フランソワ・ユーベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランソワ・ユーベル(François Huber, 1750年7月2日 - 1831年12月22日)は、スイス博物学者。彼は盲目であったが、助手バーネンスらの助けを借りてミツバチに関する詳細な研究を行った。この成果は後に英訳され、ミツバチの生態記録としていまだに価値を保っている。

略歴[編集]

フランソワ・ユーベルは16世紀のランドルフ・ユーベル(Rodolfe HUBER, 1523-1573)[1]から数えて8代目の子孫であり、彼の一族には博物学者が多い。大叔母のマリー・ユーベル (Marie Huberには神学上の膨大な著作があり、イギリスの日刊紙スペクティター (The Spectator (1711)の翻訳・抄録も行っている(Amsterdam, 3 vols., 1753)。フランソワの父ジャン・ユーベル (Jean Huber(1721-1786)は、フランスのフェルニー・ヴォルテール (Ferney-Voltaireで長く軍人をする傍ら、鳥の研究を行っており、その成果をObservations sur le vol des oiseaux (「飛ぶ鳥の観察」、Geneva, 1784)としてまとめている。

フランソワ・ユーベルは1750年、スイスのジュネーヴに生まれた。彼は15歳で病気となり、だんだんと目が見えなくなっていった。1776年4月28日(25歳)にマリー・リュラン(Marie Aimée Lullin, 1751-1822)と結婚、子供にピエール(Pierre, 1777-?)、アン(Anne Marie)、ジャン(Jean)がいる[2]。妻マリーや助手のフランソワ・バーネンス(François Burnens)の助けを借り、ライフワークであるミツバチの研究を始めとする生物学の研究を行う。1831年12月22日(81歳)、スイスのローザンヌで死去。

スイスの植物学者、アウグスティン・ピラムス・ド=カンドル (Pyramus de Candolle, 1778-1841は彼に献名して、ブラジル原産の植物の1つをHuberia burmaと名付けている。

業績[編集]

ユーベルは盲目のため、助手のバーネンスに観察させ、その報告を解釈し、それを元に次の試験の計画を立てる、という独自の研究方法をとった。

ミツバチの研究では、釣鐘状のガラス容器の中でミツバチに巣を作らせ、観察したという[3]1792年、その結果をジュネーブでNouvelles Observations sur les Abeilles(「ミツバチに関する新たな研究結果」)として出版する。この本は1806年New Observations on the Natural History Of Beesの題名で英訳され、1821年には第3版が出版され[4]、ミツバチの生体の観察記録としていまだに価値を保っている[3]

ユーベルの報告によると、ミツバチはカーテン状に広がった群れを作り、それぞれが腹部の蝋腺からミツロウを分泌する。それを複数本のリボン状につなぎ、さらにリボンをつないで厚い壁とし、その壁を削って六角形の穴を穿つ。削り取った材料は再び巣の材料として活用する、というものである。ユーベルはさらに、群れの巣別れについても報告を行っている[3]

ミツバチ以外の研究としては、スイスの牧師ジャン・スヌビエ (Jean Senebier, 1742-1809を手伝い、スヌビエの著書Mém. sur l'influence de l'air, etc., dans la germination(「発芽に空気等が与える影響」、Geneva, 1800)の作成に協力している。その他、"Mém. sur l'origine de la cire"(ワックスの発生源に関する研究、Bibliothéque britannique, tome xxv.に収録)、"Lettre a M. Pictet sur certains dangers que courent les abeilles"(「ピクテ氏へのハチの危険性に関するレター」、Bib. brit. xxvii)、"Nouvelles Observ. rel. au sphinx Atropos"(「スズメガの一種sphinx atroposに関する新しい観察結果」、Bib. brit. xxvii)という論文を残している。

出典、注釈[編集]

  1. ^ Leghorn Merchant Networks Rodolfe HUBER
  2. ^ Leghorn Merchant Networks François HUBER
  3. ^ a b c [本田:2001]
  4. ^ Natural history and bees François Huber

外部リンク[編集]