマスター[編集]

日本グランドロッジの歴代グランドマスター(Past Grand Masters; PGM)の一覧。

  • 1957年: Carlos Rodriguez-Jimenez[30][137]カルロス・ロドリゲス=ヒメネス): ベネズエラの外交官。
  • 1958年: Carlos Rodriguez-Jimenez[30][137](カルロス・ロドリゲス=ヒメネス)
  • 1959年: Horiuchi, Sadaichi[30][137]堀内貞一、ホリウチ サダイチ)
  • 1960年: Togasaki, Kiyoshi[30][137]東ヶ崎潔、トガサキ キヨシ)
  • 1961年: Carl T. Nakamura[30][137](カール・T・ナカムラ)
  • 1962年: Nohea O. A. Peck[30][137](ノヘア・O・A・ペック)
  • 1963年: George B. Morgulis[30][137](ジョージ・B・モーギュリス)
  • 1964年: George H. Booth[30][137](ジョージ・H・ブース)
  • 1965年: Saburo L. Kitamura[30][137](サブロウ・L・キタムラ)
  • 1966年: Norman Cohen[30][137](ノーマン・コーエン)
  • 1967年: Matsumoto, Masaji[30][137](マツモト マサジ)
  • 1968年: Chester O. Neilsen[30][137](チェスター・O・ニールセン)
  • 1969年: Floyd J. Robertson[30][137](フロイド・J・ロバートソン)
  • 1970年: Yamada, Yoshio[30][137](ヤマダ ヨシオ)
  • 1971年: Floren L. Quick[30][137](フローレン・L・クイック)
  • 1972年: Frederick S. Kashiwagi[30][137](フレデリック・S・カシワギ)
  • 1973年: Charles P. Weatherman[30][137](チャールズ・P・ウェザーマン)
  • 1974年: Yamada, Tsune[30][137](ヤマダ ツネ)
  • 1975年: Leo N. Parlavecchio[30][137](レオ・N・パーラヴェッキオ)
  • 1976年: Nishiyama, Shigeru[30][137](ニシヤマ シゲル)
  • 1977年: Roy Baker[30][137](ロイ・ベイカー)
  • 1978年: Ronald E. Napier[30][137](ロナルド・ネピア)
  • 1979年: Howard M. Voss, Jr.[30][137](ハワード・M・ヴォスJr.)
  • 1980年: Kitamura, Yasutada[30][137](北村安忠、キタムラ ヤスタダ)
  • 1981年: Takano, Kiyoshi[30][137](タカノ キヨシ)
  • 1982年: Ohnishi, Hayao[30][137](オオニシ ハヤオ)
  • 1983年: James L. Johnston[30][137][138][139][140][141](ジェームズ・L・ジョンストン)
  • 1984年: Paul E. Newman[30][137](ポール・E・ニューマン)
  • 1985年: Carl L. Potts[30][137](カール・N・ポッツ)
  • 1986年: Chester L. Ditto[30][137](チェスター・L・ディット)
  • 1987年: Chester L. Ditto[30][137](チェスター・L・ディット)
  • 1988年: Fujino, Toshio[30][137](フジノ トシオ)
  • 1989年: Kobayashi, Hideo[30][137](コバヤシ ヒデオ)
  • 1990年: Washizu, Yoshio[30][137][142](ワシズ ヨシオ)
  • 1991年: Kobayashi, Hideo[30][137](コバヤシ ヒデオ)
  • 1992年: Richard A. Cripe, Jr.[30][137]リチャード・A・クライプJr.): 別冊宝島233『陰謀がいっぱい!』(宝島社、1995年)の取材に応じた。
  • 1993年: R. David Pogue, Sr.[30][137](R・デイヴィッド・ポーグSr.)
  • 1994年: Allen L. Robinson[30][137](アレン・L・ロビンソン)
  • 1995年: Yamaya, Akira[30][137]山屋明、ヤマヤ アキラ): 『日本のフリーメイスン』(あさま童風社、1996年4月)の著者。
  • 1996年: William D. Patterson[30][137](ウィリアム・D・パターソン)
  • 1997年: Iwahama, Kazutoshi[30][137](イワハマ カズトシ): 2006年11月11日にメイソンリーから追放された[137]
  • 1998年: William M. Heath[30][137](ウィリアム・M・ヒース)
  • 1999年: Frederic R. Collins[30][137](フレデリック・R・コリンズ)
  • 2000年: Watanabe, Kazuhiro[30][137](渡辺一弘、ワタナベ カズヒロ)
  • 2001年: Inae, Eiichi[30][137](イナエ エイイチ)
  • 2002年: Philip A. Ambrose[30][137]フィリップ・A・アンブローズ): 2011年に朝日新聞による日本グランドロッジの取材に応じた[31]
  • 2003年: Jack C. Miller[30][137](ジャック・C・ミラー)
  • 2004年: Katagiri, Saburo[30][137][143]片桐三郎、カタギリ サブロウ): 『入門 フリーメイスン全史――偏見と真実――』(アムアソシエイツ、2006年11月)の著者。
  • 2005年: Robert D. Target[30][137](ロバート・D・ターゲット)
  • 2006年: Ishii, Mitsuru[30][137](イシイ ミツル)
  • 2007年: Joedie J. Poole[30][137](ジョディ・J・ポール)
  • 2008年: Michael D. Setzer[30][137](マイケル・D・セッツァー)
  • 2009年: Robert H. Koole[30][137](ロバート・H・クール)
  • 2010年: Washikita, Akira[30](ワシキタ アキラ)
  • 2011年: Donald K. Smith[29][30](ドナルド・K・スミス)
  • 2012年: Mabuchi, Kazufumi[144](マブチ カズフミ)
  • 2013年: Shimokawa, Yoshiharu[145](シモカワ ヨシハル)

「非正規」なロッジについて[編集]

イングランドのロッジが認証していない「非正規」ロッジと、フリーメイソン以外の秘密結社の区別は、しばしばあいまいである。

フランス大東社とフランスでの動向[編集]

双頭の鷲。「フランス大東社におけるスコティッシュ・ライトの最高評議会の第33階級と最終階級の最も偉大な監察官」の装飾品。

「非正規」派のグランド・ロッジとして有力なのは、フランスの「フランス大東社」(GODF)である。ただし、当初は英米系と相互承認関係にあった。同ロッジは従来のフランス・グランド・ロッジから独立した勢力を統合し、1773年10月22日発足した。仏大東社は、英米系のロッジと違い、組織として政治活動に加わる者も少なくなかった(フランス革命では、フリーメイソン思想のかかわりが指摘される反面、関係者が多数処刑されている。また、ロッジとしてはむしろアンシャン・レジームの立場で、革命は彼等の予想外の出来事だったとする研究もある[146]。従って、政治活動に加わっていても、組織だって革命に与したかどうかは議論がある)。

フランスでフリーメイソンリーが政治的影響を強めるのは19世紀後半、第三共和制期に入ってからである。政治活動を禁じた「正規派」と異なり、仏大東社は圧力団体としても機能した。

1877年9月13日、仏大東社は憲章を改訂して「至高の存在への尊崇と信仰」の義務規定を撤廃し、「良心の自由と人間性の確立」を新たな基本理念と定めた。これを基本理念の逸脱と見なした英系ロッジは、仏大東社の認証を取り消した。ただし、「正規派」メイソンの片桐三郎によれば、1867年、仏大東社がアメリカ・ルイジアナ州に設立したスコティッシュ・ライト評議会(上位階級授与のための組織、後述)が、同州のグランド・ロッジに管轄権を要求したため、米国系ロッジはこれを不服とするルイジアナ州のグランド・ロッジの要請に基づき、仏大東社の認証を取り消した事件があった。片桐によれば、英米系との対立はこの事件がきっかけであり、憲章改訂はだめ押しに過ぎなかったとしている[147]。その結果、仏大東社は「無神論者」のレッテルを貼られたが、これは信仰の自由・信仰しない自由を共に認めたものであり、信仰そのものの否定ではない。さらに、その後共産主義者の入会も認め、Arthur Groussierフレッド・ツェラーなどグランドマスターになった者もいる。

また、フランスのロッジに女性会員(仏大東社自体は認めていない[148])やアフリカ系黒人系)会員を認めたことも、「正規派」による非難の理由とされた。すなわち、当時の「正規派」が人種差別思想を多分に持っていたことを意味する。

現在でも、フランスでは仏大東社系のフリーメイソンリーが最大勢力である[149]。政治的には、19世紀末から20世紀初めに、カトリックとの対立の所産でもある政教分離推進に強い影響力を持った。そのため、1904年にはフランスはローマ教皇庁との国交断絶に至った(現在は国交回復)。その後影響力を低下させたが、1936年の総選挙で人民戦線が勝利した背景にも、仏大東社の仲介があったという。戦後も、民族自決の立場からフランス植民地だったアルジェリア独立を支持するなど、仏大東社は政治的発言を行っている(特定の支持政党はないが、おおむね社会党に近いとされる)。

仏大東社は、ベルギー大東社などとCLIPSAS英語版を設立している。「正規派」に比べて少数ではあるが、欧州や中南米を中心に約8万人がこれに属しているという。なお、「大東社」を名乗っているロッジがすべて仏大東社系ではない。「正規派」で大東社を称するロッジも多いのである。

プリンス・ホール(黒人ロッジ)[編集]

過去に「非正規」派として知られていたのが、アメリカの黒人メーソン、プリンス・ホール(Prince Hall)によるグランド・ロッジ、「アフリカ・ロッジ」である。1784年9月20日ボストンで設立された。こちらも1787年に一度イングランドのグランド・ロッジから承認を受けていた。しかし、活動が休眠状態となり、納付金滞納を理由に1813年に認証を取り消された。
1827年、活動を再開し納付金支払いを英グランド・ロッジに願い出たが、英側はこれを無視した。やむなく、同年6月28日、独自のグランド・ロッジ設立を宣言。仏大東社との大きな違いは、黒人によるロッジは、従来の英米系ロッジと全く変わることのない憲章を奉じていたことである。そのため、最初の納付金滞納はともかく、その後支払いを願い出ても相手にせず、英米系ロッジが黒人のグランド・ロッジを無視し続けたことは、英米系ロッジによる人種差別思想の表れといえた。

黒人によるロッジは独自に勢力を拡大し、米国とカナダを中心に、日本にもロッジを設けている。「正規派」が黒人によるロッジを再承認するようになったのは、1980年代も後半になってからである。1994年には、イングランド・グランド・ロッジとの相互承認を回復した[151]

フリーメイソンリーに対する批判[編集]

反メイソンリー(あるいは反メーソンリーと呼ばれる者達)は、「フリーメイソンに対する対抗勢力(opposition to Freemasonry)」と定義されてきた。[155][156] しかしながら、こうした反メーソンの性向は必ずしも共通しているわけではない。反メイソンリーは、多様なメイソンに敵対的な集団による、幅広い様々な批判から成っており、多くの暴露や告発が、18世紀以来行われてきた。1826年以来起きた「モーガン批判」のような政治的な反駁は、一定期間にわたる反メーソン運動を生みだし、それは未だに使われることがある。[157]

宗教的見地での批判[編集]

フリーメイソンリーは宗教に挑戦する信条を形成するとされることがあり、あるいはそれ自体が異端団体であり批判を招くこともある。[158]

キリスト教とフリーメイソンリー[編集]

多様な宗派の構成員達が批判説を唱えるが、とりわけクリスチャンの宗派はメーソンに対し高姿勢で接し、信者達に会員になることを禁止したり反対したりしてきた。

カトリック教会[編集]

フリーメイソンリー批判において、最も歴史の長い宗派は、ローマ・カトリック教会である。教会の教理に真っ向から矛盾する自然主義的な理神論を唱えていることから、カトリック教会によるメイソン批判がなされてきた。[159]こうして、数名の教皇達の回勅が、フリーメイソンリーに反対して発布された。その最初のものは、教皇はクレメンス12世1738年4月28日の回勅であり、最後のものはレオ13世1890年10月15日の使徒的書簡である[160]1917年発布の教会法は、特にフリーメイソンリーに入会する者は必然的に破門になると明白に謳っている。また、同年の教会法ではメイソン的と思われる書籍が禁止されている。 1983年になると、教会は新しい教会法を発布した。それは、前の教会法のように、メイソンの団体を秘密結社であると名指しでは批判をしていないが、以下のように記している。 「反教会的な陰謀を持つ結社に参加する者は、即座に処罰を被る。そのような結社を助長したり、入会したりする者は、聖務禁止の罰を被る。」 ここでメイソンという表記がなくなっていることから、第二バチカン公会議によりリベラル化した教会においては、カトリック信者のメイソンリーへの参加禁止の態度が変化したのではないか、という考えを、カトリックの側でもまたメイソンの側でも引き起こすことになる。[161] しかしながら、ヨーゼフ・ラッツィンガー(後のベネディクト16世)は、枢機卿在任時に教理省長官として、メイソンの組織に対して公に以下のように宣言している。

「メイソン組織に対する教会の否定的な判決は、彼らが教会とは相容れない教義を持つようになって以来、変わることなく残っている。それゆえ、そこに参加する者達は、除外された状態であり続ける。メイソン組織に登録される信者は、大罪の状態にあり、聖体拝領に与ってはいけない。」

それゆえカトリックの考え方によると、メイソンのロッジへの参加はいまだに破門に該当する行為であり続けるということになる。一方、フリーメイソンリーはカトリックとの友好関係の構築に反対しているわけではない。英連邦グランドロッジとそれに連なるロッジ群は、教会の主張を否定して「フリーメイソンは宗教ではなく、宗教の代理でもない」としている。[162]

プロテスタント[編集]

