フランツェ・プレシェーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
肖像写真

フランツェ・プレシェーレンFrance Prešeren, 1800年12月3日 - 1849年2月8日)は、スロベニア詩人

プレシェーレンは国内および地域に限らず、発展したヨーロッパ文学界の標準からも、スロベニア詩人の第一人者と見なされる。彼はヨーロッパにおけるロマン派の最良の作家の一人であった。熱烈な心からの訴えであり、激しく情緒的で、しかしながら単なる感傷ではないその作品は、彼をスロベニアのロマン主義の代表とした。

彼はスロベニアのヴルバ村で生まれた。母親は彼を聖職者にしたがったが、プレシェーレンはそれに従わずウィーンの大学で哲学と法律を学んだ。法学位を得た後リュブリャナの法律事務所で助手の職を得る。彼は法律家として独立することはなかった。

プレシェーレンは余暇の間に詩を書いた。彼の最も有名な作品『Sonetni Venec 』(ソネットの花輪)は、彼の片思いの相手であるユリヤ・プリミッツと、親友の詩人[マティヤ・チョプ]の死に触発されたものであった。同作に収められた詩はほろ苦い情熱のあふれるものであった。『Sonetni Venec 』の形式は興味深いものである。一つのソネットの最後の行は次のソネットの始まりとなっている。全14のソネットは情緒的で叙情性をもった「花輪」を作り上げ、一つがかけてもそのソネットは成り立たない。また、14のソネットの最初の行は別のソネットを形成する。そしてこれらの行の最初の文字は「Primicovi Julji」(ユリヤ・プリミッツへ)という単語を作り上げる。

1836年頃、プレシェーレンはユリヤへの愛が成就しないことを悟る。その後、アナ・イェロウシェクと同棲し、2人の間に子供が3人生まれましたが、臨終の際にユリヤを忘れることができなかったと認めた。

プレシェーレンの「Zdravljica」第7連は1991年にスロベニアの国歌となった。彼の作品は様々な言語に翻訳されている。彼はまた、多くの作品をドイツ語で執筆した。その詩が初めて新聞紙上に公表されたとき、スロベニア語版とドイツ語版の両方で印刷された。それは彼の詩的才能を証明するものであった。

彼は1849年2月8日にスロベニアのクラーニに死去した。2月8日はプレシェーレンの日とされ、スロベニアの休日となっている。スロベニアが2007年ユーロを導入するまで流通していた1,000トラール紙幣は彼の肖像が描かれていた。リュブリャナのプレシェーレン広場にはプレシェーレンと彼のムーサ、ユリヤの銅像が建っている。

プレシェーレンの名はスロベニアがオーストリアの統治下にあった古い文書においては、しばしば「Franz Prescheren」とドイツ語で表記された。

外部リンク[編集]