フリオ・マチャド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリオ・マチャド
Julio Machado
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 スリア州サン・カルロス・デル・スリア
生年月日 1965年12月1日(48歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1985年 アマチュアFA
初出場 1989年9月7日
最終出場 1991年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

フリオ・セグンド・マチャド・ロンドンJulio Segundo Machado Rondon, 1965年12月1日 - )は、ベネズエラ・ボリバル共和国スリア州サン・カルロス・デル・スリア出身の元プロ野球選手投手)。右投げ右打ち。

1991年12月8日深夜に自動車を運転中に交通事故に遭遇し、相手の車の同乗者だった24歳の女性を拳銃で射殺。1996年8月15日に最高裁判所は殺人で懲役12年の有罪判決を言い渡し、刑が確定した。

経歴[編集]

1985年マイナーリーグでキャリアを開始した。

1989年9月7日の対セントルイス・カージナルス戦でニューヨーク・メッツ投手としてメジャーリーグベースボールデビュー。

そのちょうど1年後の1990年9月7日にチャーリー・オブライエンや4人のマイナーリーガーとの交換トレードケビン・ブラウンとともにミルウォーキー・ブルワーズへ移籍した。

しかし、1991年のオフシーズンを故郷で過ごし、12月8日深夜に自動車を運転中に交通事故に巻き込まれた。その際に相手の車の同乗者だった24歳の女性を拳銃で射殺したとして、行方不明のために指名手配を受けた[1]。1ヶ月にわたる警察による捜索が行われ、翌1992年1月16日にマチャドはカラカスの警察に投降した[1]。車をぶつけられた後にマチャドの車の通過を許さず、物品を強奪されそうになったために拳銃を発射したと供述し、正当防衛であることを主張した[1][2]故意の殺人2件(相手の車の運転手も殺害される危機に瀕したとして)と拳銃不法所持1件の容疑が掛けられた[3]。マチャドは判決を待つ間、1992年から1996年まで、故郷のベネズエラで投球を続けた[4]。しかし、その後のマチャドの弁護士による控訴も却下され、1996年8月15日に最高裁判所は殺人で懲役12年の有罪判決を言い渡し、刑が確定した[2]。刑期が短縮され、刑務所に4年服役した後、2000年に釈放された[4]。その後にマチャドはメジャー復帰を目指したが、彼と契約しようとした球団は現れなかった[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1989 NYM 10 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 45 11.0 9 0 3 0 0 14 0 0 4 4 3.27 1.09
1990 27 0 0 0 0 4 1 0 0 .800 151 34.1 32 4 17 4 2 27 3 0 13 12 3.15 1.43
MIL 10 0 0 0 0 0 0 3 0 -- 56 13.0 9 0 8 2 0 12 0 0 1 1 0.69 1.31
'90計 37 0 0 0 0 4 1 3 0 .800 207 47.1 41 4 25 6 2 39 3 0 14 13 2.47 1.39
1991 54 0 0 0 0 3 3 3 10 .500 371 88.2 65 12 55 1 3 98 5 0 36 34 3.45 1.35
通算:3年 101 0 0 0 0 7 5 6 11 .583 623 147.0 115 16 83 7 5 151 8 0 54 51 3.12 1.35

背番号[編集]

  • 31 (1989年)
  • 48 (1990年、1991年) 
  • 14 (1990年 - 1991年)
  • 18 (1991年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]