フリーズ (建築)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
風の塔のフリーズ。アテネ

フリーズとは建築用語で、エンタブラチュアの中央の、幅広い部分を指す。 簡素なものもあれば、イオニア式コリント式レリーフで装飾されているものもある。 円柱の壁ではフリーズの位置は、アーキトレーブより上、コーニスモールディングより下部になる。

内装ではフリーズは、ピクチャーレールより上、冠モールディングやコーニスより下の壁部分を指す。 広義では、フリーズは絵画彫刻カリグラフィー等で装飾された、横に伸びた部分を言い、上記の位置か、通常は目線より上に位置する。 フリーズの装飾は、支柱によりいくつかのパネルに分かれて、連続した場面を表していることもある。 こういった装飾は、漆喰木彫その他の装飾形式による。

動物、神話のエピソードに基づくホイサレーシュワラ寺院のフリーズ。インド
フリーゼ・パターンの例

建築構造上、フリーズが建物正面にある例としては、アテネ古代ローマ時代のアゴラにある、八角形の風の塔が挙げられる。 風の塔のフリーズには、8人のアネモイ(風神)のレリーフ彫刻が刻まれている。

パルヴィノ(pulvino)は、断面図では凸部になる。 こういったフリーズは17世紀、北部マニエリスムによく見られ、特に補助的なフリーズや、内装、家具などに多い。

フリーズの概念は、フリーゼパターンの数学的作図において一般化した。

イギリスバースのザ・サーカス。トリグリュフォス(トリグリフ)と装飾的な紋章が交互に現れている。建築家ジョン・ウッドによる。