フリアン・オルボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フリアン・オルボンJulián Orbón1925年8月7日 - 1991年5月21日)はスペイン生まれの作曲家

アストゥリアス州アビレスの出身。1940年キューバに移住。1946年タングルウッド音楽センターアーロン・コープランドについて学ぶ。1954年ベネズエラカラカスで開かれた国際フェスティバルにおいて『3つのシンフォニック・ヴァージョン』がランダエタ賞を受賞した。1958年にはクーセヴィツキー財団から補助金を受け、代表作の『弦楽四重奏と管弦楽のための合奏協奏曲』を作曲することができた。この曲は師であるコープランドとチェコの作曲家ボフスラフ・マルティヌーの影響を受けている。1960年にキューバを出国し、メキシコに、続いてアメリカ合衆国に移住し、ワシントン大学マイアミ大学プリンストン大学で教鞭をとった。