フランツ・ライヒェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
発明品を着用したフランツ・ライヒェルト
ライヒェルトの公開実験の一部始終を収めたフィルム

フランツ・ライヒェルトFranz Reichelt1879年 - 1912年2月4日)は、オーストリアウィーン出身の発明家、仕立て屋であり、その不慮の死によって知られている。

生涯[編集]

1879年にウィーンで生まれ、1898年にパリへ引っ越した[1]。1909年にはフランス国籍を取得している。

1910年7月から、彼はある発明品の開発に取り掛かった。それは現代のパラシュートと同じ原理で地上に降りる外套であった[1]。その成果を証明するために、当時人工の建造物としては世界最高の高さだったエッフェル塔のデッキ(高さ60m)から飛び降りた。

だが、彼の発明品の外套は開かず、地上に激突し、立ち会っていた関係者によって死亡が確認された[2]。ライヒェルトのこの事故の一部始終は、集まっていた取材陣のカメラに収録されていた。

脚注[編集]

  1. ^ a b Le Saut du Siècle Édouard Launet, Summer Supplement of Libération, 17 July 2009
  2. ^ 但し、後の検死結果では、飛び降りる際にライヒェルトは心臓発作を起こしており、これが死因だと結論付けられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]