フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア空港
Aeroporto Friuli-Venezia Giulia
Airport trieste view.jpg
IATA: TRSICAO: LIPQ
概要
空港種別 公共
運営者 Aeroporto FVG Spa
供給都市 トリエステ
所在地 ロンキ・デイ・レジョナーリ
標高 39 ft / 12 m
座標 北緯45度49分39秒 東経13度28分20秒 / 北緯45.82750度 東経13.47222度 / 45.82750; 13.47222 (Friuli Venezia Giulia "Pietro Savorgnan di Brazzà" Airport)座標: 北緯45度49分39秒 東経13度28分20秒 / 北緯45.82750度 東経13.47222度 / 45.82750; 13.47222 (Friuli Venezia Giulia "Pietro Savorgnan di Brazzà" Airport)
ウェブサイト [1]
地図
TRS/LIPQの位置(イタリア内)
TRS/LIPQ
TRS/LIPQ
空港の位置
滑走路
方向 全長 表面
m ft
09/27 3,000 9,843 舗装
Source: Italian AIP at EUROCONTROL[1]

フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア空港: Aeroporto Friuli-Venezia Giulia: Friuli Venezia Giulia Airport)は、イタリア北東部のフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ロンキ・デイ・レジョナーリにある空港である。同州の州都であるトリエステからは北西へ約30km離れている。トリエステ空港Aeroporto di Trieste)、ロンキ・デイ・レジョナーリ空港Aeroporto di Ronchi dei Legionari)とも呼ばれている。

名称[編集]

この空港の正式名称は、2007年までトリエステ=ロンキ・デイ・レジョナーリ空港であった。当地にゆかりのある19世紀の探検家ピエール・ブラザ(ピエトロ・サヴォルニャン・ディ・ブラッツァ)にちなみ、2007年にフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア・ピエトロ・サヴォルニャン・ディ・ブラッツァ空港Aeroporto del Friuli-Venezia Giulia "Pietro Savorgnan di Brazzà")に改められた。

沿革[編集]

ロンキ・デイ・レジョナーリの地に飛行場ができたのは、1935年11月30日のことである。当初はイタリア王国空軍の基地として開設された。

空港運営会社である Aeroporto Friuli-Venezia Giulia SpA(Aeroporto FVG Spa)は1997年7月に発足した。株式の51%を地元自治体のコンソーシアムである Consorzio per l'Aeroporto Friuli-Venezia Giulia が保有し、49%を州が所有する。なお同社は、飛行場と周辺地域を結ぶ道路・鉄道交通事業もその目的としており、事業の拡張が計画されている。

この空港はスロベニアクロアチアの旅客の利用も見込んでいる。2008年には約110万人の旅客を扱った。また、航空貨物の取り扱いも増加している。

就航航空会社[編集]

[編集]

外部リンク[編集]