フリードリヒ・ハーゼノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Friedrich Hasenöhrl

フリードリッヒ・ハーゼノール(Friedrich Hasenöhrl、1874年11月30日 - 1915年10月7日)はオーストリアの物理学者。アインシュタインの有名なエネルギーと質量の関係式E=mc²と同じ形の式を、1904年に発表していたとされる。

ウィーンに生まれ、ウィーン大学ヨーゼフ・シュテファンルートヴィッヒ・ボルツマンの元で学び、ライデン大学の低温研究所でヘンドリック・ローレンツのもとで研究した。1905年にアルベルト・アインシュタイン相対性理論で導いた質量とエネルギーの関係をその前年に発表していた。1907年に、ボルツマンの後をついでウィーン大学の理論物理学部長となり、エルヴィン・シュレーディンガーら、多くの物理学者を育てた。1914年、第一次世界大戦が始まると、オーストリア・ハンガリー帝国陸軍に志願し、南チロルでイタリア軍と戦って40歳で戦死した。