フリードリヒ3世 (プファルツ選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ3世
フリードリヒ3世

フリードリヒ3世(Friedrich III., 1515年2月14日 - 1576年10月26日)はプファルツ選帝侯(在位:1559年 - 1576年)。プファルツ=ジンメルン=シュポンハイム伯ヨハン2世バーデン辺境伯クリストフ1世の娘ベアトリクスの子。

遠戚のオットー・ハインリヒに実子がなかったため、プファルツ系ヴィッテルスバッハ家の別系統から選帝侯位を継いだ。オットー・ハインリヒの家系とフリードリヒ3世の属するジンメルン家系とは、神聖ローマ皇帝ループレヒト(プファルツ選帝侯としてはループレヒト3世)の息子の代で枝分かれしており、フリードリヒ3世はループレヒトの5代後の子孫である。

熱心なカルヴァン派で、1563年聖餐論論争からハイデルベルク信仰問答を出版した。

子女[編集]

1537年ブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯カジミールの娘マリアと結婚し、6男5女をもうけた。

先代:
オットー・ハインリヒ
プファルツ選帝侯
1559年 - 1576年
次代:
ルートヴィヒ6世