フランソワ・アスリノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランソワ・アスリノー
François Asselineau
生年月日 1957年9月14日
出生地 パリ フランス
出身校 フランス国立行政学院
HEC経営大学院
前職 パリ市19区会議員
現職 財務省監査官
所属政党 共和国自人民連合
公式サイト [11]
テンプレートを表示

フランソワ・アスリノーフランス語発音: [fʁɑ̃swa asəlino]、1957年9月14日 - )は、財務省監査官でフランスの政治家 。1999年にフランス連合 (RPF) に入党し、2007年に共和国人民連合 (UPR Union Populaire Républicaine) を結成する。共和国人民連合は、欧州連合ユーロ圏北大西洋条約機構からフランスの離脱を中心目的とする。

学歴[編集]

1980年にHEC経営大学院卒業してから、フランス国立行政学院に入院し、経済学の第二最高の栄誉を得て1985年に卒業。パリ経営大学院、国立行政学院はグランゼコール・エリート校[1]

閣僚責任歴[編集]

HEC経営大学院を卒業してフランス国立行政学院に入学する前、在日フランス大使館の商務部に任命される[2]。アスリノーは1985年に財務省監査官に任命され、1989年~1990年はクレディ・ナシオナルの責任者となる。1991年からピエール・ベレゴヴォワ政権でベルシー(フランス経済・財政・産業省)のアジア大洋州局の室長となる。

1994・1995年はエドアール・バラデュール内閣のジェラール・ロンゲ産業・貿易相の大臣官房に、国際関係の顧問として招聘される[3]

1995年6月、第一次ジュペ内閣のフランソワーズ・ド・パナフュー観光相の大臣官房長をつとめ[4]、続いて1996年1月から1997年の国民議会の解散まで、エルヴェ・ド・シャレット外相の大臣官房で、アジア、大洋州、中南米、そして経済問題を担当する。

政治活躍[編集]

フランソワ・アスリノーは、1999年に政治の世界に入り、シャルル・パスクワが創立したフランス連合に入党し、執行部のメンバーとなり、党の研究局長、そして2005年の秋までスポークスマンをつとめる[5]

2000年7月27日は、オー・ド・セーヌ県会副会長になり、経済と国際情勢を担当[1]。2001年3月、シャルル・パスクワジャン・チベリの合意のもと、第19区の比例代表の名簿においてトップに指名され、社会党と共和国連合・フランス民主連合と戦い、パリ市議会議員に当選する[6]。2001年5月23日からニコラ・サルコジシャルル・パスクワに引き継ぐ2004年3月30日まで、オー・ド・セーヌ県会にてシャルル・パスクワの官房長をつとめる[7]

ニコラ・サルコジは、2004年10月20日に経済・財政・産業省にてフランソワ・アスリノーを経済調査官に任命する[8]。アスリノーは、2004年12月20日にパリ市議会の国民運動連合に参加する[9]が、2006年11月3日に国民運動連合から脱退する[10]

共和国人民連合の結成[編集]

2006年11月、アスリノーは、Paul-Marie Coûteauxが結成したフランス独立連合の運営委員になるが[11]が、3ヶ月後に辞める。 アスリノーは、ローマ条約[12]の50回目の記念日にあたる2007年3月25日に共和国人民連合を結成する[13]。 2007年9月は、もと国民運動連合メンバーと組んで「パリ自由」という反体制派グループに参加して[14]国民運動連合・フランソワーズ・ド・パナフューと比例代表で戦うが[15]が、プレッシャーから辞退する[16][17]

2012年フランス大統領選挙[編集]

アスリノーは、2012年フランス大統領選挙に立候補すると2011年1月発表し[18]、2011年12月の共和国人民連合総会の折り改めて公言する[19]。しかし、大統領選挙立候補に必要な500人の政治家のサインをもらえず、最終のトップ10の立候補者になれない[20]

政治信念[編集]

アスリノーは、左派でもない右派でもなく[21][22]欧州連合に反対し、国(フランス)が他者の政治に左右されていることが国民の無関心につながり、もしこのままでいくと、最後にはアパルトヘイトにつながると推測する[23]。危機から抜け出すことを目指して、人・商品・金の移動をコントロールすることが肝心であると考える。マーストリヒト条約の第50条[24]に基づいて欧州連合ユーロ圏からの離脱しかないと主張する[22][23]。さらに、TF1フランス郵政公社GDFスエズ、高速道路など国有するべきと考える[21][23]

メディアへの不満[編集]

