フリードリヒ・フォン・プロイセン (1911-1966)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フリードリヒ・フォン・プロイセン(Friedrich von Preußen, 1911年12月19日 - 1966年4月20日)は、プロイセン王国の王族。全名はフリードリヒ・ゲオルク・ヴィルヘルム・クリストフFriedrich Georg Wilhelm Christoph)。最後のドイツ皇太子ヴィルヘルムの四男で、ヴィルヘルム2世の孫の一人。

フリードリヒは1911年12月19日ベルリンで、ヴィルヘルムとメクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ3世の娘ツェツィーリエ(1886年 - 1954年)の間に第四子として生まれた。

1918年ドイツ革命で皇族としての地位を失い、1936年にはイギリスに渡った。第二次世界大戦が勃発すると拘束されカナダへ移送されたが、王太后メアリー(1867年 - 1953年、ジョージ5世妃)のとりなしによってイギリスへ戻った。1945年7月30日に第2代アイヴァ伯爵ルーパート・ギネスen:Rupert Guinness, 2nd Earl of Iveagh)の娘ブリジッド・ギネス(1920年 - 1995年)と結婚し、三男二女をもうけた。二女のアントニア(1955年 - )は第8代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリーの長男アーサーの妻となっている。

フリードリヒはイングランドハートフォードシャーで暮らしたが、ラインハルツハウゼン城ヘッセン州ダルムシュタット県)の所有者として時折ドイツを訪れていた。そして1966年4月20日、そのラインハルツハウゼン城で死去した。