フランソワ・マリウス・グラネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランソワ・マリウス・グラネ
『グラネの肖像画』、ドミニク・アングル作、1807年
生誕 1777年12月17日
エクス=アン=プロヴァンス
死没 1849年11月21日(71歳)

フランソワ・マリウス・グラネFrançois Marius Granet1777年12月17日-1849年11月21日)は、フランス新古典主義画家エクス=アン=プロヴァンス出身。

人物[編集]

1777年、エクス=アン=プロヴァンスで左官工の家に生まれる。父親の絵画コレクションを模写することで絵画に触れ、その後エクスの絵画学院で学んだ。

1796年パリに転居し、ジャック=ルイ・ダヴィッドに師事し、壁画を描きながら生計を立てる。

1802年ローマに赴き、古代の遺跡や芸術家の生涯などを描いた。その頃、教会や修道院の内装が評価され、彼の新古典主義の知識とは反するものではあったが、明暗の強い対比が特徴のオランダ絵画のスタイルで有名になる。

1809年、ダヴィッドのアトリエで知り合ったドミニク・アングルのために、ヴィラ・メディチの宿舎の屋根の上でモデルを務めた。(右のグラネの肖像画の画像参照)

1819年にフランスへ帰国した後、1826年ルーヴル美術館の絵画部門の学芸員に、1830年にはヴェルサイユ宮美術館の館長に任命された。[1]

1848年フランス2月革命の後、エクスに戻り隠遁し、翌年1849年に没した。 彼の死後、アトリエや絵画はエクス市に遺贈され、彼の栄誉を称えその名を冠したグラネ美術館が同市に建立された。現在も、観光地として賑わっている。

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『ルーブル美術館200年展図録』、128P、1993年