2012年フランス大統領選挙の際、アスリノーはフランスのメディアに不公正に取り上げられず、それは視聴覚高等評議会のルールに違反していると主張する[25]。アスリノーの訴えに対して視聴覚高等評議会は、インターネットを含めてあらゆるのメディアをカウントするべき、すべての立候補者は公平に扱われるべきだと判断した[26]フランス語版ウィキペディアにおいてもアスリノーは、基準に沿わないと判断されページを消除された[27]。Numeramaによると、フランス語版ウィキペディアの編集者はアスリノーが基準に合わないと判断してアスリノーのウィキページを繰り返して消去した[28]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b [1] Les Échos, François Asselineau, 2000年7月17日
  2. ^ [2] Les Échos, Cabinet de Françoise de PANAFIEU François ASSELINEAU, 1995年5月24日
  3. ^ [3] Les Échos, Cabinet de Gérard Longuet Philippe ANDRES François ASSELINEAU, 1994年1月21日
  4. ^ [4] Les Échos, Composition du cabinet de Françoise de Panafieu, 1995年6月13日
  5. ^ [5] u-p-r.fr, François ASSELINEAU – Président de l’UPR, Retrieved 2011年2月2日
  6. ^ [6] Libération, Ile-de-France. Paris (75), 2001年3月19日
  7. ^ [7] Le Monde, BERNARD BLED, ancien secrétaire général de la Ville de Paris, devient directeur général des services administratifs du conseil général des Hauts-de-Seine, 2001年5月23日
  8. ^ [8] Les Échos, François Asselineau, 2004年10月20日
  9. ^ [9] Le Parisien, Ça bouge à l'UMP, 2004年12月31日
  10. ^ [10] Le Parisien, Démission remarquée à l'UMP, 2006年10月3日
  11. ^ Laurent de Boissieu. “Rassemblement pour l'indépendance et la souveraineté de la France (RIF)”. France-Politique.fr. 2012年3月14日閲覧。
  12. ^ Julien Lopez, Yannis Zebaïr. “Asselineau : La dictature de l'Europe ”. Bondy Blog. 2011年10月23日閲覧。
  13. ^ Les souverainistes radicaux créent l’Union populaire républicaine”. revue-republicaine.fr. 2007年3月28日閲覧。
  14. ^ Marie-Anne GAIRAUD. “Bertrand Delanoë bientôt dans les arrondissements...”. Le Parisien. 2007年9月27日閲覧。
  15. ^ 24 Heures”. Le Parisien. 2007年12月22日閲覧。
  16. ^ “XVIIe: un divers droite jette l'éponge”. Agence France-Presse. Le Figaro. http://www.lefigaro.fr/flash-actu/2008/02/21/01011-20080221FILWWW00392-xviie-un-divers-droite-jette-l-eponge.php 2008年2月21日閲覧。 
  17. ^ Benoît Hasse. “Panafieu malmenée dans son fief du XVIIe”. Le Parisien. 2008年2月26日閲覧。
  18. ^ Choq FM, "L'autre monde" (The other world), 2011年2月14日
  19. ^ Asselineau candidat à la présidentielle”. Le Parisien. 2011年12月3日閲覧。
  20. ^ Les candidats à la présidentielle : Jacques Cheminade a ses 500 signatures, pas Corinne Lepage”. La Tribune. 2012年3月19日閲覧。
  21. ^ a b Ève MOULINIER. “François Asselineau, le candidat qui dit non à l’UE”. Le Dauphiné Libéré. 2012年2月12日閲覧。
  22. ^ a b LE NORD - PAS-DE-CALAIS DE A À Z”. La Voix du nord. 2012年2月28日閲覧。
  23. ^ a b c Isabelle Dupont (2012年2月29日). “Un petit candidat contre la grande Europe”. Nord éclair. 2012年3月14日閲覧。
  24. ^ Laurent de Boissieu (2012年3月15日). “Présidentielle: Ces "petits" candidats qui veulent se faire entendre”. La croix. 2012年3月15日閲覧。
  25. ^ Seymour, Jean-Jacques. “l'invité de Jean-Jacques Seymour”. Tropiques FM. 2011年3月5日閲覧。
  26. ^ Boyon, Michel. “Letter sent to the national secretary of UPR”. Conseil supérieur de l'audiovisuel. 2012年2月8日閲覧。
  27. ^ Robin, Jean. “François Asselineau : "Ma fiche wikipedia a été censurée"”. Enquête & débat. 2011年1月17日閲覧。
  28. ^ Champeau, Guillaume. “Un candidat à l'élection présidentielle privé de page Wikipédia”. Numerama. 2012年3月5日閲覧。

外部リンク[編集]