フランソワ=ティモレオン・ド・ショワジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランソワ=ティモレオン・アベ・ド・ショワジ1644年10月2日 - 1724年10月2日)はフランスの著述家、聖職者。

ショワジはパリ生まれ。彼の父はオルレアン公ガストンの元、尚書(シャンスリエ)として働く。アンヌ・ドートリッシュと親密な関係にあった彼の母はルイ14世を喜ばせるために定期的に呼び出された。彼の母は彼が18歳になるまで女性の様な服装を着せた。その後、短い期間の男性の格好を経験し、彼はラファイエット夫人の間違いない風刺的な助言により再び女装を始める。彼はモントジエ公シャルルに公的に叱咤されるまで贅沢な身なりを楽しんだ。

彼は幼少期にアベ(師)となり、彼の贅沢によって引き起こされた貧困は彼をブルゴーニュのセント=セーンでの聖職禄つきの聖職の地位におくことになる。そこで彼はビュシー=ラビュタンという気の合う友人を見つけた。かれは1676年、ブイヨン枢機卿とともにローマへ行くがそのすぐ直後、大病にかかり信仰への傾倒が始まった

1685年ショワジはシュヴァリエ・ド・ショーモン率いる、シャムへの大使に同行する。彼は聖職者となり、1689年にSaint-Benoît-du-Saultの優先権など教会制度中で昇進する。その後1687年、ショワジはアカデミー・フランセーズ入りを果たし、数々の歴史や宗教の著述を行った。以下はその中でも特筆すべきものである。

  • Quatre dialogues sur l'immortalité de l'âme ... (1684), ルイ・クルシオン・ド・ダンジョーとの共著で、自信の宗教への回帰をうたう。
  • Traduction de l'Imitation de Jesus-Christ (1692)
  • Histoire de France sous les regnes de Saint Louis ... de Charles V et Charles VI (5 vols, 1688-1695)
  • Histoire de l'Eglise (11 vols., 1703-1723)

ショワジはこの他にもゴシップ的要素の強い Mémoires (1737) で記憶されている人物である。この著作には彼が正確性には自負していないにもかかわらず、彼の時代の著しい正確な描写を含んでいる。

このMémoires (1737)は版を重ね、1868年、ムッシュー・ド・レスキュールによって編集がされた。いくらかの立派なショワジの書簡はビュシー=ラビュタンとの往復書簡に収められている。ショワジは自分の気に入らない書き物を燃やしたとされるが、一方で大量の刊行されていない手稿も残した。この一部で、彼の女性としての冒険を描き、匿名で用いられた Histoire de madame la comtesse de Barres (Antwerp, 1735) やさらに手に加えられた Vie de M. l'abbé de Choisy (Lausanne and Geneva, 1742) がある。後者はポール・ラクロワによってレングレ・デュフレスノワに帰せられ、1870年にラクロワによって編集され Aventures de l'abbé de Choisy として刊行された。

参考文献[編集]


前任:
サンテグマン公爵フランソワ=オノラー・ド・ボヴィーリエ
アカデミー・フランセーズ
席次17

第5代:1687年 - 1724年
後任:
アントワーヌ・ポルテイユ