フリードリヒ・ヴィーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ・ヴィーク

フリードリヒ・ヴィークFriedrich Wieck, 1785年8月18日 - 1873年10月6日)は、ドイツ音楽家、音楽教育者。作曲家ロベルト・シューマン、ピアニストのハンス・フォン・ビューローのピアノ教師であり、またシューマンと結婚したクララの父である。

生涯[編集]

ザクセン=アンハルト州ヴィッテンベルク近郊のプレッチュ(Pretzsch)生まれ。若い頃は神学を学んでいたが、ピアノのための音楽に熱中するあまりに職業的訓練を受け、ピアノ工場と楽譜出版社を創立した。

彼は二度結婚している。最初の妻は声楽家ピアニストのマリアンネ・トロムリッツ (Marianne Tromlitz) で、クララは彼女との間の娘である。二度目の妻は20歳年下のクレメンティーネ・フェヒナー (Clementine Fechner) である。

ヴィークは19世紀初頭のドイツ語圏で最も重要な音楽教育者のひとりであり、最も成功した弟子は娘のクララである。ヴィークはクララにレッスンを施した上、ヨーロッパ内の演奏旅行を組織し、その活発な活動を通じて早くからクララを有名にした。フェリックス・メンデルスゾーンの設立したライプツィヒ音楽院に、ピアノの教授として就任を打診されたこともあった。

後にクララの夫となるシューマンも、2年間は彼の弟子であった。ヴィークはシューマンの音楽評論中にしばしば登場する「ラロ先生」のモデルである。クララとシューマンの交際が明らかになると、ヴィークは長い間2人の結婚に反対したが、クララとシューマンはついに訴訟をおこし、1840年に結婚を実現させた。ヴィークは裁判に負けた後、ドレスデンに移り住み、3年後の1843年にシューマン夫妻と和解した。

ドレスデン近郊のロシュヴィッツ (Loschwitz) で没した。

外部リンク[編集]