フランツ・ヨーゼフ・イン・バイエルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランツ・ヨーゼフ・イン・バイエルンFranz Joseph Herzog in Bayern, 1888年3月23日 テーゲルンゼー城英語版 - 1912年9月23日 ミュンヘン)は、ドイツバイエルン王家の傍系バイエルン公爵家(Herzog in Bayern)の公子。軍人、バイエルン王国議会議員。全名はフランツ・ヨーゼフ・ミヒャエル・カール・マリア・エヴァリストゥス・クイリヌス・オットカールFranz Joseph Michael Karl Maria Evaristus Quirinus Ottokar)。ベルギー王妃エリザベートの末弟にあたる。

バイエルン公爵家の当主カール・テオドールと、その2番目の妻でポルトガルの廃王ミゲル1世の娘であるマリア・ジョゼの間の末息子(第5子、次男)として生まれた[1]バイエルン王国軍第1槍騎兵連隊ドイツ語版の陸軍中尉となり、ミュンヘン王立騎兵学校の特別教官も務めた。他のヴィッテルスバッハ家の人々と同じく乗馬の名手で、数多くの馬術大会で入賞している[2]小児麻痺のため24歳の若さで死去した。未婚だったが、恋人のリリー・シュトックハマー(Lilly Stockhammer, 1891年 - 1952年)との間に庶出の息子がおり、リリーが後にプロイセン王子ヨアヒム・アルブレヒト英語版と結婚した関係で、この息子はフォン・プロットニッツ=シュトックハマードイツ語版の貴族姓を与えられている[3]

脚注[編集]

  1. ^ Darryl Lundy (2008年11月23日). “Franz Joseph Herzog in Bayern”. thePeerage.com. 2012年9月25日閲覧。
  2. ^ “Franz Joseph of Bavaria is After Grizzlies”. Ottawa Citizen. (1910年8月19日). pp. 26 
  3. ^ Genealogisches Handbuch des Adels, Adelslexikon Band X, Gesamtreihe Band 119, C. A. Starke Verlag Limburg/Lahn 1999, S. 431 f. ISBN 3-7980-0819-1