フリードリヒ (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フリードリヒ(Friedrich, 1339年 - 1393年12月4日)は、14世紀バイエルン公シュテファン2世シチリア王フェデリーコ2世の娘イザベッラの次男。シュテファン3世の弟、ヨハン2世の兄。下バイエルン=ランツフート

1375年、父の遺領を兄のシュテファン3世、弟のヨハン2世と共に相続したが、1392年には領土を3分割し、シュテファン3世はインゴルシュタット、フリードリヒはランツフートを、ヨハン2世はミュンヘンを治める事になった。1387年ザルツブルク大司教シュヴァーベン都市同盟ドイツ語版英語版の対立に介入している。

1393年ブトヴァイスで急死し、子のハインリヒ16世が後を継いだ。

家族[編集]

1360年にアンナ・フォン・ノイフェンと結婚した。彼女との間に生まれたエリーザベト(1361年 - 1382年)はミラノ僭主ベルナボ・ヴィスコンティジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの叔父)の息子マルコ・ヴィスコンティと結婚した。

1381年にベルナボ・ヴィスコンティの娘マッダレーナ(1366年 - 1404年)と再婚した。

  1. エリーザベト(1383年 - 1444年) - ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ1世と結婚。
  2. マルガレータ(1384年)
  3. ハインリヒ16世(1386年 - 1450年)
  4. マリア(1388年 - 1410年) - ゲルツ伯ヨハン・マインハルト7世と結婚。
  5. ヨハン(1390年)
先代:
シュテファン2世
下バイエルン=ランツフート
1375年 - 1393年
シュテファン3世ヨハン2世と共同統治
(1392年まで)
次代:
ハインリヒ16世