フリーマン・フリーマン=トーマス (初代ウィリングドン侯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
初代ウィリングドン侯爵
フリーマン・フリーマン=トーマス
Freeman Freeman-Thomas
1st Marquess of Willingdon
Freeman Freeman-Thomas by Henry Walter Barnett.jpg
生年月日 1866年9月12日
没年月日 1941年8月12日(満74歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
所属政党 自由党
称号 初代ウィリングドン侯爵英語版聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロス(GCMG)、スター・オブ・インディア勲章英語版ナイト・グランド・コマンダー(GCSI)、インド帝国勲章英語版ナイト・グランド・コマンダー(GCIE)、枢密顧問官(PC)
配偶者 マリー・アデレード

任期 1926年10月2日 - 1931年4月4日[1]
国王 ジョージ5世

任期 1931年4月18日 - 1936年4月18日[2]
皇帝 ジョージ5世
エドワード8世

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 ハスティングス選挙区英語版
ボドミン選挙区英語版
任期 1900年10月1日 - 1906年1月12日
1906年7月24日 - 1910年1月15日[3]

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1910年7月20日 - 1941年8月12日[3]
テンプレートを表示

初代ウィリングドン侯爵、フリーマン・フリーマン=トーマス: Freeman Freeman-Thomas, 1st Marquess of Willingdon, PC, GCSI, GCMG, GCIE, GBE1866年9月12日 - 1941年8月12日)は、イギリス政治家貴族

1931年から1936年にかけてインド総督を務め、反英運動を徹底的に弾圧した。

経歴[編集]

インド総督就任まで[編集]

カナダ総督時代の1927年、総督近衛隊英語版を閲兵するウィリングドン卿。

1866年9月12日フリーマン・トーマス英語版とその夫人マーベル(初代ハンプデン子爵ヘンリー・ブランド英語版の娘)の間の長男として生まれる[4][5]。生誕時の家名はトーマスだけだった[4]

イートン校を経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジへ進学[5]

1892年に初代ブラッシー男爵トーマス・ブラッシー英語版の娘マリー・アデレードと結婚[4]。同年家名をフリーマン=トーマスに変更した[5][4]

1897年から1900年にかけて当時ヴィクトリア総督英語版を務めていた義父ブラッシー卿の副官を務める[5]

1900年から1906年までハスティングス選挙区英語版、1906年から1910年までボドミン選挙区英語版から選出されて庶民院議員を務めた[5]

1905年には下級大蔵卿(Junior Lord of the Treasury)に就任[5]

1910年7月20日にウィリングドン男爵に叙されて貴族院議員に列した[5][3]

1911年から1913年にかけては国王ジョージ5世の侍従(Lord-in-Waiting)を務める[5]。ジョージ5世とテニス仲間として親密な関係を築いた[6]

ジョージ5世の推挙により[7]、1913年から1918年にかけてはインドのボンベイ総督英語版、1919年から1924年にかけてはインドのマドラス総督英語版を務める[5]。ウェリングドン卿はこの頃からインド自治運動に否定的であり、1921年に導入された州自治の両頭制を嫌悪していた。しかしマドラスでは非インド国民会議系の正義党が政権を握っていたので彼の統治は安泰だった[7]

1924年6月にウィリングドン子爵に叙される[3]1926年10月から1931年4月にかけてはカナダ総督を務めた[1]。1931年2月にはウィリングドン伯爵に叙される[3]

インド総督[編集]

晩年のウィリングドン卿

1931年4月、アーウィン卿に代わってインド総督に就任した。時の英国首相マクドナルドは国王ジョージ5世に労働党系の貴族を新総督として推挙していたが、ジョージ5世はそれに難色を示し、国王の独断でウィリングドン卿が任命されたという経緯だった[7]

