フリードリッヒ・ゼルチュルネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Friedrich Wilhelm Adam Sertürner

フリードリッヒ・ヴィルヘルム・ゼルチュルネル(Friedrich Wilhelm Adam Sertürner、1783年6月19日 - 1841年2月20日)はドイツの薬剤師である。1804年に阿片からモルヒネの単離に成功した。

パーダーボルンに生まれた。1803年から1804年の間薬剤師クラーマー(Franz Anton Cramer)の助手として阿片からモルヒネを単離して、ギリシャ神話から、モルヒネと命名した。生薬から有効成分を単離されたのは初めてのことである[1]。 。

1809年にアインベックに薬局を開き、1822年には Johann Friedrich Westrumbの後をついでハーメルンの薬局で働いた。自らもうつ状態になるとモルヒネを服用し、中毒に苦しんだ。

アインベックの博物館にはゼルチュルネルに関する展示があり、ゼルチュルネルの名前をつけられた通りや病院が各地にある。

参考文献[編集]

  1. ^ 毒と薬の世界史―ソクラテス、錬金術、ドーピング』船山 信次 (著) (中公新書)