カトリックの訴えとは対照的に、プロテスタントの側からの批判は、フリーメーソンが神秘主義オカルト主義、悪魔主義であるとする見地に根ざしているようである。[163]たとえば、メイソンの学者アルバート・パイクは、しばしばプロテスタントによって、メイソンの権威的な立場にいる者として扱われる[164]。しかし、パイクは博識ではあるが、公的な情報だけに依拠するなら、議論の対象になっているようなフリーメーソンリーのスポークスマンではなく、さらにはこうした批判は、19世紀の合衆国で孤立していた南部のフリーメーソンリーに対する姿勢と無理解に基づいているとフリーメーソンリーによって主張されている。[165] 自由メソジスト教会の創始者であるB.T.ロバーツは、フリーメイソンリーに対する19世紀中盤における反対者であった。ロバーツは道徳的見地から、この組織に反対し、言及している。 「ロッジの神は、聖書の神にあらず」 ロバーツはフリーメイソンリーを神秘主義か代替宗教(宗教にとってかわろうとするもの)とし、自分の教会において、フリーメイソンの大臣を支持することがないよう推奨した。秘密結社からの自由は、自由メソジスト教会の「自由」の由来の一つでもあった。[166]

聖公会[編集]

フリーメイソンリーの創始以来、多くの英国国教会主教は、メイソンになってしまい、大主教ジオフリー・フィッシャーもそのような一人であった[167]。過去において、英国国教会では国教会の教えとメイソンの実践に矛盾が生まれるとする者は少数だった。しかしながら過去何十年かにおいては、特に教会の福音的勝利のために、国教会でフリーメイソンリーに対する議論が話題に上ることもあった。現カンタベリー大主教であるローワン・ウィリアムズ博士は、メイソンの儀式に対するいくつかの懸念を持っていることを明らかにし、一方で国教会での内や外でのメイソンの犯罪行為を耐え難いとしている。一方で、2003年には、英国のメイソンリーに対して、自身がモンマス主教であった時に、キリスト教とメイソンの信条は相容れないとし、自分の管区内における上級職へのメイソンの任用を妨げたことについて、謝罪の必要性を感じているという。[168]

正教会[編集]

1933年ギリシャ正教会は、フリーメイソンであることは背教行為の構成要件となると声明し、したがってそのような者は、痛悔し、メイソンリーを抜けるまで領聖できないとした。これは正教会の終始不変の見解とされている。フリーメイソンリーに対する正教会の論評は、「フリーメイソンリーはそれが神秘主義や秘密主義、あるいは理神論を信奉する秘密結社である限りにおいて、キリスト教とあらゆる点において、共存することができない。」とするカトリック教会プロテスタントの従来の主張を支持している[169]。正規のフリーメイソンリーは、伝統としてこれらの主張に対して、しばしば英連邦グランドロッジに連なるロッジ群の「メイソンは宗教でなく、宗教に代わるものでもない」とする以上の反論はしていない[170]。近年では、しかしながら、こうした姿勢は変化しつつあり、多くのメイソンのウェブサイトや出版物が、これらの批判に反論している。

イスラム教とフリーメイソンリー[編集]

一部にメイソンをメシア僭称者とする批判もあるものの、多くのイスラム教徒の反メイソン議論は、反ユダヤ主義や反シオニズムとリンクしている。[171][172] 反メイソンのムスリムによると、メイソンは、全世界のユダヤ人の利益を促進し、エルサレムに黄金のドームを破壊してのソロモン神殿の再建を推し進めるものである。[173] また、ハマースによる1988年の抵抗運動の定義第28章の記述によると、メイソンやロータリークラブやライオンズクラブその他の謀略グループは、シオニズムの利益を図り、その指示に従っている[174]。 イスラム教徒が多数を占めている多くの国々では、管区を伴ってのメイソンリー設立は許されていないが、トルコモロッコのような国では、グランドロッジが設置されており[175]マレーシア[176]レバノン[177]のような国では、他国のグランドロッジ傘下の支部グランドロッジが存在する。

パキスタンにおいては、1972年に当時の首相ブットーがフリーメイソンリーを追放し、そのすべての印刷物を差し押さえている[178]イラクは、第一次大戦後、英国の委任信託統治領となり、その前後には英連邦メーソン(UGLE)も進出したが、1958年のイラク革命によって、関係は逆転し、立憲君主制は廃止され、アブドルカリーム・カーシムによって、共和政が宣言された。そして、ロッジにおける会合の許可証は廃止され、その後の法律ではさらに進んで、あらゆる形での会合の禁止が導入された。 その姿勢は、その後サッダーム・フセインの下で強化され、「フリーメイソンリーを含むシオニストの方針を推進する者や、シオニスト組織に関係する者」は誰であれ死刑が定められた。[179](ただし、ブットはその後クーデターで、フセインも米軍のイラクの自由作戦で共に拘束され、処刑されている。)

政治的見地からの批判[編集]

ロベルト・カルヴィ。

英連邦系(UGLE)のフリーメイソンリーは会員の政治及び宗教に関する議論を禁じているが、有力者が会員として存在し、また世界的な組織である以上、国際政治に無縁な組織として活動を続けることは難しいという意見もある。たとえば1981年には、すでにフリーメイソンのロッジとしての承認を取り消されていたイタリアのロッジ「P2」が、承認取り消し後にも元会長で極右政党幹部のリーチオ・ジェッリや、アンブロシアーノ銀行頭取ロベルト・カルヴィらの元メンバーがその後も「P2」として活動し、イタリア共産党を除く政財界やマフィアバチカンとの間を結び付けていた。そして、国際的に反共勢力の援助を行い、さらに国内ではクーデターを企図したことが明るみに出た事件があった(P2事件)。その結果、P2の関係者で、他のロッジのメンバーとなっていた者はフリーメイソンリーを追放された。

このように、有力者が会員として存在している以上、フリーメイソンの理念に反した形で、個々のロッジの次元を超えて政治的、社会的活動や陰謀を行うものの存在がないとはいえない。

過去には、第一次世界大戦中に「イングランド・グランド・ロッジ」は、敵国となったドイツ、オーストリアハンガリートルコ(オスマン帝国)出身者の会員すべてを追放し、戦後もしばらく解除されなかったことがあった。戦後、フランスとドイツのフリーメイソンリーが両者の親善を協議したものの、戦争犯罪については意見が折り合わなかった。このように、フランス系は元より、政治と距離を置く正規派(英米系)においても、政治の影響は避けられなかった。

起源[編集]

  1. 中世イギリスの石工職人のロッジ
    1360年イギリスウィンザー宮殿の建造の際に徴用された568人の石工職人達が、数百年に渡るゴシック建築のプロジェクトを遂行しようとしたときに自分たちの権利・技術・知識が他の職人に渡らないようにロッジで暗号を使用したのが始まりとされる。成立の時期は諸説あるが、石工組合説が現在の通説である。なお、ロッジとギルドはしばしば混同されるが、厳密には別のものである。ギルドは自治都市を基盤としていたため、よそ者に排他的だった。しかし、石工は工事の状況に応じて雇用する必要があり、工事現場を渡り歩く職人も珍しくなかった。そのため、古くからロッジ間の交流があり、また他所のロッジに出向く時に同業者を見分ける手段として、暗号や符牒が発達したのである。もっとも、中にはギルドとロッジが同居している場合もあった。また、ロッジという形態を生んだのはスコットランド・イングランド・アイルランドだけで、さらに現在のフリーメイソンリーに発展したのは、直接的にはほぼスコットランドのみとされている。他の地方では、最後まで文字通りの石工のギルドとして存在した。
  2. テンプル騎士団説
    1118年、聖地エルサレムへの巡礼者の保護を目的としてフランスで結成されたテンプル騎士団の生き残りが建てた組織と言われている。元々の設立メンバーは9人の騎士だが、貿易や金融業で莫大な富と権力を有し、巨大組織となった。しかし14世紀、当時のフランス王フィリップ4世の奸計(かんけい)により壊滅状態に追い込まれ、スコットランドに逃げ延びた騎士たちがその地で新たに作った組織がフリーメイソンリーになったという説もある。スコティッシュ・ライトによる位階が広く用いられているのはそのためであるとされる。
  3. ソロモン神殿建築家説
        ヒラム#フリーメイソンのヒラム伝説」も参照
    ソロモン神殿の建築家を起源とする説はフリーメイソンリーの自称である。ソロモン神殿建築の際の建築家棟梁ヒラム・アビフが建築家集団を「親方」「職人」「徒弟」からなる集団に分け、それぞれに秘密の合言葉や符牒を定めて仕事に当たらせた。
  4. 近代設立説
    起源がどこにあるにせよ、現代のフリーメイソンリーの発足を1717年6月24日ロンドン、グランド・ロッジ(Premier Grand Lodge of England)の結成とする説。これはこのロッジの結成を転機としてフリーメイソンリー自体の性格が大きく変貌を遂げるからである。そして1723年ジェームズ・アンダーソンにより「フリーメイソン憲章」が制定された。
  5. ピラミッド建設の際の石工集団説
    古代エジプト文明の象徴であるピラミッドを建造したとする説。それは「ピラミッドとは石を切り出して作られた巨大建造物である。紀元前においてあれほどの建造物を作るには熟練した石工の技術が必要となるがフリーメイソンが打ってつけだったのではないか」とするものだ。フリーメイソンのシンボルとして使われているプロビデンスの目を始め、ピラミッドのモチーフがフリーメイソンのシンボルとして使われていることだろう。また「ナイル・ロッジ」や「ピラミッド・ロッジ」などエジプトに関係する名前が使われており、かつて日本には「スフィンクス・ロッジ」があった様に、現在でも一部で古代エジプト文明が信仰されている。またエジプトのスフィンクス前にはケンタッキーフライドチキン社のケンタッキースフィンクス前店というフランチャイズ店が建っている。これは創業者カーネル・サンダースがメイソンであり[180]、その関係でフィンクスとピラミッドの前に建っているという。

階級[編集]

第3階級の儀式。18世紀。
米国のメイソンの証明書。名前、階級履歴等の記入欄がある。メイソンリーに「入会」して第1階級のメイソンになることを「initiated」、第2階級への「進級」を「passed」、第3階級への「昇級」を「raised」と言っている。各々の英語に対応した「入会」、「進級」、「昇級」という日本語は日本グランドロッジによる区分けである[181][182]
フリーメイソンリーの階級
階級 名称 和訳名称[183] 区分1 区分2
1 Entered Apprentice 徒弟 Blue Lodge
(ブルー・ロッジ、青ロッジ)
2 Fellow Craft 職人
3 Master Mason 親方

フリーメイソンリーの階級はこれだけである。ただし、実務的メイソンリーの組織では「徒弟」(エンタードアプレンティス)、「職人」(フェロークラフト)の2階級のみで、親方(マスターメイソン)は職人の代表者という位置付けであり、階級ではなかった。また、徒弟のさらに下に、ロッジに加入していない下働きの石工も存在した。親方が階級として分化したのは18世紀に入ってから、思索的メイソンリーによるものである。1717年のグランド・ロッジの成立から、遅くとも1730年には導入され、次第に定着していった[184]。これは、他の職業のギルドが、早くから3階級に分かれていた影響もあったといわれる。

実務的メイソンリーでは、徒弟から職人への進級は最低7年を必要とし、さらに技能試験に合格する必要があった[185]。しかし、現在の思索的メイソンリーでは、石工の実務を修行するわけではないため、親方への昇級は3-4か月で可能である[182]

一般的にフリーメイソンリーの上位階級として知られているのは、関連組織のスコティッシュ・ライト(スコッチ儀礼)、ヨーク・ライト(ヨーク儀礼)が用意した階級[186]である。スコティッシュ・ライトは30階級、ヨーク・ライトは9階級の上位階級を用意している。かつてのオリエンタル・ライト・メンフィス(メンフィス東方儀礼)では、94もの上位階級を設けていた(後に30階級に削減)。
1737年3月21日、フランス・パリで、騎士のアンドリュー・M・ラムゼイがフリーメイソンリーの目標は世界を一大共和国となすことで、起源は石工組合ではなく十字軍であると主張した演説を行った。上位階級が記録されているのはこれ以降のことであり、ラムゼイの演説をきっかけに創設された可能性が高い。また、ラムゼイは暗にテンプル騎士団とのかかわりもほのめかしたという。なお、陰謀論でフリーメイソンリーが「ワン・ワールド」を目指す組織とされることがあるのは、ラムゼイのこの発言が原因と思われる。「ワン・ワールド」思想についてはフリーメイソンリー側も否定していないが、組織的に特定政府の転覆を図ることはないとしている[95]
この結果、一時は千を超す階級が乱立し、また基本階級のロッジに対する優位権を主張して対立するなど、混乱を引き起こした。さらに上位階級はパテントとして階級授与者が独自の判断で第三者に階級を授与する権利を与える方式だったので、基本階級を経ず、ロッジに足を踏み入れたことのない上位階級者さえ現れた。

現在では、上位階級の組織はフリーメイソンリーの上位団体ではなく、関連組織として位置付けられている。そして、上位階級の授与資格者を、親方階級を得た者に限っている。しかし、オカルト色の強い階級が多数あることも影響して、陰謀論ではしばしば闇の組織として取りざたされる。また、ロッジによっては、上位階級を用意していても、内容を秘密にしているところもあるという。上位階級の昇級の詳細については非公開だが、暴露本によって公開された内容は(少なくとも一部は)事実であることを認めている[95]。たとえば、ある階級の儀式には、バチカンの教皇の帽子とヨーロッパの王様の王冠を模した帽子を踏みつぶすというものがあり、教皇権王権との対立の歴史を物語っている(『陰謀がいっぱい!』では、メイソン側は独裁者に反対し、言論・思想の自由を奪うことに反対する意思表示であって、王権そのものの否定ではないと説明している[95])。

