フリオ・メデム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリオ・メデム
Julio Medem
Julio Medem
本名 Julio Medem Lafont Sanjuán Mendizabal
生年月日 1958年10月21日(56歳)
出生地 スペインギプスコア県サン・セバスティアン
国籍 スペインの旗 スペイン
職業 映画監督脚本家

フリオ・メデムJulio Medem, 1958年10月21日 - )はスペインギプスコア県サン・セバスティアン出身の映画監督脚本家である。

経歴[編集]

1958年にバスク地方ギプスコア県サン・セバスティアンに生まれ、バスク大学で精神医学を学んで医学修士となった[1]。17歳で短編映画の製作を始め、バスク大学在学中には新聞で映画評を書くなどしていた[1]。大学卒業後には本格的に映画界に進出して短編映画を製作し、1992年の長編第1作『バカス』ではゴヤ賞で新人監督賞を受賞し、「イギリスで発表された独創性と創造性が高い映画」に与えられるサザーランド杯を獲得した[1]。1993年の長編第2作『赤いリス』ではカンヌ国際映画祭で高評価を得てスタンリー・キューブリック監督に称賛され、デンヴァー国際映画祭でも特別賞を受賞した[1]。1998年の『アナとオットー』ではゴヤ賞のオリジナル脚本賞にノミネートされ、スペインでは歴代3位の興行成績を記録した[1]。2003年にはバスク地方の伝統的スポーツのペロータ・バスカを扱ったドキュメンタリー映画『バスク・ボール』を撮影し、バスク地方のスペインからの独立やバスク祖国と自由(ETA)によるテロ問題などに触れたことから、様々な立場の人々からの大きな議論を呼ぶこととなった。

作風[編集]

『赤いリス』を除く多くの作品では作品中にバスク地方が登場しており、舞台がバスク地方であったり、登場人物がバスク人であることが多い。作品のテーマは悲劇、運命、偶然、愛、競争、情熱などであり、現実とファンタジーのどちらでもない作風が特徴である[2]

監督作品[編集]

  • バカス Vacas (1992)
  • 赤いリス La ardilla roja (1993)
  • Tierra (1996)
  • アナとオットー Los amantes del Círculo Polar (1998)
  • ルシアとSEX Lucía y el sexo (2001)
  • バスク・ボール La pelota vasca. La piel contra la piedra (2003)
  • Caótica Ana (2007)
  • ローマ、愛の部屋 Room in Rome (2010)
  • Moving the Arts (2010)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e フリオ・メデム・インタビュー大場正明(映画評論家)公式サイト
  2. ^ フリオ・メデムの人生Enforex

外部リンク[編集]