フランソワ=ポール・ブリュイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランソワ=ポール・ブリュイ・デガリエ
François-Paul Brueys d'Aigalliers
1753年2月12日 - 1798年8月1日(45歳)
François-Paul Brueys d'Aigalliers.jpg
生誕 フランス王国ガールユゼス
死没 エジプトアブキール湾
軍歴 1766 - 1798
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

フランソワ=ポール・ブリュイ・デガリエ(François-Paul Brueys d'Aigalliers、1753年2月12日 - 1798年8月1日)はナイルの海戦のときのフランス艦隊司令官。フランス海軍中将。ブリュイ伯爵

ブリュイ率いるフランス艦隊は、ナイル河口近くのアブキール湾に停泊しているところを、ホレーショ・ネルソン提督率いるイギリス艦隊に攻撃され、壊滅した。イギリスはこの勝利によって、ナポレオン戦争全期間を通しての制海権を手中にした。

経歴[編集]

ブリュイは南フランスのガールユゼス(Uzès)で生まれ、その家は現在彼の名の額を飾っている。ブリュイは貴族であり、恐怖政治の時代には家族や友人が何人も処刑されたが、それでも共和政フランスの海軍に勤め続けた。1793年にはその出自ゆえに階級を剥奪されたが、1795年に復帰し、海軍少将に昇進した。

ブリュイはナイルの海戦において、戦列艦ロリアン(L'Orient)に座乗して艦隊を指揮したが、戦いのさ中の夜9時頃、砲弾の直撃で体を真っ二つにされて死亡した。ロリアンはしばらく炎上した後、1時間後に爆発した。

外部リンク[編集]