フランソワ・オーベール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル=フランソワ=エスプリ・オベール

フランソワ・オベールFrançois Auber, 1782年1月29日 - 1871年5月12日)、正しくはダニエル=フランソワ=エスプリ・オベール(Daniel-François-Esprit Auber 発音例)は、フランス作曲家

フランスカーンに生まれる。ケルビーニに作曲を師事。オペラの分野で活躍し、50あまりの作品を遺した。1842年音楽・演劇学校(現・パリ国立高等音楽院)の院長に就任する。パリ・オペラ座ではワーグナーと人気を二分するとまで言われたが(ワーグナーの音楽が最初パリに紹介されたときは聴衆の拒否反応で大スキャンダルにあったのに対し、オベールは当時からパリのグランドオペラ・ファンに支持されていたため)、現在では彼の作品はほとんど忘れ去られ、数曲の序曲(特に最も成功したオペラ『フラ・ディアヴォロ』)がごくたまに抜粋で演奏されるか、埋もれた作曲家の作品として録音される程度である。現在オベールの墓はパリペール・ラシェーズ墓地第4区にある。

オベールの名は、ガルニエ宮(オペラ座)の後方の通り(Rue Auber)、およびオペラ駅に地下で繋がるパリ高速地下鉄RERの主要連絡駅オベール駅の名となっており、そのおかげで現在もパリ市民の記憶にとどめられている。

作品[編集]

  • 歌劇「ポルティチの娘(マザニエッロ)」(1828年初演)
  • 歌劇「フラ・ディアボロ」(1830年初演)
    • アリア「岩にもたれた」は「ディアボロの歌」として、浅草オペラなどで広く歌われた。
  • 歌劇「青銅の馬」(1835年初演)
  • 歌劇「黒いドミノ」(1837年初演)
  • 歌劇「王冠のダイアモンド」(1841年初演)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]