フリデリク・ヤギェロンチク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
首座大司教フリデリク王子

フリデリク・ヤギェロンチクFryderyk Jagiellończyk, 1468年4月27日 クラクフ - 1503年3月14日 クラクフ)は、ポーランドヤギェウォ王朝の王族、高位聖職者。グニェズノ大司教、クラクフ司教[1]、ポーランド首座大司教。

ポーランド王カジミェシュ4世とその妻でドイツ王アルブレヒト2世の娘であるエリーザベト・フォン・エスターライヒの間の第9子、六男として生まれた。オロモウツ司教タス・ボスコヴィツチェコ語版が洗礼の代父を務めた。洗礼名は母方の親類にあたる神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世に因んでいる。1488年4月13日、クラクフ司教に選出された[2]。父カジミェシュ4世はフリデリクにヴァルミア(エルムラント)司教の座をも獲得させようと運動したが、ヴァルミアの司教座聖堂参事会は1489年にルーカス・ヴァッツェンローデ英語版を司教に選出した。

1492年に次兄ヤン・オルブラフトの、1501年にも四兄アレクサンデルのポーランド王位選出に尽力した。1493年9月20日、教皇アレクサンデル6世により、サンタ・ルチア・イン・セプティソリオ教会イタリア語版を名義聖堂とする助祭枢機卿に任命される[2]。直後の1493年10月2日、ズビグニェフ・オレシニツキ英語版の後任としてグニェズノ大司教およびポーランド首座大司教の職を引き継いだ。

フリデリクはポーランドで最も重要な2つの司教区を献身的に統治し、聖人崇敬や聖職者教育の向上を奨励した。またヴァヴェル大聖堂グニェズノ大聖堂英語版の改築など、司教区内の教会・聖堂の建設や改築にも熱心だった。長く患った後、1503年にクラクフの司教宮殿英語版で死去した[3]

参考文献[編集]

  • Hubert Kaczmarski, Votes of Polish Primates, Warsaw 1988.
  • Piotr Nitecki, The Bishops of the Church in Poland in the year 965, Warsaw 2000. ISBN 83-211-1311-7.

脚注[編集]

  1. ^ Nowakowska, Natalia (2007). Church, state and dynasty in Renaissance Poland: The career of Cardinal Fryderyk Jagiellon (1468-1503). Ashgate. p. 7, nt. 19. ISBN 0-7546-5644-6. http://books.google.com/books?id=7pU0SSK4fTIC&pg=PA7. 
  2. ^ a b Katolicka Agencja. “Kard. Fryderyk Jagiellończyk”. Katolicka Agencja Informacyjna.. 2011年9月2日閲覧。
  3. ^ Nowakowska (2007), p. 195.