特殊な例として、スウェーデン儀礼の上位階級(9階級)がある。スウェーデンでは、最上位階級はスウェーデン国王専用(スウェーデン・グランド・ロッジは、国王が代々グランド・マスターに就任している[187])となっており、国権とフリーメイソンリーが一体化している。しかし、「正規派」ロッジとは相互承認関係にある。

基本の3階級は、「ブルー・ロッジ(青ロッジ)」と呼ばれる。単に「ロッジ」と呼ぶ場合は、この「ブルー・ロッジ」で構成された集会所を指すことが多い。これに対し、上位階級はさらにいくつかに分けられるが、総称して「レッド・ロッジ(赤ロッジ)」と呼ぶ(狭義には、赤をシンボルカラーに持つ「ロイヤル・アーチ」階級を含んだロッジを意味する)。

スコティッシュ・ライトの上位階級[編集]

スコティッシュ・ライトの上位階級
階級 名称 和訳名称[183] 区分1 区分2 主題
4 Secret Master 秘密の親方 十全会 Lodge of Perfection
(完成のロッジ)
ハイラム伝承
5 Perfect Master 完璧な親方
6 Intimate Secretary 親密な秘書
7 Provost and Judge 主監と判事
8 Intendant of the Building 建物の管理者
9 Elected Master of Nine 選ばれた9人の親方
10 Illustrious Elect of Fifteen 選ばれた輝かしい15人
11 Sublime Elect of the Twelve, or Prince Ameth 選ばれた至高の12人またはアメス王子
12 Grand Master Architect 建築の大親方
13 Royal Arch of Enoch, or Royal Arch of Solomon エノクまたはソロモンのロイヤル・アーチ エノク伝承
14 Perfect Elu, Grand elect, Perfect, and Sublime Mason 完全なる被選抜者または完全にして崇高な石工 ソロモン伝承
15 Knight of the East 東方または剣の騎士 薔薇十字会 Council of the Princes of Jerusalem
エルサレムの王子の会議)
アポクリファ(外典
16 Prince of Jerusalem エルサレムの王子
17 Knight of the East and West 東西の騎士 Chapter of the Rose Croix
(薔薇十字の支部)
テンプル騎士団
18 Knight Rose Croix 薔薇十字の騎士 十字軍伝承
19 Grand Pontiff 大司教 Council of Kadosh
(神聖会)
王者の秘密の王子の法院 旧約聖書
20 Grand Master of All Symbolic Lodges 全ての象徴的ロッジの大親方 自由友愛理念
21 Noachite, or Prussian Knight ノアの末裔またはプロイセンの騎士 プロイセン騎士伝承
22 Knight of the Royal Axe, or Prince of Libanus 王者の斧の騎士またはレバノンの王子 ソロモン伝説
23 Chief of the Tabernacle 幕屋の長 モーゼ伝承
24 Prince of the Tabernacle 幕屋の王子
25 Knight of the Brazen Serpent 青銅の蛇の騎士
26 Prince of Mercy, or Scottish Trinitarian 恩寵の王子またはスコットランドの三位一体 初期キリスト教
27 Knight Commander of the Temple 殿堂の指揮官 十字軍伝承
28 Knight of the Sun, or Prince Adept 太陽の騎士または熟達した王子 哲理
29 Grand Scottish Knight of St. Andrew 聖アンドリューのスコットランド大騎士 テンプル騎士団伝承
30 Knight Kadosh カドシュの(聖なる)騎士
31 Grand Inquisitor Commander 大審問長官 Consistory
(法院会議)
古代エジプト伝承
32 Sublime Prince of the Royal Secret 王者の秘密の至高の王子 哲理
33 Grand Inspector General 最高大総監 Supreme Council(最高法院) 総合理念

英語版wikipediaのScottish Riteも参照。

片桐三郎(32階級)によれば、33階級(最高大総監)は功労者に与えられる名誉階級であるという[95]

基本階級は必ず正規の参入儀礼を必要とするが、上位階級は4、9、12-14、18、22、28-33階級は正規の参入儀礼で、それ以外は「通達」により昇級が行われるという[188]

33階級の上にさらに3階級を付け加えられているとする説もある[189]

ヨーク・ライトの上位階級[編集]

ヨーク・ライトの上位階級
階級 名称 和訳名称[183] 区分
4 Mark Master 著名な親方 深奥儀礼
5 Past Master 巨匠の親方
6 Most Excellent Master 最優秀の親方
7 Royal Arch ロイヤル・アーチ
8 Royal Master 王者の親方 秘処儀礼
9 Select Master 選りすぐりの親方
10 Super Excellent Master 超越した親方
11 Illustrious Order of the Red Cross 赤十字の輝かしい騎士 騎士儀礼
12 Order of the Knights of Malta (or simply Order of Malta) マルタ騎士
13 Order of the Temple 聖堂騎士

英語版wikipediaのYork Riteも参照。

スウェーデン儀礼の上位階級[編集]

スウェーデン儀礼の上位階級
階級 名称 和訳名称[183] 区分
4 Apprentice of St. Andrew 聖アンドリューの徒弟 アンドリューのロッジ (St. Andrew's degrees)
5 Companion of St. Andrew 聖アンドリューの仲間
6 Master of St. Andrew 聖アンドリューの親方
7 Very Illustrious Brother, Knight of the East 非常に高名な兄弟または東方の騎士 地方支部 (Chapter degrees)
8 Most Illustrious Brother, Knight of the West もっとも輝かしい兄弟または西方の騎士
9 Enlightened Brother of St. John's Lodge 聖ヨハネロッジの賢明な兄弟
10 Very Enlightened Brother of St. Andrew's Lodge 聖アンドリューロッジの非常に賢明な兄弟
11 Most Enlightened Brother, Knight Commander of the Red Cross 最も賢明な兄弟または赤十字の騎士司令官 大評議会の名誉学位 (Grand Council honorary degree)
12 Vicar of Solomon ソロモンの代理者[190]

英語版wikipediaのSwedish Riteも参照。4階級と5階級は、まとめて扱われているようである[191]

人物[編集]

フリーメイソンの殿堂としてバージニア州アレキサンドリアに建てられたジョージ・ワシントン・メソニック・ナショナルメモリアル。ワシントンの名が刻まれている。

フリーメイソンであるとされる著名人のリストである(国籍別、生年順)。なお、このリストはあくまで参考文献にフリーメイソンであると記されていることを示すに留まり、各々の人物が本当にフリーメイソンであると断言するものではない。

フリーメイソンであるとされる人物にも、結社に所属していたという直接の証拠が残っている者(例:モーツァルト)もいれば、資料によってはフリーメイソンであったとされる者(例:ヴェルディ)もいる[192]。中にはジョージ・ワシントンのようにフリーメイソンの礼装姿の肖像画や写真が残っている者も存在する。

また、フリーメイソンであったか否か、文献間で争いがある者もいる。たとえばワーグナーは、ある本では1841年に加入したことになっているが[193]、別の本ではそのことには触れられておらず、代わりに、1872年に入団申し込みをしたが断られたエピソードが挙げられている[194]

会員数はアメリカが世界最大である。初期の移民は宗教闘争から逃れてきた者が多く、その中にフリーメイソンの会員が数多く含まれていたことに起因し、フリーメイソンの理念と集会はコロニーの人々をまとめる役割を持った。アメリカの建国にたずさわったベンジャミン・フランクリンやジョージ・ワシントンなど、「アメリカ建国の父」56人の内、53人が会員であった。歴代アメリカ合衆国大統領のうち、ワシントンを含めて14人が会員となっている(吉村正和『フリーメイソン』講談社)。吉村は、アメリカの本質を「道徳国家」ととらえ、フリーメイソンの理念との共通点を示唆している。フリーメイソンのアメリカ合衆国大統領は15人であったとする説もある[195]

日本では市販の書籍で陰謀論のみが目につくが、欧米では会員である事は一種のステータスでもある。元日本グランド・ロッジの大親方(Grand Master)であるリチャード・クライプは、10年前の米国のある雑誌の調査であるとして、全米トップビジネスマン1万5千人中、1万人が会員であり、英国でも男性王族は入会が伝統になっていると述べた[95]

インターネットの普及により世界各国フリーメイソンリーのグランドロッジ、個別のロッジ等のウェブサイトを訪問すると著名な会員名が公表されている場合がある。またフリーメイソンのウィリアム・R・デンスロウが著し、フリーメイソンのハリー・S・トルーマン第33代米国大統領が序文を寄せた書籍『10,000 Famous Freemasons / 一万人の著名なフリーメイソン』(初版: 1957年-1960年、vol.1-vol.4)は、「Phoenixmasonry Masonic Museum and Library」がインターネット上で全編を公開している。『10,000 Famous Freemasons』にその時代までの全ての著名なフリーメイソンが列挙されているわけではない。例えば1920年代にヨーロッパで時代の寵児であったリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー伯爵は、彼を敵視していたナチス・ドイツが発行した『Die Freimaurerei Weltanschauung Organisation und Politik / フリーメイソンリー 世界観 組織と政策』(1938年、著: ディーター・シュヴァルツ、序文: ラインハルト・ハイドリヒ保安警察長官)によってフリーメイソンであることが暴露され、クーデンホーフ=カレルギーの支持者であったトルーマンが序文に参加しているにもかかわらず、『10,000 Famous Freemasons』にクーデンホーフ=カレルギーの名は記載がない。

日本[編集]


皆神龍太郎(フリーメイソン関連の著作出版者)が聞いているところによると、2013年現在日本のロッジに所属する総計数百人の日本人会員の構成は、多くがサラリーマンまたは自営業、著名人は数名、国会議員等はいないようである[110]

2008年の朝日新聞取材記事では、そば屋の主人や小売店主や中には大学教授もいると述べられている[10]


アメリカ合衆国[編集]

星条旗
米国フリーメイソンのフランシス・スコット・キー作詞、英国フリーメイソンのジョン・スタフォード・スミス作曲。

米国フリーメイソンのジョン・フィリップ・スーザ作曲。

米国フリーメイソンのジョン・フィリップ・スーザ作曲。

ガットスン・ボーグラムはフリーメイソンになってからラシュモア山の頂きに4人の大統領の彫像を400人の作業員とともに作った。左端からワシントンジェファーソンT・ルーズベルトリンカーン
メイソンの服装のベンジャミン・フランクリン。
ワーナー・ブラザーズの映画『カサブランカ』(1942年)。登場人物のヴィクトル・ラズロ(左端)はフリーメイソンで反ヒトラー、反ナチスのR・クーデンホーフ=カレルギーがモデルであるといわれている(映画『カサブランカ』、リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー、フリーメイソンリー)。
バージニア州ノーフォークにあるマッカーサー記念館のダグラス・マッカーサー像。
アポロ11号の搭乗員のエドウィン・オルドリン。ジョージ・ワシントン・メソニック・ナショナルメモリアル内に写真が飾られており、オルドリンの左手薬指にはフリーメイソンの指輪がはめられている。(1969年7月20日撮影)
アポロ14号搭乗の宇宙飛行士エドガー・ミッチェル。彼もまたメイソンであり[238]、月面と地球との間でテレパシー実験を行った[239]
Nuvola apps arts.svg 音楽・音声外部リンク
Nuvola apps arts.svg ガーシュウィン: ラプソディ・イン・ブルー
Nuvola apps arts.svg デューク・エリントン: A列車で行こう
Nuvola apps arts.svg ナット・キング・コール: スマイル
ジョセフィン・ベーカー(仏語読み: ジョゼフィーヌ・バケル)。
アーノルド・パーマー。米議会名誉黄金勲章。この勲章はパーマー他ジョージ・ワシントンらのメイソンが受勲している。
NBAスコッティ・ピッペン。
  • スコッティ・ピッペン(1965年生)[264] - 元NBAバスケットボール選手。スモールフォワード名手。NBAオールスターゲームMVP(1994年)。フリーメイソンのデニス・ロッドマンとはブルズでチームメイト。
  • シャキール・オニール(1972年生、2011年6月11日入会)[61], [265] - 元NBAバスケットボール選手。NBA得点王(1995年、2000年)。フリーメイソンのデニス・ロッドマンとはレイカーズでチームメイト。NBAのNational TV出演時(2012年1月頃)にフリーメイスンの指輪を見せ、あなたはメイスンかと訊ねられると「もちろんだよ私は。」と答えた。
アメリカ合衆国大統領
メイソンの米大統領フランクリン・ルーズベルト(左)とメイソンの英首相ウィンストン・チャーチル(右)。「大西洋憲章」が調印された英国戦艦プリンス・オブ・ウェールズにて。国際連合(国連; UN)の設立に寄与する構想「大西洋憲章」はフランクリン・ルーズベルトとチャーチルの2人のメイソンによって調印が行われた。
国際連合の前身国際連盟を「十四か条の平和原則」により提唱したウッドロウ・ウィルソン第28代大統領はフリーメイソンとは通常考えられていないが[266]、彼の副大統領トーマス・R・マーシャルはフリーメイソンであり[267]、1881年にマスターメイソンに昇級(raised)した[268]。アメリカ合衆国はフリーメイソンのジェームズ・モンロー第5代大統領が提唱したモンロー主義(1823年)の尊重もあり国際連盟不参加。


以上がメイソンであると通常考えられている大統領である(第36代のリンドン・ジョンソンは、第1階級のメイソンにしかなっていない)[266]

