フランチェスコ・デ・ピネード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランチェスコ・デ・ピネード

フランチェスコ・デ・ピネード(Francesco De Pinedo、1890年2月16日 - 1933年9月3日)は、イタリアパイロット1920年代後半のローマから南米までの飛行などで知られる。

ナポリの貴族の家に生まれた。1925年に機関士エルネスト・カンパネリとともに、水上機SIAI S.16ter、Gennariello号で6ヶ月をかけて、セスト・カレンデからオーストラリアメルボルン東京を経てローマに戻る370時間、55,000 kmの飛行を行った。この飛行の間に、翼やエンジンを交換するなど多くの困難に遭遇した。1927年にはサヴォイア・マルケッティ S.55Santa Maria号でカルロ・デル・プレーテとともにローマからカーボベルデを経て、大西洋を越えて、ブエノス・アイレスに至る飛行を行った。4月6日、Santa Maria号はアメリカアリゾナ州のルーズベルト湖で火災を起こし、水没した。

1933年9月3日ベランカ単葉機、Santa Lucia号でニューヨークからイランバグダッドまでの飛行の準備中に離陸に失敗し、機体は火に包まれた。この事故の様子はYouTubeでみることができる。葬儀はセント・パトリック大聖堂で行われた後、遺体はイタリアに送られた。

外部リンク[編集]