フリーポート・マクモラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フリーポート・マクモラン(正式名称:Freeport-McMoRan Copper & Gold Inc.,NYSEFCX)は、チリのコデルコ社と並ぶモリブデン生産における最大級の企業であり、の鉱山会社。本社は米国ルイジアナ州ニューオーリンズ

06年11月19日、世界最大級の銅会社であったフェルプス・ドッジを、株式1株につき$88の現金及びフリーポート・マクモランの株式0.67株という条件で吸収合併した結果、資源メジャーとなった。

銅の副産物として、金、、モリブデン、レニウムを扱う鉱山会社。銅だけでなく、他の副産物も市況が高騰していることにより、銅クレジットの低減に役立っている。副産物の内、モリブデン部門については、吸収したフェルプス・ドッジ社が保有していたクライマックス・モリブデン社という関連会社が業務を担当している。

2012年1月、インドネシアパプア州の鉱山開発に伴う環境破壊と、それに抗議する住民への拷問・残虐行為を理由に、世界最悪企業賞(パブリックアイ・アワード)の6位に選出された。

外部リンク[編集]