秘密結社スカル・アンド・ボーンズのロゴ。ブッシュ父子はメンバーの中にフリーメイソンも多数いるとされるスカル・アンド・ボーンズのメンバー(ボーンズマン)である。パパ・ブッシュ(ジョージ・H・W・ブッシュ)が1990年9月11日に連邦議会スピーチで用いた「new world order」(新世界秩序)という言葉はフリーメイソンリーを想起させることとなった[123]。またパパ・ブッシュは大統領就任の宣誓ジョージ・ワシントンのメイソンの聖書(ブッシュ一家の聖書と併せて)を使用し[283][284]、息子のジョージ・W・ブッシュは2001年の就任時にジョージ・ワシントンのメイソンの聖書を希望したが天候不良により使用できなかったため一家の聖書を使用した[285]。これまでのところブッシュ父子はメイソンではない[283][286]。正規ロッジにブッシュ父子の入会記録はない[123]


第3代トーマス・ジェファーソンはメイソンであるともないとも言われ[65]、メイソンでないという考えが有力である[266]。第16代エイブラハム・リンカーンはメイソンではない[287]。第40代ロナルド・レーガンは、メイソンではないが、スコティッシュライトの名誉会員であった[288]。 第41代ジョージ・H・W・ブッシュ、第43代ジョージ・W・ブッシュの父子は、これまでのところメイソンではない[283][286]。ブッシュ父子のメイソンリー入会を記録している正規ロッジ(regular lodge)はない[123]。第42代ビル・クリントンはメイソンリーの外郭団体デモレーのメンバーであり、これまでのところメイソンではないようである[286][289]。第44代バラク・オバマは、2009年11月時点では、メイソンではない[290]

大統領がメイソンでなくとも副大統領がメイソンである政権、どちらもメイソンでない政権、どちらもメイソンである政権がある[267]

ハワイ
フリーメイソンの正装を着たカラカウア国王。


ハワイ諸島の発見者ジェームズ・クックはメイソンであったと常々言われている[65]。クックが「Lodge of Industry No 186」に入会したメイソンであるという主張があるが、そのロッジはクックが死去してからおよそ9年後に認可された[292]

欧州[編集]

フランス
ディドロとダランベールらによる『百科全書』。モンテスキュー、ヴォルテールも参加した。
  • シャルル・ド・モンテスキュー(1689年生、1730年5月12日入会)[293], [294] - 哲学者。
  • ヴォルテール(1694年生、1778年4月7日入会)[61], [63] - フランス革命に影響を及ぼした哲学者。
  • ドゥニ・ディドロ(1713年生)[295] - 『百科全書』(1751年-1772年)編集の中心であった百科全書派の哲学者、作家。吉村正和は、ディドロがフリーメイソンであったかについて「確証がない」としている[296]。デンスロウ&トルーマンの『10,000 Famous Freemasons』もまたディドロがメイソンではないという説を紹介している[65]。しかしながらセルビアのグランドロッジによるとディドロはパリの百科全書派ロッジ「九姉妹神」(Les Neuf Sœurs、レ・ヌフ・スール)所属のメイソンである[297]。『百科全書』が出版禁止になるとディドロは九姉妹神ロッジなどのロッジを通じて販売した[298]
  • ジャン・ル・ロン・ダランベール(1717年生)[245] - 『百科全書』編集の中心であった百科全書派の哲学者、数学者、物理学者。
  • フランソワ・ジルースト(1737年生)[299] - 音楽家。
  • ジョゼフ・ギヨタン(1738年生)[300] - 医師・政治家。死刑執行装置のギロチンの名称の由来の人物。人道的で苦痛の少ない死刑の国内導入に尽力し、彼の出現以降、断頭装置はギロチンと呼ばれるようになった。「九姉妹神ロッジ」の設立メンバー[300]
  • オノーレ・ミラボー(1749年生)[245] - フランス革命初期の指導者。
ラ・ファイエット(左)とジョージ・ワシントン(右)の彫像。パリ16区のアメリカ合衆国広場。
フランス皇帝ナポレオン1世の像。ロテル・デザンヴァリッド「栄光の庭」(la Cour d'Honneur)。
ヴィクトル・ユーゴー像。ブルボン宮殿[301]。背後の文言は1849年「欧州統合構想」演説[302]
ドイツ
「音楽の父」J.S.バッハ[244][245]
イルミナティ主宰者アダム・ヴァイスハウプト教授。
ゲーテ(左)とシラー(右)の像ワイマールの劇場広場。「Dem Dichterpaar Goethe und Schiller Das Vaterland」(詩人の二人組 ゲーテとシラー 祖国)。
ドレスデンの文学博物館「シラーハウシェン」にあるシラーとケルナーの像。左端がクリスティアン・ゴットフリート・ケルナー、その隣がシラー。
Nuvola apps arts.svg 音楽・音声外部リンク
Nuvola apps arts.svg
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven

ベートーヴェン交響曲第9番 - ベルリン・フィル公式YouTube。交響曲第9番の第4楽章(主題: 歓喜の歌)抜粋。管弦楽のフガートから著名な合唱部分(1:30-)へ。

イタリア
児童文学『ピノッキオの冒険』の著者カルロ・コッローディが幼少期を過ごしたトスカーナ村落コッローディにあるピノッキオ公園
オーストリア
ハイドン(左)とモーツァルト(右)。
R・クーデンホーフ=カレルギー伯爵が結成のパン・ヨーロッパ連合の。後年の新デザインのもの。「青空」、「赤十字」、「金色の太陽」、「欧州旗の星」。
欧州旗
正式な『欧州の歌』は歌なし、メロディのみ。

イングランド
アイザック・ニュートン[228]
イングランド出身のイギリス国王ジョージ6世(最前列中央)とスコットランドのメイソンたち。
Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg チャップリン映画『独裁者』

Dictator charlie5.jpg

ヒトラーを痛烈に批判した喜劇映画『独裁者』(1940年)でヒトラーを模した独裁者を演じるチャップリン。風船の地球儀で厳かに遊ぶシーン。地球儀の風船破裂後、理髪店の場面においてブラームス(フリーメイソン)の『ハンガリー舞曲 第5番』が流れる(0:53:40-)。
『百科全書』に影響を与えた『サイクロペディア』。
ウェールズ
スコットランド
リプトンの紅茶。
北アイルランド
アイルランド
スウィフト原作『ガリヴァー旅行記』の一場面、空飛ぶ島「ラピュータ」と遭遇するガリヴァー。
バチカン市国
  • ロザリオ・フランチェスコ・エスポジト(1921年生)[375] - 最初の著書は「フリーメーソンとイタリア」[376]
ベルギー
ポーランド
チェコ
  • アルフォンス・ミュシャ(1860年生、1898年入会)[61], [380]-1898年パリでロッジに入り、1918年にはプラハのコメンスキー・ロッジ設立に協力した。その後にチェコスロヴァキア本部のグランド・マスター、後に同国第2ソヴリン・グランド・コマンダーになった。チェコスロヴァキアの支部のためにレターヘッドやメダル等のデザインを手掛けた。
  • エドヴァルド・ベネシュ(1884年生)[381] - 1924年から1925年頃、プラハの古くからのロッジ「Jan Amos Komensky No. 1」で入会し(initiated)、1927年から1928年頃にプラハのロッジ「Pravda Vitezi」で進級(passed)と昇級(raised)をした[65]
プロイセン
ハンガリー
Nuvola apps arts.svg 音楽・音声外部リンク
Nuvola apps arts.svg
フランツ・リスト Franz Liszt

リゴレット・パラフレーズ - スカラ座公式YouTube。
発想 "con somma passione" (最高に豊富な情熱で)の部分は5:52から聴かれる。

映画会社パラマウントのロゴ。ナチスからのパリの解放を描写した同社の映画『パリは燃えているか』(1966年)という題名は、フリーメイソンを弾圧したアドルフ・ヒトラーの言葉から。
デンマーク
ユーゴスラビア
スイス
赤十字と赤新月の標章。

Flag of the Red Crystal.svg
共通標章の赤水晶。
アンリ・デュナンの彫像。
「FONDATEUR DE LA CROIX-ROUGE」
(赤十字の創設者)。
フィンランド
スウェーデン
ロシア
革命家バクーニン。
小説家トルストイ。

その他[編集]

球技バスケットボールの考案者ジェームズ・ネイスミス。
ジェームズ・ネイスミスの米国切手。
カナダ
ブラジル
チリ
ベネズエラ
トルコ
インド
詩人タゴール(1879年ロンドン)。アジア初のノーベル賞受賞者。ノーベル賞受賞者の中にメイソンは顕著に多い。ノーベル賞候補者の推薦人を務めたメイソンもいる(例えばベネシュ[396]、自身もノーベル賞を受賞したデュナン[397])。
香港
フィリピン
オーストラリア
C・E・キングスフォード=スミスが1928年に米国で購入した航空機の現物。彼は同機に「サザンクロス」(南十字)と名付けた。1935年に彼が豪政府に売却したその現物機はブリスベン空港近郊にある彼の記念館のドームに保管・展示されている。
シドニー国際空港のキングスフォード=スミスを記念した展示場。同空港は彼の栄誉を讃えて彼の名の「キングスフォード=スミス国際空港」としても知られる[399]。「サザンクロス」の模型や彼の肖像が飾られている。
出生地不詳
北朝鮮最高指導者金正恩とフリーメイソンリー
Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
Searchtool.svg 北 김정은, 코트에 손 반만 끼어넣는 이유는 (北 金正恩、コートに手を半分入れる理由とは) - ソウル新聞は、金正恩が右手を懐に入れる写真の掲載とともに、その仕草はナポレオン1世の真似であるという指摘を報じた(2013年3月22日)。
Searchtool.svg 金正恩とデニス・ロッドマン - デニス・ロッドマンが北朝鮮訪問時の写真9枚。ウォール・ストリート・ジャーナル(2013年3月1日)。

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国; DPRK)最高指導者金正恩は、彼の右手を懐に入れる仕草がナポレオン1世の真似とも言われ(順天郷大学教授呉允盛の説)、その仕草はフリーメイソンの特徴であるが金正恩はメイソンではないであろう、彼がメイソンならば彼の国家の国際関係はもっと安定しているはずであろう、など噂されている[404]。南朝鮮(大韓民国; ROK)では2011年、ナポレオンが懐に手を入れるのはフリーメイソンリーの会員同士の合図であると文化放送が特集した[405]

金正恩は子供の頃からバスケットボールというスポーツが大好きである[406]。このスポーツを1891年に考案したジェームズ・ネイスミスは1894年にフリーメイソンリーに入会した[392]。スイス留学時代の金正恩はNBAのヨーロッパ遠征試合を観戦するために公立中学校の午後の授業を抜け出して北朝鮮大使館に車を出させて親友と2人で日帰りでスイスベルンからフランスパリへ行った[406]。公立中学校の休み時間はいつもバスケットボールで遊び、自宅にバスケットボールの漫画が沢山あり、学校でよくバスケットボール漫画の絵を描いていた[406]。礒崎・澤田『LIVE講義北朝鮮入門』は当時韓国で人気のあった日本の漫画『SLAM DUNK』(1990年-1996年)のハングル版を金正恩も読んでいたものと推測している[406]。2000年までのスイス留学時代の金正恩は未成年であるため未だフリーメイソンリーに入会できない。

最高指導者となって以降も金正恩第一書記が最も熱中するスポーツのバスケットボールに対する思い入れが見られ、2013年の動向においては、外務省をバスケットボール後援機関として指定した[407]

元NBA選手デニス・ロッドマンは、1861年設立ロッジの米ニュージャージー州「アカシア・ロッジ」(Acacia Lodge)が明かしたところによると、フリーメイソンである[263]。2013年2月28日北朝鮮平壌にて、フリーメイソンのデニス・ロッドマンは金正恩と2人でバスケットボールを観戦後、金正恩に言った[408]

You have a friend for life.[409](あなたは生涯の友だ[408]

—デニス・ロッドマン

ロッドマンは2013年9月に、「友人の金第一書記に会いに行く」ために再び北朝鮮を訪問した[410]。ロッドマンは2013年12月には北朝鮮で北朝鮮バスケットチームの指導をする予定であり、2014年1月にはバスケット交流試合のために北朝鮮に行く予定であり、フリーメイソン仲間で元NBAチームメイトのピッペンが交流試合メンバーに入っている[411]

共産主義者を受け入れるフリーメイソンリーのロッジは、フランス大東社(GODF)系などである。

関連団体[編集]

ロッジP2[編集]

ジェッリ逮捕後、彼のナポリの別荘を家宅捜索時に押収されたベルルスコーニのP2ロッジ入会時の会費の領収証。

ロッジP2イタリアに本拠を置いていた団体。メンバーはイタリアの政府や関係者、警察関係者内の反共産主義者を中心としていたが、南アメリカの軍事独裁政権との関係が深く、その活動内容がフリーメイソン内から非難され1976年に破門された。しかしその後も元代表のリーチオ・ジェッリらが極右組織と組んで活動し、1980年にはメンバーがボローニャ駅爆破テロ事件を引き起こした。元イタリア王国王太子ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイアシルヴィオ・ベルルスコーニ首相バチカンの金融スキャンダルを引き起こし暗殺されたアンブロシアーノ銀行頭取ロベルト・カルヴィもメンバーであった。

デモレー[編集]

デモレーは、14世紀のテンプル騎士団の最後の総長であり、フリーメイソンリーのメンバーであったジャック・ド・モレー(Jacques DeMolay)の優れた騎士道精神にちなんで名づけられた団体。

デモレーは12歳から21歳の若者のための人格育成を目指している組織である。日本における現在の活動地域は東京のみ。場所は東京メソニック協会。

ウォルト・ディズニーはデモレーのメンバーである[123]。陰謀を疑う人々らがウォルト・ディズニーを第33階級のフリーメイソンと主張しているが、その主張に根拠は無い[123]。ジョン・スタインベックはデモレーのメンバーであり[289]フリーメイソンでもあった[251]

シュライン[編集]

