フリードリヒ2世 (ヘッセン=カッセル方伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ2世

フリードリヒ2世Friedrich II., 1720年8月14日 - 1785年10月31日)は、ヘッセン=カッセル方伯(在位:1760年 - 1785年)。ヴィルヘルム8世とその妻であったザクセン=ツァイツ公モーリッツ・ヴィルヘルムの公女ドロテア・ヴィルヘルミーナ(1691年 - 1743年)の息子。

1740年イギリス王兼ハノーファー選帝侯ジョージ2世の王女メアリー(1723年 - 1772年)と結婚した(式は5月8日に代理人を介してロンドンで、6月28日に本人が出席してカッセルでそれぞれ行なわれた)。2人の間には、ヴィルヘルム(夭逝)、ヴィルヘルム(後のヘッセン選帝侯ヴィルヘルム1世)、カール(1744年 - 1836年)、フリードリヒ(1747年 - 1837年)の4子が生まれた。また、1772年にメアリーと死別すると1773年1月10日ベルリンにてブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フリードリヒ・ヴィルヘルムの娘フィリッピーネと再婚したが、彼女との間には子供は生まれなかった。

1749年に父と共にケルン大司教クレメンス・アウグスト・フォン・バイエルンを訪ねた際、カトリックに改宗したが、ヘッセン=カッセルの宗教はカルヴァン派にとどめ、自身の子供もプロテスタントとして育てた。

1760年、父の死によってヘッセン=カッセル方伯位を嗣いだ。1775年アメリカ独立戦争が勃発するとフリードリヒ2世はイギリスとの間に傭兵提供条約を結び、これによって莫大な収益をあげた。

1785年にカッセルで死去し、次男ヴィルヘルムがヴィルヘルム9世として方伯位を嗣いだ。

関連項目[編集]

先代:
ヴィルヘルム8世
ヘッセン=カッセル方伯
1760年 - 1785年
次代:
ヴィルヘルム9世