フランチェスコ・スクァルチォーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランチェスコ・スクァルチォーネ『聖母子』(1460年頃)ポプラ材、82 x 70 cm/ベルリン国立美術館

フランチェスコ・スクァルチォーネFrancesco Squarcione, 1397年頃 - 1468年)はイタリア画家パドヴァの出身。弟子の中には、アンドレア・マンテーニャ(彼とは後に多くの法廷闘争を繰り広げた)、コズメ・トゥーラカルロ・クリヴェッリがいた。スクァルチォーネの署名のある絵は2枚しかなく、1枚は『聖母子』(右)、もう1枚はパドヴァにある祭壇画である。