シュラインShriners)は1870年に作られたフリーメイソンの内組織[412]。元々、メイソン間の親睦や娯楽を目的に作られた団体で、恵まれない子どもに小児科病院(シュライン小児病院 Shriners Hospitals for Children)を運営することにあった。著名人の入会者にはコメディアンハロルド・ロイド[413]ケンタッキーフライドチキンの創業者カーネル・サンダースなどがいる。全てのシュライン会員がメイソンだが、全てのメイソンがシュライン会員ということではない[414]

フリーメイソン関連の作品[編集]

Nuvola apps arts.svg 音楽・音声外部リンク
楽曲を試聴する
Nuvola apps arts.svg モーツァルト: フリーメーソンのための音楽全集 - オンライン音楽図書館 "Naxos Music Library"。
Nuvola apps arts.svg シベリウス: フリーメーソンの儀式音楽 Op. 113 (1927年原典版) - オンライン音楽図書館 "Naxos Music Library"。

メイソンのために書かれた楽曲[編集]

フリーメイソンが登場する作品[編集]

映画[編集]

文芸[編集]

テレビ番組[編集]

  • 空飛ぶモンティ・パイソン1969年-1974年/イギリス 第2シリーズの第4話で登場人物が、コンペに参加した建築家の中からフリーメイソンを見分ける方法(秘密の握手)を伝授するというネタが用いられている。
  • イギリスBBCの自動車番組トップ・ギアでは、レクサスはフリーメイソンが乗る車だとネタにされており、モンティ・パイソンで登場した「秘密の握手」などをすることもある。
  • YOUは何しに日本へ?2014年5月26日放送/空港でたまたま取材したフィリピンから来ていた団体が日本グランド・ロッジの新グランドマスター就任式に出席する予定のマニラのメイソンとその家族であり、彼らに付いてそのまま就任式の密着取材を敢行した。日本グランド・ロッジにTV取材が入るのはこれが初であった。グランドマスター(第57代)となった米軍基地に勤務する在日フィリピン人男性のヴィクター・オーティスに「世界を裏で牛耳っているのは本当ですか?」と質問し、オーティスは「まさか!」「いくつかの国の大統領がフリーメイソンなのは真実だけど…でもそれだけで世界を牛耳るなんて無理かな」「我々がやっているのは社会奉仕活動です」と回答した。

漫画[編集]

フリーメイソンをモデルにしたと思われる組織が登場する作品[編集]

アニメ[編集]

文芸[編集]

  • 『秘密』 - ゲーテの長編詩。
  • 緋弾のアリア』 - 「リバティー・メイソン」という秘密結社が登場する。

脚注[編集]