総督就任時65歳であり、コーンウォリス卿以来の高齢総督だった[7]。前総督アーウィン卿がインド人の反英運動に宥和的だったのと対照的にウィリングドン卿は恐怖による支配を志向し、ロンドンでの円卓会議決裂後にはじまった第二次不服従運動を徹底的に弾圧した。3カ月間だけでガンジーはじめ4万人以上のインド人が政治犯として大量投獄された[8][9]

ベンガルで激化していた反英テロ活動もアイルランド反英テロ運動鎮圧で功績をあげたジョン・アンダーソン英語版をベンガル総督(Governor of Bengal)に登用することで徹底的に鎮圧した[8]

ガンジーとインド国民会議を嫌悪していた。ガンジーについて「聖人と陰謀家の2つの顔を併せ持つ二重人格者」と評しており、一度も会見には応じなかった[7]

1936年4月に退任した[2]

総督退任後[編集]

1936年5月にウィリングドン侯爵に叙された[3]。1936年から1941年にかけて五港長官英語版を務める[5]。1941年8月12日にロンドンで死去した[5]

栄典[編集]

爵位[編集]

  • 1910年、初代ウィリングドン男爵(連合王国貴族爵位)[10]
  • 1924年、初代ウィリングドン子爵(連合王国貴族爵位)[11]
  • 1931年、初代ウィリングドン伯爵、初代Ratendone子爵(連合王国貴族爵位)[12]
  • 1936年、初代ウィリングドン侯爵(連合王国貴族爵位)[3]

勲章[編集]

その他[編集]

家族[編集]

1892年に初代ブラッシー男爵トーマス・ブラッシー英語版の娘マリー・アデレードと結婚し、彼女との間に以下の2子を儲ける[4]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 秦(2001) p.567
  2. ^ a b 秦(2001) p.101
  3. ^ a b c d e f g UK Parliament. “Mr Freeman Freeman-Thomas” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年2月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e Lundy, Darryl. “VFreeman Freeman-Thomas, 1st Marquess of Willingdon” (英語). thepeerage.com. 2014年2月17日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Venn, J.; Venn, J. A., eds (1922–1958). “Rothschild, Leopold Lionel”. Alumni Cantabrigienses (online ed.). Cambridge University Press. 
  6. ^ 浜渦(1999) p.179-180
  7. ^ a b c d e 浜渦(1999) p.180
  8. ^ a b 浜渦(1999) p.182
  9. ^ メトカーフ(2006) p.278
  10. ^ London Gazette: no. 28398, p. 5269, 1910年7月22日. 2014年2月17日閲覧。
  11. ^ London Gazette: no. 32949, p. 4887, 1924年6月24日. 2014年2月17日閲覧。
  12. ^ London Gazette: no. 33692, p. 1283, 1931年2月24日. 2014年2月17日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

官職
先代:
ジョージ・クラーク英語版
ボンベイ総督英語版
1913年1918年
次代:
ジョージ・ロイド英語版
先代:
アレグザンダー・カーデュー英語版
マドラス総督英語版
1919年1924年
次代:
第2代ゴッシェン子爵英語版
先代:
初代ビング・オブ・ヴィミー男爵英語版
カナダの旗 カナダ総督
1926年1931年
次代:
第9代ベスボロー伯爵英語版
先代:
初代アーウィン男爵
イギリス領インド帝国の旗 インド副王兼総督
1931年1936年
次代:
第2代リンリスゴー侯爵
宮廷職
先代:
初代コールブルック男爵英語版
侍従(Lord-in-Waiting
1911年1913年
次代:
初代アシュビー・セント・レジャーズ男爵英語版
名誉職
先代:
初代レディング侯爵
Lord Warden Cinque Ports (Lord Boyce).svg 五港長官英語版
1936年1941年
次代:
ウィンストン・チャーチル
イギリスの爵位
新設 初代ウィリングドン侯爵英語版
1936年1941年
次代:
イニゴ・フリーマン・トーマス英語版
初代ウィリングドン伯爵
1931年 – 1941年
初代ウィリングドン子爵
1924年 – 1941年
初代ウィリングドン男爵
1910年 – 1941年