フランチェスコ・チレア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランチェスコ・チレアFrancesco Cilea1866年7月26日 - 1950年11月20日)は、イタリアオペラ作曲家

人物[編集]

1866年7月26日にイタリアのレッジョ・カラブリアパルミにて生まれた。

ナポリ音楽院に学び成績優秀。公教育省から金メダルを授与され、また、「模範学生」として表彰される。

1889年、音楽院の卒業作品としてオペラ『ジーナ』を作曲。音楽院付属の小劇場で上演し、好評を得る。

「ジーナ」を評価したソンゾーニョは、チレアに短い三幕物のオペラ『ラ・チルダ』の作曲を注文する。アンジェロ・ザナルディーニの台本に基づく『ラ・チルダ』は、1892年4月7日、フィレンツェのパリアーノ劇場で成功裏に初演され、同年9月24日には、ウィーン初演が実現する。しかし、チレア本人は、このオペラを好まず、のち、総譜も失われた。

1897年11月27日、ミラノのリリコ劇場で、チレアの三つ目のオペラ『アルルの女』(原作:アルフォンス・ドーデ、台本:レオポルド・マレンコ)が初演され、当時24歳のエンリコ・カルーソがフェデリコ役を歌った。

1898年、フィレンツェの王立音楽院の和声教師となり、一時的に作曲を中断する。

1902年11月6日、ミラノのリリコ劇場で四幕物オペラ『アドリアーナ・ルクヴルール』(台本:アルトゥーロ・コラウッティ)が初演され、カルーソなどの有力歌手が出演したこともあり、大成功を得る。同作品は、チレアの代表作となっている。

1905年、作曲に専念するため教師を辞職。1907年4月15日、アルトゥーロ・トスカニーニ指揮により、チレアの最後のオペラ作品『グローリア』(原作:ヴィクトリアン・サルドゥ『憎悪』(La Haine)、台本:アルトゥーロ・コラウッティ)が初演される。なお、チレアはこの作品の後もオペラの作曲を試みてはいるが、発表には至らなかった。室内楽や声楽曲の作曲は続けた。初演から25年後の1932年4月20日には、『グローリア』の改訂新版がナポリ・サンカルロ劇場で初演された。

1913年、ジュゼッペ・ヴェルディ生誕100周年を記念する合唱つき交響詩『人生の歌』(詩:Sem Benelli)が、ジェノヴァのカルロ・フェリーチェ歌劇場で初演される。その後、パレルモ音楽院院長職の公募に応募し、合格する。

1916年、ナポリ音楽院院長に任命され、以後、1935年に定年退職するまで、同学院で教鞭を執る。

チレアは、マスネなどの美しく精緻なオースケトラを特徴とするフランス・オペラの影響を受けつつ、『アルルの女』や『アドリアナ・ルクヴルール』によって、レオンカヴァッロマスカーニらと並ぶイタリア・ヴェリズモ・オペラの旗手となった。

ピアノ曲も出版し、またすぐれた室内楽曲がいくつかあるが、広くは知られていない。レッジョ・カラブリア国立音楽院は、チレアの名にちなんで命名されている。

1950年11月20日にイタリアのリグーリア地方ヴァラッツェにて没した。生誕地パルミとヴァラッツェは、姉妹都市提携を結んでいる。

歌劇[編集]

器楽曲[編集]

  • アルバムの一葉 Foglio d'album 作品41
  • ヘ調のメロディ Melodia in fa maggiore
  • ジュゼッペ・ヴェルディを称える交響詩 Poema Sinfonico in onore di G. Verdi
  • ロマンス イ長調 Romanza in la maggiore
  • チェロ・ソナタ ニ長調 Sonata in re maggiore per violoncello e pianoforte 作品38 (1888)
  • ワルツ 変ニ長調 Valzer in re bemolle maggiore

外部リンク[編集]