  1. ^ 劇作家イプセンや、イプセンの戯曲「ペール・ギュント」の主人公のモデルになった音楽家オーレ・ブル「ペール・ギュント」のための音楽を作曲したグリーグ、ノーベル文学賞作家ビョルンソン、音楽家ハルフダン・シェルルフ、音楽家ヨハン・スヴェンセン、これらの人物は「ガムレ・ローシェン」(den Gamle Logen)を使用して仕事をしたことがある。
  2. ^ a b c Freemasonry and the Olympics (PDF)”. Provincial Grand Lodge of West Lancashire. 2013年9月9日閲覧。
  3. ^ SPORTSMEN IN ENGLISH LODGES (PDF)”. The Library and Museum of Freemasonry (United Grand Lodge of England) (2012年). 2013年9月9日閲覧。
  4. ^ British Olympic Association Archive Collection”. AIM25. 2013年9月9日閲覧。
  5. ^ Jim Parry (School of Philosophy, Leeds University). “Physical Education as Olympic Education (PDF)”. Internationaal Centrum voor Ethiek in de Sport. 2013年9月16日閲覧。 “I still think that contact with feminine athletics is bad for him (the modern athlete) ...”
  6. ^ "Frequently Asked Questions". United Grand Lodge of England. Retrieved 2009-09-28.
  7. ^ Hodapp, Christopher. Freemasons for Dummies. Indianapolis: Wiley, 2005. p. 52.
  8. ^ 日本グランド・ロッジ
  9. ^ グランドロッジは、通常では他のグランドロッジと、相互に認知した境を設け、それらを侵犯したり秘密にしたりすることはしない。
  10. ^ a b c d 『朝日新聞』2008年1月4日号「「秘密結社」フリーメイソン日本本部50年 一般入会も
  11. ^ Amiram Barkat (2005年9月2日). “Mysterious Temple Mount artifact evokes 'Da Vinci Code' Archaeologist uncover a mysterious bronze pendant in Jerusalem.”. ハアレツ紙. 2013年5月6日閲覧。
  12. ^ Neo Patwa (2010年4月10日). “英語講座リポート3 ‘ Obama's Victory and US Elections ’”. What's Happening in the World?. 公益財団法人 早稲田奉仕園. 2013年5月6日閲覧。
  13. ^ a b メイスンとは”. 国立市 スクエア・アンド・コンパス・ロッジ No. 3. 2013年5月16日閲覧。
  14. ^ a b Lodge”. Masonic Lodge Gustav Stresemann. 2013年7月11日閲覧。 “The five basic ideals of Freemasonry: freedom, equality, fraternity, tolerance and humanity ... (フリーメイソンリーの5つの基本理念: 自由、平等、友愛、寛容、人道 ...)”
  15. ^ "The Regius Manuscript". Masonicsites.org.
  16. ^ Stevenson, David (November 1988). The Origins of Freemasonry: Scotland's Century 1590-1710. Cambridge: Cambridge University Press.
  17. ^ Second Schaw Statutes, 1599.
  18. ^ Coil, Henry Wilson (1961). William M. Brown, William L. Cummings, Harold Van Buren Voorhes. ed. Coil's Masonic Encyclopedia (Revised and Updated by Allen E. Roberts, 1995 ed.). Richmond, Va: Macoy Pub. & Masonic Supply Co. ISBN 978-0-88053-054-5.
  19. ^ S. Brent Morris (2006). The Complete Idiot's Guide to Freemasonry. Alpha/Penguin Books. p. 27. ISBN 1-59257-490-4.
  20. ^ アイルランドやスコットランドのグランドロッジも同様であった。
  21. ^ Bullock, Steven C.; Institute of Early American History and Culture (Williamsburg, Va.) (1996). Revolutionary brotherhood: Freemasonry and the transformation of the American social order, 1730-1840. Chapel Hill: University of North Carolina Press. ISBN 978-0-8078-4750-3.
  22. ^ "GLNF: Grande Loge Nationale Francaise" (in French). Grande Loge Nationale Francaise (GLNF). Retrieved 2006-02-06.
  23. ^ ただし、植民地や居留地におけるロッジは初期はあくまで居留民のためのものであり、現地人の入会は認められなかった
  24. ^ 南利明[民族共同体と法―NATIONALSOZIALISMUSあるいは「法」なき支配体制―(3) 3 ]
  25. ^ a b c Masonic Miscellanea イングランドサリー州コブハムCobham)「Coveham Lodge」公式サイト(英語)
  26. ^ a b c Jonathan Levy (2007-06-30). The Intermarium: Wilson, Madison, and East Central European Federalism. Universal-Publishers. p. 394. ISBN 9781581123692. 
  27. ^ a b どんな弾圧を受けたのですか?”. 日本グランド・ロッジ. 2010年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月12日閲覧。 “ナチスによる何万人もの政治犯の中にフリーメイスン会員との理由で多数の会員が監獄へ入れられましたが、そのほとんどは獄中で死亡しました。”
  28. ^ フリーメイスンから毛布1250枚を寄贈いただきました”. 宗務庁より. 曹洞宗公式サイト・曹洞禅ネット (2011年11月8日). 2013年5月3日閲覧。
  29. ^ a b Most Worshipful Grand Lodge of Japan (2011年4月27日). “OFFICERS OF THE GRAND LODGE 2011”. facebook. 2013年5月3日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd Past Grand Masters of the Grand Lodge of Japan”. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  31. ^ a b c d e 宮地ゆう, 三浦英之 (2011年11月20日). “[第33回] フリーメイソンの被災地支援 イメージ改善につながるか”. ニュースの裏側. 朝日新聞GLOBE. 2013年5月3日閲覧。
  32. ^ フリーメイソンの正体は!?”. マイナビニュース (2013年1月29日). 2013年5月3日閲覧。
  33. ^ a b c d e f g h i j 入会希望者の手引き”. 国立市 スクエア・アンド・コンパス・ロッジ No. 3 (2011年3月). 2013年5月3日閲覧。
  34. ^ a b c フリーメイソンとロータリークラブ (PDF)”. Weekly Report 2012年(平成24年)11月22日 (木) 曇り 第2351回(当年度第20回)移動例会(la CASA 江南店にて). 国際ロータリー第2760地区 江南ロータリークラブ (2012年11月22日). 2013年5月3日閲覧。
  35. ^ katsuyatakasuのツイート (281290356019052544)
  36. ^ a b ライオンズクラブ国際協会ミッションと歴史”. ライオンズとは. ライオンズクラブ国際協会. 2013年5月3日閲覧。
  37. ^ a b Melvin Jones”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  38. ^ a b c d e f g Connecticut Masonic Scouters Association”. Masonic Youth. Grand Lodge of Connecticut A.F. & A.M. 2013年5月3日閲覧。
  39. ^ a b c d e f g Freemasonry and Lord Baden-Powell - Grand Lodge of British Columbia and Yukon
  40. ^ Freemasonry and the Scout Movement”. The Scout Lodge No. 9783. 2013年7月29日閲覧。
  41. ^ LODGE BADEN-POWELL No. 222 SA & NT (PDF)”. Grand Lodge of SA & NT. 2013年7月29日閲覧。
  42. ^ “GRAND LODGE MASTER. LORD SOMERS RE-ELECTED. APPROBATION OF FREEMASONS.”. The Argus. (1928年12月20日). http://trove.nla.gov.au/ndp/del/article/3976424 2013年7月29日閲覧。 
  43. ^ a b c About BP Lodge”. Baden Powell Lodge No. 488. 2013年7月29日閲覧。
  44. ^ The Scout Lodge, No. 9783, Devonshire”. The Scout Lodge No. 9783. 2013年7月29日閲覧。
  45. ^ Lodge History”. The Scout Lodge No. 1907. 2013年7月29日閲覧。
  46. ^ a b c Rudyard Kipling and Baden-Powell”. Scouting Milestones. 2013年7月29日閲覧。
  47. ^ a b Joseph Rudyard Kipling”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年7月29日閲覧。
  48. ^ Rudyard Kipling Notes”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年7月29日閲覧。
  49. ^ Celebrating the Past, Looking to the Future”. Boy Scouts of America (2000年). 2013年5月20日閲覧。
  50. ^ a b c d e Founders”. Fact Sheets. Boy Scouts of America. 2013年5月3日閲覧。
  51. ^ a b c BSA Celebrates 96 Years of Service”. Boy Scouts of America (2006年). 2013年5月20日閲覧。
  52. ^ Scout Troops, Packs, Crews Celebrate Scouting's 93rd Anniversary”. Boy Scouts of America (2003年). 2013年5月20日閲覧。
  53. ^ a b Janice A. Petterchak『Lone Scout: W.D. Boyce and American Boy Scouting』(Legacy Press、2009年、ISBN 0965319873
  54. ^ a b c Daniel Carter Beard”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  55. ^ a b c d e Other Famous Masons”. Masonic Facts & History. Grand Lodge of Minnesota Ancient Free & Accepted Masons. 2013年5月3日閲覧。
  56. ^ a b Daniel Carter Beard Masonic Scouter Award”. Boy Scout Community Organization Award. Boy Scouts of America — Heart of America Council. 2013年5月3日閲覧。
  57. ^ a b Pa Freemason November 01 - Daniel Beard Award Scouting”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  58. ^ a b The Daniel Carter Beard Masonic Scouter Award”. Grand Lodge of Michigan. 2013年5月3日閲覧。
  59. ^ a b Daniel Carter Beard Award”. Grand Lodge of Connecticut A.F. & A.M. 2013年5月3日閲覧。
  60. ^ a b WILLIAM HOWARD TAFT”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  61. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq A few famous freemasons”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年10月7日閲覧。
  62. ^ a b THEODORE ROOSEVELT”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  63. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad リュック・ヌフォンテーヌ 1996, pp. 160-161
  64. ^ a b History of Robert Burns Masonic Lodge #97”. Robert Burns Masonic Lodge No. 97. 2013年5月3日閲覧。
  65. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ウィリアム・R・デンスロウ & ハリー・S・トルーマン 2004
  66. ^ a b Joy Porter『Native American Freemasonry: Associationalism and Performance in America』(U of Nebraska Press、2011年、ISBN 9780803225473
  67. ^ a b c d e f g h i j k l Tim Wangelin. “Freemasonry and Modern Japanese History”. Freemasonry in Japan. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  68. ^ ボーイスカウト日本連盟創立90周年 記念事業基本実施要項 (PDF)”. ボーイスカウト日本連盟 (2012年3月8日). 2013年6月3日閲覧。
  69. ^ a b なぜフリーメイソンに入会するのか?”. 東京メソニックセンター. 2009年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月3日閲覧。
  70. ^ The Masonic Children's Festival 2002”. 東京メソニックセンター. 2009年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月3日閲覧。
  71. ^ 05190055.JPG”. 東京メソニックセンター. 2005年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月3日閲覧。
  72. ^ a b c 日本のフリーメイスン”. 歴史資料. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月16日閲覧。
  73. ^ 日本グランド・ロッジでグランド・マスターを務めた山屋明は著書 『日本のフリーメイスン』(あさま童風社、1996年4月)でペリーを「記録上証明できる訪日メイソン第一号」と書いている。
  74. ^ Millard Fillmore”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2012年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月6日閲覧。 “... Millard Fillmore was not a freemason, ...”
  75. ^ Encyclopedia Americana: Millard Fillmore”. Grolier Incorporated. 2004年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月6日閲覧。
  76. ^ 片桐三郎 2006, pp. 214-215
  77. ^ 日本グランド・ロッジ公式HP内 ーFormer Lodgesー参照。
  78. ^ 片桐三郎 2006, p. 214
  79. ^ 片桐三郎 2006, p. 217
  80. ^ a b Joachim Berger (2010年12月3日). “European Freemasonries, 1850–1935: Networks and Transnational Movements”. European History Online. 2013年5月3日閲覧。
  81. ^ 第471号 (PDF)”. 機関紙『友愛』. 一般財団法人 日本友愛協会 (2004年9月10日). 2013年5月3日閲覧。
  82. ^ 初代会長 鳩山 一郎”. 一般財団法人 日本友愛協会. 2013年5月3日閲覧。
  83. ^ a b Gardiner, Herbert G., Douglas MacArthur, A Freemason For All Seasons, Northern California Research Lodge (2006年12月26日取得)
  84. ^ Diana Steele. “America's Reaction to the Atomic Bombings of Hiroshima and Nagasaki”. 2013年9月8日閲覧。
  85. ^ Right Worshipful Brother Gerald W. Burnworth. “Brother Samuel Langhorne Clemens, also known as Mark Twain: A Missouri Freemason”. 2013年8月25日閲覧。
  86. ^ a b c リヒャルト・クーデンホーフ・カレルギーの生涯(3)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年8月2日閲覧。
  87. ^ a b リヒャルト・クーデンホーフ・カレルギーの生涯(4)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年8月2日閲覧。
  88. ^ a b Cordell Hull - Facts”. The Official web site of the Nobel Prize. 2013年10月7日閲覧。
  89. ^ a b c Hans Hesse (2001). Persecution and Resistance of Jehovah's Witnesses During the Nazi Regime, 1933-1945. Berghahn Books. p. 256. ISBN 9783861087502. 
  90. ^ 日本のフリーメイソン”. フリーメイソンの起源. web KADOKAWA . 2013年5月3日閲覧。
  91. ^ 太田竜 (2005). 長州の天皇征伐: 日本の<悲劇>はすべてここから始まった. 成甲書房. p. 263. ISBN 9784880861890. "山石太郎(田尾岩太郎)著では、架空の人物、佐伯富士郎という日本人が、(中略)これはもちろん、作り話に過ぎない。つまりこれは一つの小説であって、実話ではない。" 
  92. ^ 村山有 1968, p. 139
  93. ^ 村山有 1968, p. 140-141
  94. ^ 赤間剛 1983, pp. 86-89
  95. ^ a b c d e f g h 別冊宝島233『陰謀がいっぱい!』(宝島社、1995年、ISBN 4-7966-9233-9
  96. ^ a b 赤間剛 1983, p. 79
  97. ^ 赤間剛 1983, p. 88
  98. ^ 赤間剛 1983, p. 85
  99. ^ a b “New Master Mason”. Toledo Blade. (1955年3月26日). http://news.google.com/newspapers?nid=1350&dat=19550326&id=zFRIAAAAIBAJ&sjid=hwAEAAAAIBAJ&pg=913,4699987 2013年5月3日閲覧. "TOKYO, March 26 (AP)—Prime Minister Ichiro Hatoyama became a master mason today." 
  100. ^ Mayumi Itoh (2003). The Hatoyama Dynasty: Japanese Political Leadership Through the Generations. Palgrave Macmillan. p. 133. ISBN 9781403981523. 
  101. ^ 高崎廣 (1998). 日本に君臨するもの フリーメーソン日本ロッジ幹部の証言. メディアワークス. ISBN 9784073000440. 
  102. ^ Past Grand Masters of the Grand Lodge of Japan”. History. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  103. ^ 2002の行事”. 東京メソニックセンター. 2009年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月3日閲覧。
  104. ^ a b c d e バリー・ニューマン英語版 『ウォール・ストリート・ジャーナル』2011年10月13日「フリーメイソンの最新の陰謀─「ネットで若手会員を獲得せよ」 2011年 10月 13日 13:58 JST
  105. ^ フリーメイソンの握手法! 法王にまつわるマラキの預言とウワサ”. ハピズム. サイゾーウーマン (2013年3月3日). 2013年5月3日閲覧。
  106. ^ 有澤玲 2011, pp. 198-206
  107. ^ 有澤玲 2011, pp. 216-217
  108. ^ 日本のフリーメイスンリーについて”. Far East Lodge No. 1 FAQ(よくある質問). 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  109. ^ 現にフリーメイソンリー会員の高須克弥は浄土真宗の僧侶である。
  110. ^ a b これが本当の答えだ! フリーメイソンの本当の正体とは? 非常識な日本メディアの陰謀史観を最強のデバンカーが斬る!”. ハピズム. サイゾーウーマン (2013年3月24日). 2013年5月3日閲覧。
  111. ^ 有澤玲 2011, pp. 228-229
  112. ^ 覆面社長「2006年06月30日 覆面社長、フリーメイソンの説明会に…行く?
  113. ^ 入会申し込みから会員に成るまで?”. Far East Lodge No. 1 FAQ(よくある質問). 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  114. ^ 赤間剛 1983, p. 75
  115. ^ 有澤玲 2011, pp. 372-375
  116. ^ 有澤玲 2011, pp. 378-380
  117. ^ Grand Lodge of Japan
  118. ^ 東京メソニックセンターのロッジ”. ロッジ ロケーション. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  119. ^ 一般財団法人日本メイスン財団助成金申請書 (PDF)”. 一般財団法人日本メイスン財団. 2013年5月3日閲覧。
  120. ^ メソニック38MTビル”. 神谷町エリア. 森トラスト. 2013年5月3日閲覧。
  121. ^ メソニック39MTビル”. 神谷町エリア. 森トラスト. 2013年5月3日閲覧。
  122. ^ 財団概要”. 一般財団法人日本メイスン財団. 2013年5月3日閲覧。
  123. ^ a b c d e f 9. Was [insert name] a freemason?”. Anti-masonry Frequently Asked Questions Section 3, version 2.9. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  124. ^ フリーメイスン国立支部”. Google検索. 2013年6月3日閲覧。
  125. ^ Free & Accepted Masons of Chagrin Falls, OH. “Temple News & Views, Volume XXXX Issue 1 Sep-Oct 2012 (PDF)”. Golden Gate Lodge #245. 2013年8月5日閲覧。
  126. ^ 京都メソニック・ロッジ No. 5”. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  127. ^ Kyoto Masonic Lodge #5 F. And A.M.”. 京都メソニック・ロッジNo. 5. 2007年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月20日閲覧。
  128. ^ ロッジ ロケーション”. 日本グランド・ロッジ. 2006年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月20日閲覧。
  129. ^ a b Most Worshipful Grand Lodge of Japan (2011年4月2日). “Lodges Under The Jurisdiction Of The Grand Lodge of Japan”. facebook. 2013年5月3日閲覧。
  130. ^ ロッジ ロケーション”. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  131. ^ Most Worshipful Grand Lodge of Japan (2011年4月2日). “Other Jurisdiction Lodges Operating In Japan”. facebook. 2013年5月3日閲覧。
