フランチェスコ・フランチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランチェスコ・フランチャ
ヴァザーリ著『画家・芸術家・彫刻家列伝』より
『キリストの洗礼』(1509年
ドレスデンアルテ・マイスター絵画館

フランチェスコ・フランチャFrancesco Francia)ことフランチェスコ・ライボリーニFrancesco Raibolini, 1450年頃 - 1517年1月5日 )は、イタリアボローニャ出身の画家金細工師、メダル意匠家、さらに市の貨幣鋳造所の所長でもあった[1]

フランチャはマルコ・ゾッポの下で修行した。最初に画家として名前が出てくるのは1486年のことである。最も初期の作品として知られているのは、『フェリチーニの聖母』で、そこには1494年の日付がある。ロレンツォ・コスタと協力して仕事をし、コスタやエルコレ・デ・ロベルティの作風の影響を受けた。1506年には、既にマントヴァ宮廷画家になっていて、その時には、ペルジーノラファエロの影響がより強かった。

弟子の中には、マルカントニオ・ライモンディなどがいたが、ジョルジョ・ヴァザーリによると、ライモンディは、フランチャのニエロ象眼の制作で初めてエングレービングを教わったが、すぐに師匠の腕を追い抜いたということだ。また、ラファエロの『聖セシリア』は、フランチャに激しく劣等感を起こさせ、そのせいでフランチャは鬱病にかかって死んだのだと言われている[2]

息子のヤコポ・フランチャとジュリオ・フランチャも画家である[3]

脚注[編集]

  1. ^ Levinson:492
  2. ^ Murray:146
  3. ^ Levinson:492

参考文献[編集]

  • Jay A. Levinson (ed.) Early Italian Engravings from the National Gallery of Art, National Gallery of Art, Washington (Catalogue), 1973,LOC 7379624</ref>
  • Murray, Peter and Linda (1983). Dictionary of Art and Artists. London: Penguin Books. pp. pp. 145-146. 

外部リンク[編集]