フランチェスコ・アントニオ・ボンポルティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランチェスコ・アントニオ・ボンポルティ(Francesco Antonio Bonporti, 1672年6月11日 - 1749年12月19日)は、イタリアの聖職者・作曲家

トレント出身。1691年からローマ神学を学んでいるが、この時にアルカンジェロ・コレッリヴァイオリンを師事したものと考えられる。1695年に故郷のトレントで司祭に叙階された。1740年パドヴァに移住し[1]、そこで死去した。

彼の作曲したインベンション(インヴェンツィオーネ)はヨハン・ゼバスティアン・バッハに影響を与え、作品のいくつかはバッハの作品と誤って伝えられた。

代表作[編集]

  • 10のトリオ・ソナタ Op.1(1696)
  • 10のトリオ・ソナタ Op.2(1698)
  • 6つのモテット Op.3(1703)
  • 10のトリオ・ソナタ Op.4(1703)
  • 10のトリオ・ソナタ Op.6(1705)
  • 10のヴァイオリン・ソナタ Op.7(1707)
  • 10のヴァイオリンのと通奏低音ためのインヴェンツィオーネ Op.10(1712)
  • 10の弦楽のための協奏曲 Op.11(1727)

脚注[編集]

  1. ^ A. Della Corte, G.M. Gatti, Dizionario di musica, Paravia, 1956, p. 84.

文献[編集]

  • G.Barblan, Un musicista trentino, F.A.Bonporti, 1940
  • Antonio Carlini, Francesco Antonio Bonporti, Gentilhuomo di Trento – La vita e l'opera con catalogo tematico, Edizioni de I Solisti Veneti, Padova, 2000, ISBN

外部リンク[編集]