  132. ^ District # 6 - Mainland Japan”. The Most Worshipful Prince Hall Grand Lodge of WA & Jurisdiction. 2013年6月3日閲覧。
  133. ^ Lodges Under Other Constitutions”. The Grand Lodge of Japan. 2013年6月3日閲覧。
  134. ^ Traité d'Amitié entre la R:.L:. " La Lumière du Soleil Levant" à l'Orient de GIFU (JAPON) du G.O.A.O. et la R:.L:. "Les Sages Kabbalistes" à l'Orient”. Le blog du Grand Orient Arabe Œcuménique (Site du Grand Maître Jean-Marc ARACTINGI) (2012年3月16日). 2013年10月16日閲覧。
  135. ^ Grand Orient Arabe Œcuménique "Grande Maîtrise du Japon"”. Le blog du Grand Orient Arabe Œcuménique (Site du Grand Maître Jean-Marc ARACTINGI) (2011年9月2日). 2013年10月16日閲覧。
  136. ^ Lumière du Soleil Levant”. Grande Loge Mondiale de Misraïm (GLMM). 2013年10月16日閲覧。
  137. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb Most Worshipful Grand Lodge of Japan (2011年4月3日). “PAST GRAND MASTERS”. facebook. 2013年5月3日閲覧。
  138. ^ James L. Johnston. “Tadasu Hayashi: The Japanese Diplomat Who Became An English Freemason”. Freemasonry in Japan. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  139. ^ James L. Johnston. “The Great Kanto Earthquake and Freemasonry's Charity”. Freemasonry in Japan. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  140. ^ James L. Johnston. “The Kirby Legacy”. Freemasonry in Japan. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  141. ^ James L. Johnston. “The First Japanese Freemason”. Freemasonry in Japan. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  142. ^ ワシズ ヨシオ. “ANTI-MASONRY IN JAPAN — PAST AND PRESENT”. Freemasonry in Japan. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  143. ^ 片桐三郎. “Masonry vs the Japanese Government: The Gentleman's Agreement”. Freemasonry in Japan. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  144. ^ Most Worshipful Grand Lodge of Japan (2011-04-03日). “OFFICERS OF THE GRAND LODGE OF JAPAN - 2012”. facebook. 2013年5月3日閲覧。
  145. ^ GRAND LODGE OFFICERS”. The Grand Lodge of Japan. 2013年5月20日閲覧。
  146. ^ ジェラール・ガイヨ 「フランス革命はフリーメーソンの陰謀か?」『歴史』49号 及びリュック・ヌフォンテーヌ 1996, pp. 129-133
  147. ^ 片桐三郎 2006, pp. 152-156
  148. ^ 1894年、仏大東社から分離した男女混成のロッジ「人権」がある。「人権」と仏大東社は、現在相互承認関係にある。他、1952年に女性専用のロッジ「フランス女性グランド・ロッジ」も発足した。もちろん、「正規派」はこれらのロッジを承認していない。
  149. ^ 「正規派」としては、1913年に仏大東社から分裂した「フランス国民グランド・ロッジ」がある。
  150. ^ a b La Loge des Neufs Soeurs”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月13日閲覧。
  151. ^ 片桐三郎 2006, p. 173
  152. ^ Faustine C. Jones-Wilson (1996). Encyclopedia of African-American education. Greenwood Publishing Group. p. 200. ISBN 9780313289316. 
  153. ^ THE GRAND LODGE”. The Most Worshipful Prince Hall Grand Lodge of WA & Jurisdiction. 2013年6月3日閲覧。
  154. ^ Prince Hall - Picasa ウェブ アルバム
  155. ^ Anti-Masonry - Oxford English Dictionary (Compact Edition), Oxford University Press, 1979, p.369
  156. ^ "Antimasonry - Definition of Antimasonry by Webster Dictionary". Webster-dictionary.net. Retrieved 2011-09-08.
  157. ^ infoplease.com definition of "anti-mason."
  158. ^ Morris, S. Brent; The Complete Idiot's Guide to Freemasonry, Alpha books, 2006, p,204.
  159. ^ Cardinal Law, Bernard (1985-04-19). "Letter of 19 April 1985 to U.S. Bishops Concerning Masonry". CatholicCulture.org. Retrieved 2007-07-09.
  160. ^ Canon 2335, 1917 Code of Canon Law from "Canon Law regarding Freemasonry, 1917-1983". Grand Lodge of British Columbia and Yukon.
  161. ^ McInvale, Reid (1991). "Roman Catholic Church Law Regarding Freemasonry". Transactions of Texas Lodge of Research 27: 86–97. OCLC 47204246.
  162. ^ "Freemasonry and Religion". United Grand Lodge of England. Retrieved 2012-02-23.
  163. ^ Jack Chick. "The Curse of Baphomet". Retrieved 2007-09-29.
  164. ^ Arturo de Hoyos and S. Brent Morris, Is it True What They Say About Freemasonry, M.Evans & Company, 2nd edition (revised), Chapter 1, 2004
  165. ^ Pike, Albert; T. W. Hugo; Scottish Rite (Masonic order). Supreme Council of the Thirty-Third Degree for the Southern Jurisdiction (1950) [1871]. Morals and Dogma of the Ancient and Accepted Scottish Rite of Freemasonry. Washington, DC: House of the Temple. OCLC 12870276. "In preparing this work [Pike] has been about equally Author and Compiler. (p. iii.) ... The teachings of these Readings are not sacramental, so far as they go beyond the realm of Morality into those of other domains of Thought and Truth. The Ancient and Accepted Scottish Rite uses the word "Dogma" in its true sense of doctrine, or teaching; and is not dogmatic in the odious sense of that term. Everyone is entirely free to reject and dissent from whatsoever herein may seem to him to be untrue or unsound (p. iv)"
  166. ^ Snyder, Howard (2006). Populist Saints. Grand Rapids, Michigan: William B. Eerdmans Publishing Company. p. 727).
  167. ^ Beresiner, Yasha (July 2006). "Archbishop Fisher – A Godly man and a Brother". Masonic Quarterly Magazine (18). Retrieved 2007-05-07.
  168. ^ Hastings, Chris; Elizabeth Day (2003-04-20). "Rowan Williams apologises to Freemasons". The Daily Telegraph. Archived from the original on 2007-11-23. Retrieved 2007-07-09.
  169. ^ "Freemasonry: Official Statement of the Church of Greece (1933)". Orthodoxinfo.com. 1933-10-12. Retrieved 2011-01-15.
  170. ^ "Freemasonry and Religion". United Grand Lodge of England. Retrieved 2012-02-23.
  171. ^ Sands, David R (2004-07-01). "Saddam to be formally charged". The Washington Times. Retrieved 2006-06-18.
  172. ^ Prescott, Andrew. The Study of Freemasonry as a New Academic Discipline. pp. 13–14. Retrieved 2008-12-18.
  173. ^ "Can a Muslim be a freemason?" . Islamonline.com
  174. ^ "Hamas Covenant 1988". Avalon.law.yale.edu. 1988-08-18. Retrieved 2011-01-15.
  175. ^ Leyiktez, Celil. "Freemasonry in the Islamic World". Retrieved 2 October 2007.
  176. ^ DGLME.org - The District Grand Lodge of the Middle East
  177. ^ Districts Online,Grand Lodge F. & A. M. State of New York
  178. ^ "Masonic mystique " - Dawn.com
  179. ^ Sands, David R (2004-07-01). "Saddam to be formally charged". The Washington Times. Retrieved 2006-06-18.
  180. ^ Famous Freemasons M-Z
  181. ^ 日本 フリーメイスン”. 日本グランド・ロッジ. 2009年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月29日閲覧。
  182. ^ a b 入会希望者の手引き”. 日本グランド・ロッジ. 2009年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月6日閲覧。
  183. ^ a b c d 片桐によれば、日本のフリーメイソンリーは、英語表記をそのまま使っている。よって和訳は非公式な物である。
  184. ^ 片桐三郎 2006, pp. 34-35,94-95
  185. ^ 片桐三郎 2006, p. 35
  186. ^ 片桐は、実務上の根拠のある基本階級と区別して、「階位」と呼んでいる。(片桐三郎 2006, pp. 125-126)
  187. ^ 片桐三郎 2006, p. 149
  188. ^ 有澤玲 1998 附表26頁
  189. ^ ルシファー及びロスチャイルド家を36階級とし、ロスチャイルド、ロックフェラー家など「ロイヤル・ファミリー」とユダヤ教パリサイ派ラビ集団などを35階級、ロスチャイルド・トリビューン(壇)などを34階級とする説があるが、陰謀論の域を出ない。また、特に功績の大きな会員に、33階級相当だが最高大総監より格上の"Grand Cross"(大十字)を授与しているという説もある。
  190. ^ スウェーデン国王専用。
  191. ^ The Swedish Rite スウェーデン・グランド・ロッジ英語版
  192. ^ 吉田進 2006, pp. 339-341
  193. ^ パウル・ネットゥル『モーツァルトとフリーメイスン結社』(音楽之友社、1981年、ISBN 4-276-22117-X)p.222
  194. ^ 吉田進 2006, pp. 326-328
  195. ^ Anti-masonry Frequently Asked Questions Section 5, version 2.9”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  196. ^ a b c d e f 七人の有名な日本人メィーソン”. 東京メソニックセンター. 2009年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月30日閲覧。
  197. ^ a b A Brief History of Freemasonry in Japan”. History. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月6日閲覧。
  198. ^ a b c 赤間剛 1983, p. 81
  199. ^ a b c 赤間剛 1983, p. 80
  200. ^ 1558号 - 丸岡ロータリークラブ (PDF)”. クラブ会報. 国際ロータリー第2650地区 丸岡ロータリークラブ (2010年3月3日). 2013年5月3日閲覧。
  201. ^ 第507号 (PDF)”. 機関紙『友愛』. 一般財団法人 日本友愛協会 (2010年9月10日). 2013年7月29日閲覧。
  202. ^ 沿革〜歴史紹介”. 一般財団法人 日本友愛協会. 2013年7月29日閲覧。
  203. ^ a b テレビ大阪たかじんNOマネー〜人生は金時なり〜』2012年8月25日放送分。
  204. ^ a b フリーメイソン日本史
  205. ^ 笠井重治さん”. 身延町地域資料. 身延町立図書館. 2013年5月3日閲覧。
  206. ^ a b 「赤間剛・氏のフリーメーソン研究その1」
  207. ^ 国際基督教大学学長 日比谷潤子 (2012年4月). “全国のロータリアンの皆様へ 東ヶ崎潔記念ダイアログハウス募金についてのお願い”. Friends of ICU. 国際基督教大学. 2013年5月3日閲覧。
  208. ^ 赤間剛 1983, p. 82
  209. ^ katsuyatakasuのツイート (294104138961276930)
  210. ^ a b 高須家のなりたち”. 一般財団法人 高須克弥記念財団. 2013年8月12日閲覧。
  211. ^ 東本願寺にて得度いたしました。”. 一般財団法人 高須克弥記念財団. 2013年8月19日閲覧。
  212. ^ a b 足跡”. 一般財団法人 高須克弥記念財団. 2013年8月12日閲覧。
  213. ^ 高須克弥 (2013年5月12日). “高須 克弥さんの写真アルバム”. facebook. 2013年5月20日閲覧。
  214. ^ 西原理恵子 (2013年5月12日). “京都”. Ameba BLOG. 2013年5月20日閲覧。
  215. ^ katsuyatakasuのツイート (349545921001959426)
  216. ^ katsuyatakasuのツイート (358786470619803648)
  217. ^ katsuyatakasuのツイート (358881489204674562)
  218. ^ katsuyatakasuのツイート (358884342321254401)
  219. ^ katsuyatakasuのツイート (358934714897281024)
  220. ^ 高須克弥 (2008年8月16日). “僕のビジネスパートナーその⑨”. Ameba BLOG. 2013年8月12日閲覧。
  221. ^ Hitler and Freemasonry”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年8月12日閲覧。
  222. ^ 高須克弥院長 ナチス政策支持のような発言し心配される”. 夕刊 Ameba News (2013年8月2日). 2013年8月12日閲覧。
  223. ^ Benjamin Franklin”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  224. ^ De Witt Clinton”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  225. ^ A Masonic History of Our Flag”. 37th Masonic District of the Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  226. ^ 吉村正和 1989, p. 157
  227. ^ Bicentenial Commemorative Volume of Holland Lodge No. 8, Published by the Lodge, New York, 1988
  228. ^ a b c d e f g h i j Famous Freemasons M-Z”. Lodge St. Patrick No.468 Irish Constitution. 2013年5月3日閲覧。
  229. ^ John Hamill and Robert Gilert (Eds.), Freemasonry, A Celebration Of The Craft p. 230 (J.G. Press, 1998)
  230. ^ From the East (PDF)”. William H. Upton Naval and Military Masonic Lodge No. 206 Free and Accepted Masons of Washington. 2013年5月3日閲覧。
  231. ^ a b c d e f g Hamill, John et al., Freemasonry: A Celebration of the Craft, World Publications, 1999, ISBN 1-57215-267-2
  232. ^ a b King Camp Gillette”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  233. ^ History of the BSA Highlights”. Fact Sheets. Boy Scouts of America. 2013年5月3日閲覧。
  234. ^ William Jennings Bryan”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  235. ^ Henry Ford”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  236. ^ Cordell Hull, (sculpture)”. SIRIS. 2013年10月7日閲覧。
  237. ^ Famous Masons”. King Hiram Lodge #566. 2013年10月7日閲覧。
  238. ^ Famous Masons
  239. ^ Private Lunar ESP: An Interview with Edgar Mitchell”. 2009年10月21日閲覧。
  240. ^ 吉村正和 1989, p. 161
  241. ^ 吉村正和 1989, p. 160
  242. ^ Colonel Harland Sanders”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  243. ^ Lloyd, Harold. “Phoenix Masonry Masonic Museum”. Masonic Research. Phoenix Masonary. 2012年7月29日閲覧。
  244. ^ a b c d e f g A small selection of famous Freemasons”. Prince Albert Lodge No 248 UGLQ. 2013年5月3日閲覧。
  245. ^ a b c d e f g h i j k l Famous Freemasons 2/3”. Regular Grand Lodge of Serbia A.F. & A.M. 2013年5月3日閲覧。
  246. ^ Paul Whiteman”. St. Cecile Lodge #568. 2013年10月4日閲覧。
  247. ^ Famous Freemasons”. Lodge St Andrew No.228. 2013年10月2日閲覧。
  248. ^ Louis Armstrong”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年10月4日閲覧。
  249. ^ a b c d e f g h i Famous Freemasons A-L”. Lodge St. Patrick No.468 Irish Constitution. 2013年5月3日閲覧。
  250. ^ a b c d Famous Masons”. Matawan Lodge No. 192 F&AM. 2013年5月3日閲覧。
  251. ^ a b John Steinbeck”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  252. ^ 吉田進 2006, p. 389
  253. ^ a b Josephine Baker”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年10月28日閲覧。
  254. ^ Kathy Belge. “Josephine Baker”. About.com. 2013年5月3日閲覧。
  255. ^ a b Harold Stassen”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  256. ^ 吉田進 2006, p. 384
  257. ^ 吉田進 2006, pp. 388-389
  258. ^ Famous Masons”. Pinal Lodge #30. 2012年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月2日閲覧。
  259. ^ Famous Or Well Known Masons”. John Warren Lodge. 2013年5月3日閲覧。
  260. ^ Dave Thomas”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  261. ^ TO THE SOLDIERS OF THE LIGHT”. The Supreme Council, 33°, A. & A.S.R. of Freemasonry, S.J., U.S.A. 2013年5月3日閲覧。
  262. ^ Steve Wozniak”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  263. ^ a b February's Famous Masonic Men: Famous Black Masons”. Acacia Lodge #20 on MasterMason.com (www.mastermason.com/acacia). 2013年9月16日閲覧。
  264. ^ Famous Prince Hall freemasons”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  265. ^ Shaquille O'Neal is made a Freemason "At Sight" - June 11, 2011 - Google+
  266. ^ a b c d Paul M. Bessel (Past Senior Grand Warden of the Grand Lodge of Washington DC). “U.S. Presidents and Freemasonry”. Paul M. Bessel's Homepage. 2013年9月23日閲覧。
  267. ^ a b Paul M. Bessel (Past Senior Grand Warden of the Grand Lodge of Washington DC). “Vice Presidents of the U.S. & Freemasonry”. Paul M. Bessel's Homepage. 2013年9月23日閲覧。
  268. ^ Federal Masonic Lodge 2013年9月5日”. Federal Masonic Lodge No. 1 on facebook. 2013年9月23日閲覧。
