フランソワーズ・ドルレアン (1844-1925)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルトル公爵夫人フランソワーズ

フランソワーズ・マリー・アメリー・ドルレアンFrançoise Marie Amélie d'Orléans, duchesse de Chartres, 1844年8月14日 ヌイイ=シュル=セーヌ - 1925年10月28日 サン=フィルマン城)は、フランスオルレアン家の王女。フランス王ルイ・フィリップの孫娘の1人。同族の従兄にあたるシャルトル公ロベールと結婚し、シャルトル公爵夫人となった。

ルイ・フィリップ王の三男ジョアンヴィル公フランソワと、その妻でブラジル皇帝ペドロ1世の娘であるフランソワーズの第1子、長女として生まれた。オルレアン家は1848年の2月革命により王族の身分を失い、一族は亡命を余儀なくされた。1863年6月11日にロンドン郊外のキングストン・アポン・テムズにおいて、家長のパリ伯爵の弟であるシャルトル公と結婚し、5人の子女をもうけた。

参考文献[編集]

  • (フランス語) Dominique Paoli, Fortunes et infortunes des princes d'Orléans 1848-1918, Artena, Paris, 2006.
  • (フランス語) Jean-Charles Volkmann, Généalogie des rois et des princes, Éditions Jean-Paul Gisserot, Paris, 1998.