フリッツ・カッツマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フリードリヒ・"フリッツ"・カッツマン: Friedrich „Fritz“ Katzmann1906年5月6日 - 1957年9月19日)は、ナチス・ドイツ親衛隊 (SS) の将軍。最終階級は親衛隊中将 (Gruppenführer)、武装親衛隊及び警察中将 (Generalleutnant der Waffen-SS und der Polizei)。

略歴[編集]

前半生[編集]

1906年5月6日に、ドイツ帝国プロイセン王国領だったヴェストファーレン州ランゲンドレール (Langendreer) にて炭鉱夫の六番目の息子として生まれる。学校を出た後、1920年から1924年まで大工及び室内装飾家として働いたが、その後1933年7月まで失業している[1]

1927年12月に突撃隊に入隊し1930年7月までに突撃隊軍曹の地位へ昇進している、1928年9月に国家社会主義ドイツ労働者党に入党(党員番号98,528)。1930年7月に親衛隊へ移籍(隊員番号3,065)。1933年4月20日には親衛隊少佐へと昇進する。

ナチ党政権獲得後にはデュースブルクの市議会議員を1933年4月から1934年4月まで務めた。1933年11月12日のドイツ国国会総選挙に出馬するも落選している。 1934年4月20日に親衛隊中佐に昇進し、親衛隊第25連隊(25. SS-Standarte)の指揮官を1934年1月10日から1934年9月25日まで、親衛隊第75連隊(75. SS-Standarte)の指揮官を1934年4月4日から1938年3月21日まで務めた[1]。 1934年8月17日には親衛隊大佐に昇進した。1936年8月から1942年8月までベルリンの市議会議員、同時に民族裁判所の名誉裁判官を務めた。 1938年3月21日からは、ブレスラウ第6親衛隊地区 (SS-Abschnitt VI) の司令官となった。 1938年11月9日には親衛隊上級大佐へと昇進した。

第二次世界大戦[編集]

ポーランド侵攻時にはカッツマンは第14軍配下の秩序警察部隊の上級司令官を務め[1]、侵攻後の1939年11月30日には「ラドム親衛隊及び警察指導者 (SS- und Polizeiführer „Radom“) へと任じられた。1941年6月21日に親衛隊少将へと昇進。

1941年8月8日からは「レンベルク親衛隊及び警察指導者 (SS- und Polizeiführer „Lemberg“) に任命され、1941年9月26日に警察少将、1943年1月30日に親衛隊中将及び警察中将に昇進した。 この「レンベルク親衛隊及び警察指導者在任中に、東ガリツィア地区のユダヤ人の大半が殺害されている。 1943年6月30日には「オスト」親衛隊及び警察高級指導者であるフリードリヒ・ヴィルヘルム・クリューガーに、「東ガリツィア地区のユダヤ人問題の解決策 (Katzmann Report)」と題した東ガリツィア地区におけるユダヤ人問題解決ととそれに対する抵抗について記した報告書を送っている。

1943年4月20日には親衛隊上級地区ヴァイクセル川」(SS-Oberabschnitt „Weichsel“) 及び「ヴァイクセル川親衛隊及び警察高級指導者 (Höhere SS- und Polizeiführer „Weichsel“) に任命され、1944年7月1日に武装親衛隊中将に昇進した[1]。カッツマンの指揮下で、シュトゥットホーフ強制収容所の撤収作業が行われた。カッツマンはフェーマルン島にて終戦を迎えた。

第二次世界大戦後[編集]

戦後カッツマンは偽造パスポートを取得し、「ブルーノ・アルブレヒト(Bruno Albrecht)」の偽名を使ってヴュルテンベルク州で隠れ住んでいた。またカッツマンは旧武装親衛隊員相互扶助協会 (HIAG) から援助を受けていた。アルゼンチンへの逃亡を予定していたがカッツマンが重病になったため行われなかった。 1955年にはヴェヒタースバッハ (de:Wächtersbach) の木材加工会社で働いていた。

1957年、ダルムシュタットの病院で死去した。死亡後に看護師によって本名が明らかにされた。

キャリア[1][編集]

階級[編集]

受章歴[編集]


参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Mark C. Yerger著『Allgemeine-SS』(Schiffer Pub Ltd)40ページ