フリッツ・ラーベス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリッツ・ラーベス
人物情報
生誕 1906年2月27日
ドイツの旗 ドイツ帝国 ハノーファー
死没 1978年8月12日(満72歳没)
出身校 ゲッティンゲン大学
学問
研究分野 鉱物学結晶学
研究機関 ゲッティンゲン大学マールブルク大学シカゴ大学チューリッヒ工科大学
主な受賞歴 ローブリング・メダル(1969年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

フリッツ・ラーベス(Fritz Laves、1906年2月27日 - 1978年8月12日)はドイツ鉱物学者結晶学者である。合金に見られる金属間化合物ラーベス相に名前が残されている。

ハノーファーで生まれた。先祖に有名な建築家ゲオルグ・ルードヴィッヒ・フリードリッヒ・ラーベス (Georg Ludwig Friedrich Laves) がいる。ゲッティンゲン大学で学んだ後、インスブルックチューリッヒで学んだ。1932年ゲッティンゲン大学に戻った。固体結晶のX線構造解析や合金の性質を研究した。

国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)が政権を取った後も、ゲッティンゲン大学で、ユダヤ系ヴィクトール・モーリッツ・ゴルトシュミットのもとで研究を続けたため、第二次世界大戦が始まると、一般兵士として召集され、後に、戦時研究として軽合金の研究につかされた。戦後はマールブルク大学シカゴ大学で働いた後、チューリッヒ工科大学結晶学岩石学の教授となった。

1969年アメリカ鉱物学会からローブリング・メダルを受賞した。

関連項目[編集]