フランソワ=ピエール・ショームトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランソワ=ピエール・ショームトン(François-Pierre Chaumeton、1775年9月20日 - 1819年8月10日)はフランスの医師、植物学者である。『薬用植物事典』(Flore médicale)を編集したことで知られる。

Chouzé-sur-Loireで生まれた。父親は外科医であった。パリで医学と植物学を学び、軍医となったが、血なまぐさい仕事に耐えられず、薬剤師の道を選び、Val-de-Grâceで開業した。イタリアを訪れ、古典の書籍を集めて学ぶが、火事で資料を失った。オランダ陸軍の医師を務めた後、ストラスブールで医師の学位を得た。プロシア・オーストリア軍の医師となるが、病を得てパリに戻った。

パリでは多くの医学雑誌に寄稿した。1814年から1818年に出版された『薬用植物事典』(Flore médicale)は425図の植物図譜を含む植物事典で、ショームトンが中心となって編集し、図譜は植物画家として当時有名であったピエール=ジャン=フランソワ・テュルパンらが描いた。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]