フランツ・フォン・メラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランツ・フォン・メラン伯爵

フランツ・ルートヴィヒ・ヨハン・バプティスト・グラーフ(伯爵)・フォン・メラン、フライヘア(男爵)・フォン・ブラントホーフェンFranz Ludwig Johann Baptist Graf von Meran, Freiherr von Brandhofen, 1839年3月11日 ウィーン - 1891年3月27日 オパティヤ)は、オーストリア=ハンガリー帝国の貴族。ハプスブルク=ロートリンゲン家の庶系の1つメラン伯爵家(Grafen von Meran)の初代当主。

オーストリア皇帝フランツ1世の末弟ヨハン大公と、その妻でシュタイアーマルク地方の平民の娘だったアンナ・プロッフルの間の一人息子として生まれた。母親の身分が極めて低いため、両親の結婚は完全な貴賤結婚であり、フランツは皇帝家の一員として認められず、母親が授けられたブラントホーフェン男爵の姓を名乗った。1845年12月30日になって、フランツはメラン伯爵に陞爵した。1861年には終身のオーストリア貴族院議員となり、翌1862年には父ヨハン大公の個人資産の相続を認められた。

1862年7月8日にオッテンシュタインにおいて、ランベルク伯爵夫人テレジア(1836年 - 1913年)と結婚し、間に4男3女の7人の子女をもうけた。指揮者のニコラウス・アーノンクールはフランツの曾孫にあたる。

参考文献[編集]

  • Renate Basch-Ritter: Anna Plochl – Die Frau an der Seite Erzherzog Johanns, Akademische Druck- und Verlagsanstalt, Graz 2005, ISBN 3-201-01845-7
  • Meran Eintrag in Constantin von Wurzbach: Biographisches Lexikon des Kaiserthums Oesterreich, Wien 1867. Bd. 17, S. 379f.
  • Franz Ilwof: Meran, Franz Graf von. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 52, Duncker & Humblot, Leipzig 1906, S. 321–325.