フリードリヒ・クーラウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ・クーラウ

フリードリヒ・クーラウDaniel Friedrich Rudolph Kuhlau, 1786年9月11日 - 1832年3月12日)は、ドイツ作曲家。後にデンマークの首都コペンハーゲンに移住した。

フルートの作品を数多く作曲し、同時代の作曲家ベートーヴェンに作風が似ていたため「フルートのベートーヴェン」と呼ばれることもある。

「ピアノのためのソナチネ」は、ピアノ学習者により演奏される機会が多い。日本の楽譜出版社から出ている『ソナチネアルバム』で、クーラウの曲は作品20の3曲(第1番~第3番)と作品55からの3曲(第4番~第6番)が採用される。Op. 20-1(作品20-1)はソナチネ・アルバムの冒頭に収録された作品ということもあり、ピアノ学習者には耳に馴染みが深いが、Op. 55-3はかなり長くなり、子供の演奏者にはかなりの集中力を要求する。実は「作品55」はソナチネ・アルバムに収められた Op. 55-1, 55-2, 55-3 だけではなく、後に 55-4, 55-5, 55-6 もあり、全部で6つのソナチネが入っている。その他にもクーラウのソナチネは作品59(3曲)、作品60(3曲)、作品88(4曲)が残されている。

生涯[編集]

外部リンク[編集]