  269. ^ GEORGE WASHINGTON”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  270. ^ JAMES MONROE”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  271. ^ ANDREW JACKSON”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  272. ^ JAMES BUCHANAN”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  273. ^ KNOX POLK”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  274. ^ ANDREW JOHNSON”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  275. ^ JAMES ABRAM GARFIELD”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  276. ^ WILLIAM McKINLEY”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  277. ^ WARREN GAMALIEL HARDING”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  278. ^ FRANKLIN DELANO ROOSEVELT”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  279. ^ a b HARRY S TRUMAN”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  280. ^ Masonic Presidents Of The United States”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  281. ^ a b GERALD RUDOLPH FORD”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  282. ^ Rowe, Abbie (1950年2月22日). “Truman and Others at Masonic Memorial”. Truman Library Photographs. Harry S. Truman Library and Museum. 2013年5月3日閲覧。
  283. ^ a b c Volume XCIII, Number 12 (PDF)”. Blackmer Lodge Trestleboard. Amity Lodge No. 442 Free and Accepted Masons in California (2006年12月). 2013年5月3日閲覧。
  284. ^ Bibles and Scripture Passages Used by Presidents in Taking the Oath of Office”. アメリカ議会図書館. 2013年5月3日閲覧。
  285. ^ Facts, Firsts and Precedents”. Joint Congressional Committee on Inaugural Ceremonies. 2013年5月3日閲覧。
  286. ^ a b c Dan Brown’s ‘The Lost Symbol’ - A curse or a blessing in disguise?”. Lodge St. Patrick No.468 Irish Constitution in New Zealand. 2013年5月3日閲覧。
  287. ^ Abraham Lincoln”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  288. ^ United States Presidents”. Wilmette Park Lodge No. 931 on "MasterMason.com". 2013年9月25日閲覧。
  289. ^ a b Hall of Fame”. DeMolay International. 2013年5月3日閲覧。
  290. ^ US President Barack Obama is not a freemason”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年7月11日閲覧。
  291. ^ Famous Masons”. Pinal Lodge #30 F&AM, Casa Grande, AZ. 2013年5月6日閲覧。
  292. ^ James Cook”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年10月7日閲覧。
  293. ^ Charles Montesquieu”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  294. ^ Charles Montesquieu”. Regular Grand Lodge of Serbia A.F. & A.M. 2013年5月3日閲覧。
  295. ^ The Annihilation of Freemasonry by Sven G. Lunden
  296. ^ 吉村正和 1989, p. 109
  297. ^ Denis Diderot”. Regular Grand Lodge of Serbia A.F. & A.M. 2013年5月3日閲覧。
  298. ^ 純丘皦綺 (2001年). “近代の結社活動 — フリーメイソンリーを中心に — (PDF)”. 純丘曜彰 アネックス 哲学研究室. 2013年5月6日閲覧。
  299. ^ Malcolm Boyd (1992). Music and the French revolution. Cambridge University Press. p. 95. ISBN 9780521402873. 
  300. ^ a b Joseph-Ignace Guillotin”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  301. ^ Victor Hugo”. Pro Europa - Ambelos Cultural Center. 2013年7月29日閲覧。
  302. ^ Douze petits portraits de grands Européens et Européennes”. Toute l'Europe (2010年9月16日). 2013年7月22日閲覧。
  303. ^ 吉田進 2006, p. 250
  304. ^ 吉田進 2006, p. 248
  305. ^ Napoleon I. and Freemasonry”. Ars Quatuor Coronatorum. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  306. ^ Why Napoleon Bonaparte?”. Lodge Napoleon Bonaparte. 2010年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月23日閲覧。
  307. ^ Robert Ambelain (2009年4月10日). “Napoleon Bonaparte-Freemason”. Lodge Napoleon Bonaparte公式ブログ. 2013年8月23日閲覧。
  308. ^ a b c d e Famous Freemasons 3/3”. Regular Grand Lodge of Serbia A.F. & A.M. 2013年5月3日閲覧。
  309. ^ BENITO JUAREZ, HIS MASONIC FORMATION, STRUGGLES AND LEGACY”. Northern California Research Lodge. 2013年10月28日閲覧。
  310. ^ The Freemasons' Magazine and Masonic Mirror. Vol. XVIII. (New Series) January to June, 1868. London: The Freemasons' Magazine Company Ltd.. (1868). p. 483. http://books.google.com/books?id=lFMFAAAAQAAJ&pg=PA483. 
  311. ^ Some Famous Freemasons”. Gran Lògia d'Andorra. 2013年5月16日閲覧。
  312. ^ Frédéric Auguste Bartholdi”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  313. ^ a b c d e f Famous Freemasons 1/3”. Regular Grand Lodge of Serbia A.F. & A.M. 2013年5月3日閲覧。
  314. ^ メイナード・ソロモン『モーツァルト』(新書館、1999年、ISBN 4-403-12006-7)ほか。
  315. ^ A Bavarian Illuminati primer”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  316. ^ Poznati masoni”. Velika Masonska Loža Srbije. 2013年7月11日閲覧。
  317. ^ Friedrich von Schiller”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  318. ^ a b LUDWIG VAN BEETHOVEN”. Loge Beethoven zur ewigen Harmonie in Bonn. 2013年8月19日閲覧。
  319. ^ a b V. Christian Gottfried Körner”. Unser Namenspatron. Freimaurerloge 'Schiller'. 2013年7月15日閲覧。
  320. ^ Friedrich Schiller”. Regular Grand Lodge of Serbia A.F. & A.M. 2013年7月11日閲覧。
  321. ^ a b VIII. Die "Ode an die Freude"”. Unser Namenspatron. Freimaurerloge 'Schiller'. 2013年7月11日閲覧。
  322. ^ Franz-L. Bruhns (Altstuhlmeister Freimaurerloge "Am Rauhen Stein"). “Johann Christoph Friedrich Schiller”. Internetloge, Hamburg. 2013年7月11日閲覧。
  323. ^ 吉田進 2006, p. 46
  324. ^ Ludwig van Beethoven”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年8月19日閲覧。
  325. ^ 吉田進『フリーメイソンと大音楽家たち』(国書刊行会)のp.158以下を参照。
  326. ^ 吉田進 2006, p. 275
  327. ^ 吉田進 2006, p. 293
  328. ^ 吉田進 2006, p. 273
  329. ^ a b c Don Michael Randel (2003). The Harvard Dictionary of Music. Harvard University Press. p. 334. ISBN 9780674011632. 
  330. ^ The Cambridge Biographical Encyclopedia. Cambridge University Press. (2000). ISBN 0-521-63099-1. 
  331. ^ 吉田進 2006, p. 381
  332. ^ 吉田進 2006, p. 54
  333. ^ 吉村正和 1989, pp. 55-56
  334. ^ 吉田進 2006, p. 266
  335. ^ 吉田進 2006, p. 227
  336. ^ 吉田進 2006, p. 340
  337. ^ a b c d 「法王暗殺」デイビッド・ヤロップ著 文藝春秋 1985年
  338. ^ テア・ライトナー『ハプスブルクの子供たち』(新書館、1997年、p118 ISBN 4-403-24042-9
  339. ^ Franz Joseph Haydn”. カトリック百科事典. 2013年5月13日閲覧。
  340. ^ Some Famous Masons”. Menifee Valley Lodge No. 289, F.&A.M. 2013年5月13日閲覧。
  341. ^ History Corner”. Golden Star 484 Freemason Lodge Drygen Ontario. 2013年5月13日閲覧。
  342. ^ About Freemasons”. Susquehanna Lodge 130 A.F. & A.M. Masonic Temple. 2013年5月13日閲覧。
  343. ^ Famous Freemasons”. Howard Lodge Number 101. 2013年5月13日閲覧。
  344. ^ Pre Degree Candidate Education Part II”. Huntsville Lodge No. 364 Free and Accepted Masons of Arkansas. 2013年5月13日閲覧。
  345. ^ Lorenz Leopold Haschka”. カトリック百科事典. 2013年5月13日閲覧。
  346. ^ Paul Nettl (1957). MOZART and MASONRY. Philosophical Library. p. 139. ISBN 1566490618. 
  347. ^ テア・ライトナー『ハプスブルクの子供たち』(新書館、1997年、p119 ISBN 4-403-24042-9
  348. ^ 茅田俊一『フリーメイスンとモーツァルト』(講談社、1997年、p.257 ISBN 4-06-149369-8
  349. ^ Wolfgang Amadeus Mozart”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年7月18日閲覧。
  350. ^ Richard N. Coudenhove-Kalergi (2011年9月1日). Pan-Europa. Félix de la Fuente (traducción), Otto de Habsburgo (prólogo). Paneuropa Verlag GmbH, Augsburg y Ediciones Encuentro, S. A., Madrid. pp. 190-191. ISBN 9788499205540. http://books.google.com/books?id=N-drFWKFS3UC&pg=PA190. 
  351. ^ Пан-Европа Куденхове-Калерги – человек, проект”. 汎ヨーロッパ連合 (PANEUROPA.ru). 2013年5月3日閲覧。
  352. ^ 高嶋久 (2010年5月17日). “書評: 青山栄次郎伝”. 世界日報社. 2013年10月7日閲覧。
  353. ^ Рихард Николас фон Куденхове-Калерги”. 汎ヨーロッパ連合 (PANEUROPA.ru). 2013年7月29日閲覧。
  354. ^ 吉村正和 1989, p. 108
  355. ^ a b William Byron, Lord Byron of Rochdale”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  356. ^ George Gordon 6th Baron, Byron of Rochdale”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  357. ^ Erasmus Darwin”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  358. ^ a b c d e 吉村正和 1989, p. 11
  359. ^ a b c Are you thinking of becoming a Freemason?”. UGLE Booklet. United Grand Lodge of England. 2013年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  360. ^ JOHN STAFFORD SMITH”. Onondaga County Masonic District. 2013年5月3日閲覧。
  361. ^ Winston Churchill”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  362. ^ Famous Freemasons » Charlie Chaplin”. Regular Grand Lodge of Serbia A.F. & A.M. 2013年10月28日閲覧。
  363. ^ a b Famous Masons”. Lake City Lodge No. 127. 2013年5月3日閲覧。
  364. ^ Famous Masons”. Grand Lodge of England. 2013年5月3日閲覧。
  365. ^ Famous Freemasons”. Grand Lodge of Scotland. 2013年5月3日閲覧。
  366. ^ Famous Masons”. Tees Lodge 509 in the Province of Durham. 2013年5月3日閲覧。
  367. ^ History - The Liverpool Group”. The Liverpool Group. 2013年5月3日閲覧。
  368. ^ Famous British Freemasons”. Foundation Lodge 82. 2013年5月3日閲覧。
  369. ^ United Grand Lodge of England » Who's Who
  370. ^ Welsh Freemasonry”. The Masonic High Council the Mother High Council of the World of the Most Ancient and Honourable Fraternity of Free and Accepted Masons. 2013年5月3日閲覧。
  371. ^ Andrew Bell”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  372. ^ a b Famous Scottish Freemasons”. Lodge Stirling Royal Arch No.76. 2013年5月3日閲覧。
  373. ^ Sir Alexander Fleming”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  374. ^ Oscar Fingal O'Flaherty Wills Wilde”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  375. ^ News Features - Catholic Culture
  376. ^ 聖パウロ会ニュース・[訃報]ロザリオ・フランチェスコ・エスポジト神父
  377. ^ Famous Belgian freemasons Grand Orient of Belgium
  378. ^ 吉田進 2006, p. 300
  379. ^ a b c d e f Wirtualny Wschód Wolnomularski
  380. ^ ミュシャ・リミテッド編 島田紀夫・坂上桂子訳『アルフォンス・ミュシャ 波乱の生涯と芸術』(講談社、2001年、ISBN 4-403-12006-7)p.154
  381. ^ Exsequi Lodge History: Famous Freemasons
  382. ^ 彼とフリーメイソンの関係については、福田弥『リスト』(音楽之友社)pp.70-72や、吉田進『フリーメイソンと大音楽家たち』(国書刊行会)pp.312-326を参照。
  383. ^ Den Danske Frimurerorden”. デンマーク大百科事典. 2013年5月3日閲覧。
  384. ^ Famous freemasons”. WHAT IS FREEMASONRY?. United Grand Lodges of Serbia. 2013年5月3日閲覧。
  385. ^ a b c d e f Some famous personalities”. Grand Lodge Alpina of Switzerland. 2013年5月3日閲覧。
  386. ^ Founding and early years of the ICRC (1863-1914)”. 赤十字国際委員会. 2013年5月3日閲覧。
  387. ^ Henry Dunant (1828-1910)”. 赤十字国際委員会. 2013年5月3日閲覧。
  388. ^ a b c フランス大東社 (2013年4月6日). “Grand Orient de France 4月6日”. facebook. 2013年5月13日閲覧。
  389. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「our-values」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  390. ^ LeoTolstoy”. Regular Grand Lodge of Serbia A.F. & A.M. 2013年5月3日閲覧。
  391. ^ 吉田進 2006, p. 379
  392. ^ a b Dr. James Naismith”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年9月16日閲覧。
  393. ^ The History of Masonry in Brazil – Bibliography: Menezes, Manuel Joaquim de, Exposição Histórica da Maçonaria no Brasil (1857); Mello, Mário Carneiro do Rego, A Maçonaria e a Revolução Republicana de 1817 (1912); Amaral, Braz do, A Conspiração Republicana da Bahia de 1798 (1926); Barros, F. Borges de, Primórdios das Sociedades Secretas na Bahia (1928); Kloppenburg, Boaventura, A Maçonaria no Brasil (Orientação para os Católicos) (1961)
  394. ^ 神代修『シモン・ボリーバル』
  395. ^ a b 高橋均『サンディーノ戦記』
  396. ^ Year: 1931, Number: 13-2”. The Nomination Database for the Nobel Peace Prize, 1901-1956. The Official web site of the Nobel Prize. 2013年10月9日閲覧。
  397. ^ Year: 1904, Number: 18-24”. The Nomination Database for the Nobel Peace Prize, 1901-1956. The Official web site of the Nobel Prize. 2013年10月9日閲覧。
  398. ^ Famous Filipino Masons - Jose Rizal
  399. ^ Charles Kingsford Smith”. Australian Government. 2013年8月12日閲覧。
  400. ^ a b c d e f g Famous Australian Freemasons”. Our History. Freemasons Victoria. 2013年5月3日閲覧。
  401. ^ a b c d e Freemasons in Far north Queensland”. District Grand Lodge of Carpentaria. 2013年5月3日閲覧。
  402. ^ SIR CHARLES KINGSFORD-SMITH (PDF)”. New South Wales Masonic Club (2007年3月). 2013年8月2日閲覧。
  403. ^ 吉村正和 1989, p. 56
  404. ^ 【中国BBS】金正恩氏はフリーメーソン? 右手を懐に入れる理由”. サーチナニュース (2013年4月20日). 2013年9月16日閲覧。
  405. ^ 프리메이슨 ‘은밀한 수신호’ 나폴레옹 초상화서 발견 ‘경악’”. 中央日報 (2011年9月25日). 2013年9月16日閲覧。
  406. ^ a b c d 礒崎敦仁; 澤田克己 (2010). LIVE講義北朝鮮入門. 東洋経済新報社. ISBN 9784492211922. 
  407. ^ 「サッカー、バスケを支援せよ」スポーツ振興、金正恩流「国策」 対南・米カードに(2/2ページ)”. 産経新聞 (2013年8月14日). 2013年9月16日閲覧。
  408. ^ a b 訪朝の元NBAのロッドマン氏、金正恩氏とバスケ観戦 「生涯の友」”. CNN (2013年3月1日). 2013年9月16日閲覧。 “ロッドマンさんは観戦後、「あなたは生涯の友だ」と金第1書記に語りかけた。”
  409. ^ Lynn Zinser (2013年2月28日). “Rodman Meets With North Korean Leader, Courtside”. ニューヨーク・タイムズ. 2013年9月16日閲覧。
  410. ^ ロッドマン氏が再訪朝、「バスケ外交」”. CNN (2013年9月3日). 2013年9月16日閲覧。 “友人の金第1書記に会いに行くだけだ”
  411. ^ 金第1書記誕生日に交流試合=12月に再訪朝-ロッドマン氏”. 時事通信社 (2013年9月10日). 2013年9月16日閲覧。
  412. ^ Shriners International公式HP
  413. ^ Lloyd, Harold. “Phoenix Masonry Masonic Museum”. Masonic Research. Phoenix Masonary. 2012年7月29日閲覧。
  414. ^ Masons and Shriners参照
  415. ^ Mozart’s masonic music”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年7月18日閲覧。
  416. ^ Mozart war es sicher nicht! (PDF)”. Austria-Forum. 2013年7月18日閲覧。
  417. ^ Dardis McNamee (2011). “Austria Today: Singing a New song”. Frommer's Austria. John Wiley & Sons. ISBN 9781119994510. "... fellow Free Mason Johann Baptist Holzer ..." 
  418. ^ Les Neuf Sœurs”. Les Neuf Sœurs. 2013年7月18日閲覧。

参考文献[編集]

発展資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg United Grand Lodge of England: UGLEchannel, on YouTube.
Nuvola apps kaboodle.svg Freemasonry - The Journey of Your Life Part 1, 2, 3, by a freemason Julian Rees, on YouTube Lewis Masonic Channel.
日本の団体
欧米の団体