フランチェスコ・アルチャート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランチェスコ・アルチャート(Francesco Alciato、1522年2月1日 - 1580年4月19日)は、イタリア法学者。著名な法学者にしてエンブレム作家であったアンドレーア・アルチャートの甥にあたる。

人物[編集]

法学者としてパヴィア大学教授を勤めたあと、ローマ教皇ピウス4世によって教皇庁に取り立てられ、後に枢機卿になった。

彼の文才は、マルク=アントワーヌ・ミュレピエトロ・ヴェットーリら同時代の文人に高く評価する者もいたが、著作が公刊されることはなかった。

執筆の途中です この「フランチェスコ・アルチャート」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア