フリードリヒ・トゥタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フリードリヒ・トゥタFriedrich Tuta, 1269年 - 1291年8月16日、副え名ははっきりとしないが「吃音伯」と呼ばれていたらしい)は、マイセン辺境伯摂政を務めた人物。ランツベルク辺境伯ディートリヒ2世(賢伯)とブランデンブルク辺境伯ヨハン1世の娘ヘレネの子として生まれた。

1285年に亡くなった父の所領を相続し、1288年に祖父のハインリヒ3世(貴顕伯)も亡くなると、マイセン辺境伯領の一部を受け継いだ。この相続が伯父アルブレヒト2世(堕落伯)と並行して同時に行われたのかどうかは議論の余地がある。後の1289年に彼はマイセンの一部と叔父フリードリヒ・クレムの所領を購入している。

フリードリヒ・トゥタは毒を盛られ、子供を遺さずに1291年8月16日に亡くなった。彼は未亡人となったカテリーナ(下バイエルン公ハインリヒ13世の娘、1303年没)と娘のエリザベートと共に葬られている。遺領は従兄でアルブレヒト2世の次男フリードリヒ1世(勇敢伯)とその弟のディーツマンのものになった。