フリーソフトウェアイニシアティブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フリーソフトウェアイニシアティブ(英文名称: The Free Software Initiative of JapanFSIJ)は、日本の特定非営利活動法人 (NPO)。日本初のフリーソフトウェア関連団体である[1]フリーソフトウェア財団など海外のフリーソフトウェア団体とも連携して活動する。

概要[編集]

ソフトウェア開発者や利用者への支援やフリーソフトウェア関連の情報集積や発信を目的としている[1]。初代理事長の井田昌之は、従来からボランティアで活動による功績はあったが、継続的な活動のためには法人としての団体が必要と実感したために設立した、と語っている[1]。2006年の時点では、従業員はおらず、約40人の個人メンバーがボランティアとして活動している、と当時の理事長である新部裕は述べている[2]

活動[編集]

  • フリーソフトウェアに関する月例会の開催
  • フリーソフトウェアに関するカンファレンスや講演会の開催
  • CodeFestの開催

沿革[編集]

  • 2002年6月17日: NPO法人登記[1]
  • 2002年7月10日: 参加会員募集開始[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e INTERNET Watch編集部 (2002年7月10日). “フリーソフトウェアに関するNPO団体「FSIJ」が活動を開始”. インプレス. 2008年4月28日閲覧。
  2. ^ Open Tech Press (2006年9月27日). “Open Tech Press | フリーソフトウェアイニシアティブ理事長、新部 裕氏へのインタビュー”. Open Source Development Network. 2008年4月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]